犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
猫用食事療法食

【タンパク質調整】肝不全の症状に配慮し、高消化性のタンパク質を適切な量で配合。

【銅制限】肝細胞内の銅蓄積に配慮し、銅含有量を制限。

【高エネルギー】消化管への負担に配慮し、少ない食事量でも必要なエネルギーを摂取できるよう、高エネルギーに調整。

猫用 肝臓サポートは、肝疾患や胆管疾患の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、とくに消化性の高いタンパク質を使用して含有量を調整し、また銅の含有量を制限し、充分なカロリーを摂取できるようにカロリー密度を高めています。
米、動物性油脂、コーン、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、ポークプロテイン、コーングルテン、植物性繊維、加水分解レバー(鶏、七面鳥)、チコリー、魚油(EPA/DHA源)、大豆油、フラクトオリゴ糖、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-アルギニン、L-リジン、タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(K、Ca、Cl、Zn、P、Fe、Se、Mn、I)、ビタミン類(コリン、A、D3、E、C、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B1、B6、葉酸、ビオチン、B12、K3)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)
成分(保証分析値)
たんぱく質24.0 %以上
脂質20.0 %以上
粗繊維6.1 %以下
灰分6.8 %以下
水分6.5 %以下
食物繊維11.0 %
ビタミン(1kg中)
A 18,000 IU/kg
D3 800 IU/kg
E 600 mg/kg
カロリー含有量
(代謝エネルギー)
413 kcal/100g
ドライ製品だけを給与する場合
猫の体重
痩せ気味 標準 太り気味
2 kg 37 g 31 g 25 g
3 kg 49 g 41 g 33 g
4 kg 60 g 50 g 40 g
5 kg 71 g 59 g 47 g
6 kg 81 g 67 g 54 g
1カップ=200cc ここに表示されている給与量は使用開始時の目安です。個体差や活動量に応じて獣医師の指導に従い、1日の給与量を1~数回に分けて与えてください。 ●新鮮な水をいつでも飲めるようにしてあげてください。●急いで食べてしまう傾向のある愛猫に対しては、のどにつまらせないように注意してください。
パッケージ画像 肝臓サポート ドライ

この製品について質問がありますか?

製品のお問い合わせについては、下記リンクからお問い合わせページをご確認ください。

お問い合わせ

栄養成分辞典

栄養成分辞典は、それぞれの犬と猫にとって大切な栄養成分を、手軽に検索し知識を深めるためのサイトです。

栄養成分辞典を見る

病気と食事

よく見られる病気や健康状態のチェック方法・食事管理について知っておきましょう。

病気と食事について学ぶ