犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
犬用食事療法食

【加水分解タンパク】高消化性で食物アレルギーの原因となりにくい低分子ペプチド源として、加水分解大豆タンパクを使用。

【RSS】尿中のストルバイトやシュウ酸カルシウムの飽和度が高くない健康的な尿のRSSを維持するように、ミネラルなどの栄養バランスを調整。

【皮膚のバリア機能】健康を維持することで皮膚が本来持つバリア機能を維持。

【歯の健康のために】歯の健康を維持するためにポリリン酸ナトリウムを配合。

犬用 低分子プロテイン 小型犬用は、食物アレルギーによる皮膚症状および消化器症状を呈する小型犬に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、食物アレルギーの原因となりにくい加水分解したタンパク源を使用しています。
米、加水分解大豆タンパク(消化率90%以上)、動物性油脂、加水分解レバー(鶏、七面鳥)、ビートパルプ、大豆油、魚油、フ ラクトオリゴ糖、ルリチシャ油、マリーゴールドエキス(ルテイ ン源)、アミノ酸類(タウリン、DL-メチオニン、L- チロシン)、ゼオライト、ポリリン酸ナトリウム、ミネラル類(Cl、Ca、Na、K、P、Zn、Mg、Mn、Fe、Cu、Se、I)、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、ビオチン、B6、B2、B1、A、葉酸、B12、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)
成分(保証分析値)
たんぱく質22.0 %以上
脂質14.0 %以上
粗繊維1.7 %以下
灰分9.2 %以下
水分10.5 %以下
食物繊維4.4 %
ビタミン(1kg中)
A 29,500 IU/kg
D3 800 IU/kg
E 600 mg/kg
カロリー含有量
(代謝エネルギー)
389 kcal/100g
ドライ製品だけを給与する場合
犬の体重
痩せ気味 標準 太り気味
2 kg 54 g 48 g 41 g
4 kg 91 g 80 g 69 g
6 kg 123 g 108 g 94 g
8 kg 153 g 134 g 116 g
10 kg 181 g 159 g 137 g
ドライ製品とウェット製品を混ぜて給与する場合
犬の体重
痩せ気味 標準 太り気味
ドライ ドライ ドライ
2 kg 27 g 1/2 20 g 1/2 14 g 1/2
4 kg 64 g 1/2 53 g 1/2 42 g 1/2
6 kg 69 g 1 54 g 1 39 g 1
8 kg 98 g 1 80 g 1 62 g 1
10 g 126 g 1 104 g 1 83 g 1
1カップ=200cc ここに表示されている給与量は使用開始時の目安です。個体差や活動量に応じて獣医師の指導に従い、1日の給与量を1~数回に分けて与えてください。 ●新鮮な水をいつでも飲めるようにしてあげてください。●急いで食べてしまう傾向のある愛犬に対しては、のどにつまらせないように注意してください。
パッケージ画像 低分子プロテイン 小型犬用

この製品について質問がありますか?

製品のお問い合わせについては、下記リンクからお問い合わせページをご確認ください。

お問い合わせ

栄養成分辞典

栄養成分辞典は、それぞれの犬と猫にとって大切な栄養成分を、手軽に検索し知識を深めるためのサイトです。

栄養成分辞典を見る

病気と食事

よく見られる病気や健康状態のチェック方法・食事管理について知っておきましょう。

病気と食事について学ぶ