犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。

ジャック ラッセル テリアの特徴・性格・飼い方・フードの選び方

<目次>



ジャック ラッセル テリアの基礎知識

ジャック ラッセル テリアは、体を動かして冒険をするときに生き生きと輝きます。

ジャック ラッセル テリアは個性と特徴にあふれ、はるかに大きな犬との競走に勝って相手をへとへとにさせることができます。そのような性質のため、毎日たくさんの運動と刺激が必要です。

ジャック ラッセル テリアは馬を飼っている人に人気のある品種です。というのも、このテリアの多くは馬小屋の周りで忙しく過ごしたり、外出時に馬に乗った飼い主について行ったりするのを何よりも好むからです。

出典:国際畜犬連盟(FCI)のデータより要点と特徴を抜粋



ジャック ラッセル テリアの特徴

  • 狩りが大好き
  • 素晴らしい猟犬になる
  • 十分なトレーニングが必要



ジャック ラッセル テリアの性格

知的であり、友好的な性格です。また、沈着冷静でもあります。忠実で愛情深いペットになります。しつけも比較的容易です。



体のサイズ

スタンダードでは理想的な体高は25~30cmで、体重は体高5cmあたり1kg、すなわち体高が25cmであれば5kg、30cmであれば6kgです。

ジャック ラッセル テリアと起源が同じでよく似た犬種に、パーソン ラッセル テリアがあります。パーソン ラッセル テリアと比べると、ジャック ラッセル テリアは、四肢が短く、一回り小さな体格をしています。体と四肢のバランスを横から見ると、ジャック ラッセル テリアは体高よりも胴が長い長方形をしていますが、パーソン ラッセル テリアは体高と胴の長さがほぼ同じで正方形をしています。



ジャック ラッセル テリアの歴史・起源

テリア種は、もともと害獣駆除の役割をもっていました。ジャック ラッセル テリアは、19世紀のイギリスで、ジョン・ラッセル牧師が、キツネ狩りに適した犬を求めて、ワイヤー フォックス テリアを改良して作出しました。
ジャック ラッセル テリアは、英国で非常に人気がありますが、1990年まで、登録されていませんでした。FCIは、1994年に犬種を登録しました。



毛色の種類

被毛はスムース(短毛)、ラフ(長毛)、ブロークン(短毛と長毛が混じった被毛)の3種類があります。色は、ホワイトにブラックまたは/およびタンとされており、ホワイトが優勢であることとされています。



品種固有の情報

イギリス
グループ
FCIグループ3, AKCテリア グループ
サイズ区分
小型
平均寿命
13–16 歳

元気な / 警戒心の強い / 利口 / 自信にあふれた / フレンドリー / 熱中しやすい



ジャック ラッセル テリアの飼い方、育て方

活動的なジャック ラッセル テリア。飼い方の注意点は?

非常に活動的で、アジリティなどのスポーツでも活躍している犬種です。また、もともとキツネを巣穴から追い出していた犬種ですので、穴を掘るのが得意です。

室内飼育が可能な犬種ですが、もともとハンティングドッグのためたくさん運動が必要な犬です。運動が足りないとストレスに感じることもありますので、毎日のお散歩の他にも、できるだけドッグランにつれていってあげるなど、十分に運動させてあげるようにしましょう。

日常的なお手入れはどうすればいい?

ジャック ラッセル テリアは、よく水を弾く被毛をもっています。コートのケアに手間がかかる犬種ではありませんが、草むらなどに飛び込んだりしたとき、アンダーコートがないため、皮膚に傷がつきやすく、また、乾燥しやすいので、皮膚の健康維持に注意してあげましょう。皮膚、被毛の材料となるタンパク質、健康的に皮膚を保湿するビオチンなどの栄養素がバランスよく取れるような食事を選んであげましょう。

健康維持のために注意することは?

筋肉質な体をしていますので、健康的に筋肉が維持できるように配慮してあげる必要があります。たくさん運動させると同時に、筋肉の元となるタンパク質が十分にとれるフードを選んであげましょう。
Inline Image 1

ジャック ラッセル テリアの年齢(ライフステージ)にあった食事の選び方

ジャック ラッセル テリアの犬種としての特徴を考えると、健康的な筋肉の維持、皮膚と被毛の健康維持、歯の健康維持に配慮したフードを選ぶといいでしょう。


  • 健康的な筋肉の維持
  • ジャック ラッセル テリアの豊富な運動量を支えるために、健康的な筋肉の維持は欠かせません。そのためにはタンパク質を十分に摂取する必要があります。
    また、ビタミンE、C、タウリンなど、さまざまな抗酸化成分がしっかりと配合されたフードが適しています。抗酸化成分は、種類によって働きや対抗することになる活性酸素が異なるため、複数の異なる抗酸化成分が適切なバランスで配合されたフードがおすすめです。


  • 皮膚と被毛の健康維持
  • 皮膚と被毛の健康を維持するためには、オメガ3系脂肪酸のEPA・DHAやオメガ6系脂肪酸γ-リノレン酸を豊富に含むルリチシャ油が欠かせません。犬は、オメガ3系とオメガ6系の脂肪酸を体内で合成することができません。ですから、食事からバランスよくとれるように、気を付けてあげましょう。
    また、ビタミンAは、表皮細胞の成長や皮脂の産生の調節に欠かせない栄養素です。ビタミンAもしっかりとるようにしましょう。


  • 歯の健康維持
  • 犬の歯のトラブルは、歯石や歯肉炎が多く、人間によくある虫歯はほとんどありません。歯石は、歯垢に唾液中のカルシウムが結合すると形成されます。歯垢のうちは、歯磨きなどで除去することができますが、歯石になると除去が困難になるだけでなく、歯石の中に存在する細菌によって、歯肉炎が引き起こされることがあります。ですから、歯垢が付着しにくい食事を選んであげることが大切です。
    しっかりと良く噛むことのできるキブル(粒)は、噛むことで歯に付着した歯垢を除去することが期待できます。
    また、人の歯磨ペーストにも使用されているポリリン酸は、歯の健康維持に役立ちます。


  • ジャック ラッセル テリアという犬種にとっての最適なフード
  • ジャック ラッセル テリアという犬種が他の犬種と異なる特徴に配慮したフードを選ぶことが大切です。それには、栄養バランスの面だけでなく、ジャック ラッセル テリア独特の食べ方の特徴に配慮することが大切です。

ジャック ラッセル テリア特有の栄養ニーズに配慮した専用フードはこちら

Content Block With Text And Image 1

ジャック ラッセル テリア 子犬用

製品を見る
Content Block With Text And Image 2

ジャック ラッセル テリア 成犬~高齢犬用

製品を見る

健やかな生活の始まり

子犬時代には肉体的にも行動的にも大きな変化が起こります。新人のペットオーナーにとっては多くのことを学ぶときです。ここでは、子犬が強く健康的に成長するよう、最高の生涯のスタート方法についてご紹介します。

もっと詳しく知る
Content Block With Text And Image 3

ずっと健康でいるために

犬の生涯のあらゆる段階で最善のケアを提供する方法についてアドバイスや情報を入手。

詳しく知る
Content Block With Text And Image 4