犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。

【慢性腎臓病の管理】慢性腎臓病の療法食として設計。ω3系不飽和脂肪酸(EPA、DHA)、複数の抗酸化物質を含み、リンの含有量を0.1%に制限※。 ※標準的な自社成犬用フードと比較し、約67%減。

【タンパク質調整】慢性腎臓病の療法食として、腎臓病に伴う尿毒症やタンパク尿に配慮し、高消化性のタンパク質を適量配合。

【メタボリックホメオスタシス】健康的な代謝恒常性を維持するためクエン酸カリウム配合。

【食欲刺激】腎臓病による食欲低下に配慮し、犬が好む香りで食欲を刺激。

犬用 腎臓サポートは、慢性腎臓病の犬に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、リンおよびタンパク質の含有量を調整しています。
豚肉、米、鶏肉、サンフラワーオイル、鶏レバー、コーンフラワー、セルロース、魚油、ビートパルプ、フラクトオリゴ糖(FOS)、マリーゴールドミール(ルテイン源)、調味料(アミノ酸等)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン、グリシン)、ゼオライト、ミネラル類(I、Cu、Zn、Ca、K、Fe、Mn、P、Na、Mg)、ビタミン類(コリン、D3、E、C、B1、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、葉酸、ビオチン、B12)、増粘多糖類
成分(保証分析値)
たんぱく質3.4 %以上
脂質7.0 %以上
粗繊維2.2 %以下
灰分1.4 %以下
水分69.0 %以下
食物繊維2.0 %
ビタミン(1kg中)
A 15,000 IU/kg
D3 300 IU/kg
E 250 mg/kg
カロリー含有量
(代謝エネルギー)
168 kcal/100g
成犬の体重(kg)24681012141618203040
標準110 g185 g250 g310 g370 g425 g475 g525 g575 g620 g840 g1045 g
調整範囲最大125 g210 g285 g355 g420 g480 g540 g595 g650 g705 g955 g1185 g
最小95 g160 g215 g270 g320 g365 g410 g455 g495 g535 g725 g900 g
獣医師の指導に従い、1日の給与量を2~3回に分けて与えてください。

この製品について質問がありますか?

製品のお問い合わせについては、下記リンクからお問い合わせページをご確認ください。

お問い合わせ

栄養成分辞典

栄養成分辞典は、それぞれの犬と猫にとって大切な栄養成分を、手軽に検索し知識を深めるためのサイトです。

栄養成分辞典を見る

病気と食事

よく見られる病気や健康状態のチェック方法・食事管理について知っておきましょう。

病気と食事について学ぶ