犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
Boxer adult in black and white

ボクサー

ボクサーは、家族に対して献身的で忠誠心を持つと同時に、護衛犬としての用心深さと揺るぎない勇気を備えることで長く親しまれてきました。

ボクサーについて

ボクサーは恐れを知らず、自信があり、穏やかで、バランスがとれた犬です。家族を脅すことはありませんが、見知らぬ人に対しては疑い深くなる傾向があり、怒ったときには恐れることを知りません。

ボクサーは従順なので、トレーニングが簡単です。要求が厳しくなく清潔で忠実なボクサーは、防衛犬や実用犬としてだけでなく、家族向けのコンパニオン ドッグとしても適します。

出典:国際畜犬連盟(FCI)のデータより要点と特徴を抜粋

品種の詳細

グループ
FCIグループ2, AKCワーキング グループ
サイズ区分
大型
平均寿命
9–10 歳

警戒心の強い / 自信にあふれた / 熱中しやすい / 落ち着いた性格 / フレンドリー / 独立心の強い / 忠実な / 元気な / 防御する

特徴

  • 番犬に最適
  • 適度なトレーニングが必要
  • たくさんの運動が必要

ボクサーの特徴

自信にあふれたボクサーについて、発達段階ごとに詳しく見ていきましょう。

15か月まで

ボクサーの子犬

この元気な子犬を家族に適応する素晴らしいペットにするためには、たくさんのトレーニングと社会化の訓練を行う必要があります。そうすることで、性格的にバランスの取れた成犬になります。

Boxer puppy lying down

トレーニング

気質はボクサーの子犬にとって重要であり、適切な行動をしっかりと強化するために細心の注意を払う必要があります。愛犬の社会化を十分に行い、子犬の頃から生活の基本的なルールをしっかりと理解させることが、成犬になった時のウェルビーイングと行動に非常に大きな影響を与えます。

12ヵ月齢以上

ボクサーの成犬

要求が厳しくなく忠実で清潔なボクサーは、防衛犬や実用犬としてだけでなく、家族向けのコンパニオン ドッグとしても適しています。

ボクサーの成犬はドイツの警察によって選ばれた最初の品種の一つであり、鋭敏で熱心な働く犬としての名声を築き上げています。

オス
0 - 0 高さ
0 - 0 体重
メス
0 - 0 高さ
0 - 0 体重
Boxer adult standing

運動とボクサーの仕事

ボクサーは成犬になっても高いエネルギー量を維持します。そのため、1日に2時間以上の運動を必要とします。できれば1時間の散歩2回に分けてください。また、常に精神的刺激を与えられるよう、インタラクティブな遊びを取り入れると良いでしょう。

ボクサーの成犬は優れた番犬です。19世紀以来、ボクサーは世界中でそのような役割に活用され、活躍してきました。

Content Block With Text And Image 1

ボクサーの健康と老化 

ボクサーは、8歳になると高齢犬とみなされます。加齢とともに、ボクサーの聴力や視力が低下する可能性があります。これは高齢の犬では普通のことですが、ライフスタイルや可能な活動に影響を与えます。

関節の硬化などにより、運動意欲が低下することもあります。それを防ぐため、高齢の愛犬の関節痛を和らげて、快適に過ごせるよう工夫することが重要です。

Boxer senior sitting down

ボクサーにぴったりのフード

製品を見る

健康状態

ボクサーは犬種の中でも「短頭種」と呼ばれる種類に属し、頭蓋骨の形状が平らで幅が広いために、体の特徴としては平坦な顔や短い鼻があげられます。こうした解剖学上の特性から、皮膚、眼、呼吸器系にまつわる病気リスクに加えて、暑さに弱いなどの健康面での問題を相対的に抱えやすいと考えられています。すべての短頭品種を飼うペットオーナーに私たちがおすすめするのは、信頼できるブリーダーから短頭種特有の体の特徴があまり極端ではない猫を購入し、かかりつけの獣医師へ健康的な飼育について助言を求めることです。

健康チェックリスト

健やかな生活の始まり

子犬時代には肉体的にも行動的にも大きな変化が起こります。新人のペットオーナーにとっては多くのことを学ぶときです。ここでは、子犬が強く健康的に成長するよう、最高の生涯のスタート方法についてご紹介します。

もっと詳しく知る
Dachshund puppy in black and white eating from a red bowl

ずっと健康でいるために

犬の生涯のあらゆる段階で最善のケアを提供する方法についてアドバイスや情報を入手。

詳しく知る
Content Block With Text And Image 2