犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
猫用食事療法食

【効果的な体重管理】低脂肪(9%)と高食物繊維(24%)※により、健康的な減量とリバウンドに配慮しています。 ※標準的な自社成猫用フードと比較し、約40%減(脂肪)と約110%増(食物繊維)

【おねだり頻度の軽減】高食物繊維(24%)※で食間の満腹感を保ち、減量中のおねだり頻度を軽減します。 ※標準的な自社成猫用フードと比較し、約110%増

【筋肉量の維持】減量時に筋肉量を維持するため、タンパク質含有量を43g/400kcal(ME)※に調整し、健康的な減量をサポート。 ※標準的な自社成猫用フードと比較し、約30%増

【栄養バランス】カロリー摂取量を制限しても要求量を満たすことができるように、タンパク質・ビタミン・ミネラル含有量を調整。

【pHケア】この製品はストルバイト(S)およびシュウ酸カルシウム(O)の両結石に配慮し、ミネラル成分を調整しています。

猫用 満腹感サポートは、減量を必要とする猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、摂取カロリーを制限した場合でも、必要なタンパク質やビタミン・ミネラルが充分に給与できるように調整されています。
肉類(鶏、七面鳥)、植物性繊維、タピオカ、小麦粉、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、コーングルテン、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、動物性油脂、チコリー、サイリウム、魚油、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(タウリン、L-カルニチン)、ミネラル類(Cl、K、Ca、Na、P、Mg、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)
タンパク質 44.3 g
脂肪 11.7 g
食物繊維 30.7 g
灰分 11.1 g
水分 7.2 g
炭水化物 37.4 g
カルシウム 1.7 g
カリウム 1.43 g
リン 1.44 g
マグネシウム 0.13 g
18.2 mg
1.95 mg
亜鉛 23.6 mg
ナトリウム 0.72 g
EPA+DHA 260 mg
L-カルニチン 26.0 mg
タウリン 0.33 g
アルギニン 2.47 g
ビタミンE 92.4 mg
ビタミンC 39.0 mg
ビタミンB群 57.55 mg
(単位/400kcal)

代謝エネルギー

307 kcal/100g

成猫の目標体重(kg) 3 3.5 4 4.5 5 5.5 6 6.5 7 7.5 8
プログラム1 重度の体重過多
30%以上※
40 g
0.6カップ
123 kcal
40 g
0.6カップ
123 kcal
45 g
0.7カップ
138 kcal
50 g
0.7カップ
153 kcal
55 g
0.8カップ
169 kcal
60 g
0.9カップ
184 kcal
60 g
0.9カップ
184 kcal
65 g
1.0カップ
199 kcal
70 g
1.0カップ
215 kcal
70 g
1.0カップ
215 kcal
75 g
1.1カップ
230 kcal
プログラム2 軽度の体重過多
15%以上30%未満
30 g
0.4カップ
92 kcal
35 g
0.5カップ
107 kcal
35 g
0.5カップ
107 kcal
40 g
0.6カップ
123 kcal
45 g
0.7カップ
138 kcal
45 g
0.7カップ
138 kcal
50 g
0.7カップ
153 kcal
50 g
0.7カップ
153 kcal
55 g
0.8カップ
169 kcal
55 g
0.8カップ
169 kcal
60 g
0.9カップ
184 kcal
1カップ=200cc ※体重減少が認められない場合はプログラム1からプログラム2へ移行してください。 ここに表示されている給与量は使用開始時の目安です。個体差や活動量に応じて獣医師の指導に従い、1日の給与量を1~数回に分けて与えてください。1日の給与量を重量(g)で計量することをお奨めします。 ●新鮮な水をいつでも飲めるようにしてあげてください。●急いで食べてしまう傾向のある愛猫に対しては、のどにつまらせないように注意してください。

この製品について質問がありますか?

製品のお問い合わせについては、下記リンクからお問い合わせページをご確認ください。

お問い合わせ

栄養成分辞典

栄養成分辞典は、それぞれの犬と猫にとって大切な栄養成分を、手軽に検索し知識を深めるためのサイトです。

栄養成分辞典を見る

病気と食事

よく見られる病気や健康状態のチェック方法・食事管理について知っておきましょう。

病気と食事について学ぶ
Cookie Settings