犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。

ノルウェージャン フォレスト キャットの特徴・性格・飼い方・フードの選び方

<目次>



ノルウェージャン フォレスト キャットの基礎知識

ノルウェージャン フォレスト キャットの祖先は、ノルウェーのバイキングの家庭用ペットであったと考えられています。

丈夫でたくましく運動好きな猫です。そのサイズにもかかわらず、とても優しい性格です。ノルウェージャン フォレスト キャットも、水を楽しむ数少ない猫の品種の一つです。

ノルウェージャン フォレスト キャットは、むらのない気質を持っていて、自信があり、フレンドリーでのんびりとしています。穏やかで落ち着いた猫ですが、遊ぶのも大好きです。この猫のオーナーは、愛情に満ちた優しい猫と表現します。非常に愛嬌のある性格と忍耐強さを持つため、子供たちにとってすばらしいペットになります。

出典:World Cat Congress (WCC)による主要な事実と特性



ノルウェージャン フォレスト キャットの特徴

  • アウトドアの生活が最適
  • 子供に最適
  • キャット ツリーが不可欠



ノルウェージャン フォレスト キャットの性格

子供や犬や他の動物とも仲良くすることができます。
大きさに反して活動的で体が柔らかく、木登りも得意です。



体のサイズ

オスの体重は4 - 9 kg、メスの体重は3 - 7 kgくらいです。



ノルウェージャン フォレスト キャットの歴史・起源

この猫の祖先は、先史時代にノルウェーに移住してきた南ヨーロッパの短毛の猫であると言われています。この品種は自然淘汰を通して発達してきました。きっと、過酷なノルウェーの冬に適応できたこの猫だけが生き残ったのでしょう。この猫の祖先はノルウェーのバイキングの家庭でペットとして飼われていたと言われており、バイキングは自分の猫を船に乗せて連れて行ったようです。農場で飼われることも多かったと言われています。農場にてげっ歯類の個体数を制御する能力を発揮していました。

1930年ごろには、ノルウェージャン フォレスト キャットのブリーダーが、その逞しさや毛並みの美しさを種として保存するための活動を始めたとされています。

1972年に、始めてブリードが認められ、最初のブリードクラブとスタンダードは、1975年に設立されました。2年後の1977年には、FIFeがブリードを認定しました。その際、正式なスタンダードが文書化されましたが、メインクーンとの混乱を避けるために、後になって改変されました。

ノルウェージャン フォレスト キャットは、北欧神話の中にも登場します。北欧神話の神々の中で最強の神、トールが持ち上げられなかったという話、それから、愛と豊穣の女神であるフレイヤのソリを引いていたという話があります。大きく、たくましい、土着の猫種として、北欧諸国で愛されていたことがうかがえます。



毛色の種類

シタビー、ソリッドカラー、バイカラーなど、様々な色と模様がありますが、チョコレート、ラベンダー(ライラック)、ポインテッド、シナモンの色、模様は認められていません。



品種固有の情報

ノルウェー
被毛
中毛種
サイズ区分
大型
平均寿命
14–16 歳

穏やか / 遊び好き / 活動的



ノルウェージャン フォレスト キャットの飼い方、育て方

ノルウェージャン フォレスト キャットの生涯の各段階におけるケアの方法を見てみましょう。


5歳まで

ノルウェージャン フォレスト キャットの子猫

ノルウェージャン フォレスト キャットの子猫は、元気で落ち着いているためトレーニングが簡単で、飼い主が行っている面白そうな活動には何でも喜んで加わります。

ノルウェージャン フォレスト キャットはゆっくり成長するため、5歳までは完全な成猫にはなりません。成長の大部分は生後12か月までに起こり、その後の年月は筋肉の発達に費やされます。これは体が大きいことにも起因しています。


必要な生活環境

たとえ子猫であっても、ノルウェージャン フォレスト キャットの健康を維持するには、成長や探索に必要なスペースを十分に与えることが大切です。この品種の子猫は警戒心の強い、愛嬌のある性格をしています。そのため、変化に素早く適応し、新しい家に容易になじめます。


5歳以上

ノルウェージャン フォレスト キャットの成猫

ノルウェージャン フォレスト キャットの成猫は体が大きく、頑丈な外観と力強い脚を持っています。狩猟能力に優れており、獲物を追って捕えることが何よりも大好きです。


グルーミングと生活の要件

ノルウェージャン フォレスト キャットの成猫は、厳しい寒さから身を守るための、ふわふわのアンダーコートと粗い半長毛のトップコートで覆われています。もつれを防ぎ、被毛を健康に保ち、毛づくろい中にのみ込む毛の量を減らして毛玉を予防するためにも、少なくとも週に2回は(換毛期は毎日)ブラッシングが必要です。

適切なワクチン接種を済ませたら、この大型の猫種が探検をし、適正な体重を保てるよう、屋外に出すことが推奨されます。ただし、知的・身体的に活発に過ごせる場合、室内でも幸せに暮らせます。キャット タワーとたくさんのおもちゃも欠かせません。


ノルウェージャン フォレスト キャットの健康と老化

ノルウェージャン フォレスト キャットは、シニアになっても愛情深く遊び好きな性格を持ち続けることで知られています。とはいえ、健康と栄養のニーズは年をとるにつれて変わります。この段階で、定期的に獣医師のところで健康診断を受けさせることをおすすめします。獣医師は、老化によってもたらされる栄養上の変化や健康上の問題についてアドバイスしてくれるでしょう。

ノルウェージャン フォレスト キャットはその大きさのせいもあって、骨や関節にストレスを受けやすく、おかしな走り方をしたり、猫が不快を感じるようになったりする可能性があります。この問題を防止あるいは解決するための最良の方法の1つは、体重管理です。これは、バランスのとれた食事、食事の量の調整、豊富な運動量を通して達成することができます。


ゴージャスな被毛は、ヘアボールケアの必要性も招きます

ノルウェージャン フォレスト キャットの最大の特徴は、豊かなダブルコートの被毛です。
毛質にも特徴があり、ペルシャやラグドールに比べるとはりのある毛質です。
ブラシを嫌がる場合は、櫛でコーミングする等、愛猫に負担がかからない方法を工夫してみてください。

被毛が長くて豊かなため、日常的にブラッシングしても、グルーミングの際に飲み込んでしまう毛の量が多い猫種です。体内にヘアボールが形成されることを防ぐには、適切な種類と量の食物繊維を含んだ食事を選んであげるといいでしょう。食物繊維は、ヘアボールをうんちと一緒に体外に排出することをサポートします。


運動しないと太りやすい体質。適正体重を維持するには?

人間と暮らすようになってからも農家でネズミや害獣を捕らえる仕事をしていたため、室内飼いで運動量が減ると太りやすくなってしまいます。 木登りが好きな猫種ですので、室内飼いの場合、キャットタワーの設置など、上下運動ができるような環境を作ってあげること、出来るだけ遊んであげることと同時に、カロリー摂取が過剰にならないようにフード選びに気をつけてあげる必要があります。


健康維持のために注意することは?

皮膚、被毛のケア、ヘアボール、体重維持の他に、注意が必要な点は、成猫になってからも数年の間は身体が大きくなり続けるということです。 成長期に脂肪細胞が増えてしまうと、太りやすくなってしまいます。もともと運動しないと太りやすいという体質もありますので、身体が大きくなり続ける期間に、カロリー過多で太らせないように配慮する必要があります。

Inline Image 1

ノルウェージャン フォレスト キャットの年齢(ライフステージ)にあった食事の選び方

ノルウェージャン フォレスト キャットの猫種としての特徴を考えると、皮膚と被毛を健康的に維持すること、ヘアボールケア、大きな身体を支える関節を健康的に維持すること、配慮したフードを選ぶといいでしょう。


  • 健康な皮膚と被毛を維持するには?
  • 猫では食事から摂取したタンパク質の約25~30%が皮膚や被毛のために使われる、という報告があります。ですから、健康な皮膚と被毛の維持には、十分なタンパク質の摂取が欠かせません。
    皮膚の角質や被毛は、ケラチンというタンパク質から作られています。ケラチンは、メチオニン、シスチンなどのアミノ酸から構成されています。消化分解されないタンパク質は、腸で吸収されず、栄養素として利用することができませんので、消化性の高いタンパク質を与えることが大切です。
    また、皮膚のバリア機能を保つためには、EPAやDHAなどのオメガ3系不飽和脂肪酸とルリチシャ油が役立ちます。


  • ヘアボール(毛玉)の形成を抑制するには?
  • 猫はグルーミング(毛づくろい)によって抜けた毛の約2/3を飲み込むといわれています。その多くはうんちと一緒に排出されるか吐き出されますが、こうした体外への排出がスムーズに行われないと、胃や腸に毛玉がたまってしまう原因になってしまうことがあります。
    食物繊維には、水に溶けるかどうか、腸内細菌によって分解されるかどうかでいくつかの種類があります。
    異なる種類の食物繊維をバランスよく配合したフードは、うんちから毛玉を効率よく排出する効果があります。


  • 理想的な体重と健康的な関節を維持するには?
  • 運動不足になると太りやすい体質のため、関節と体重維持に注意する必要があります。
    関節のケアのためには、グルコサミンやコンドロイチン硫酸を食事から摂取することが大切です。

    また、体重維持のためには、低脂肪、低カロリーのフードが有効ですが、単に低脂肪、低カロリーだけのフードでは、すぐにお腹が空いてしまいます。お腹の空いた愛猫のおねだりに応えてしまうと、最終的に摂取カロリーは高くなってしまいます。ですから、体重維持のためのフードを選ぶ際は、低カロリー、低脂肪のみでなく、腹持ちがいいフードを選ぶことが大切です。適切な種類の食物繊維をバランスよく組み合わせたフードは、満腹感を維持し、おねだりの回数を減らします。


  • ノルウェージャン フォレスト キャットという猫種にとっての栄養バランス
  • ノルウェージャン フォレスト キャットという猫種にぴったり合った栄養バランスのフードを選ぶとき、大切なことは栄養素のバランスであって、素材が何であるかは、重要ではありません。ノルウェージャン フォレスト キャットに最適な栄養バランスになるよう様々な素材を組み合わせたフードがオススメです。


  • ノルウェージャン フォレスト キャットにとっての食べやすさ、美味しさの重要性
  • どんなに健康によいフードでも食べてくれなければ、意味がありません。人間目線ではなく、ノルウェージャン フォレスト キャットの目線から、食べやすく、食欲をそそるフードであることが大切です。
    猫にとっての美味しさは、人間とは異なり、匂い、食感、タンパク質の含有比率の高さなどが重要な要素になります。
    ノルウェージャン フォレスト キャットは、運動不足になると太りやすいという体質があるため、よく噛むことを促し、フードの食べすぎを抑えるキブル(粒)の形がオススメです。

健やかな生活の始まり

子猫期は、肉体的にも行動的にも大きな変化がある時であり、新しいオーナーにとって多くのことを学ぶ時でもあります。子猫が人生の最高のスタートを切り、力強く成長できるようにする方法を見つけてましょう。

もっと詳しく知る
Content Block With Text And Image 1

愛猫のための健康アドバイス

猫の生涯のあらゆる段階で最善のケアを提供する方法についてアドバイスや情報を入手。

詳しく知る
Content Block With Text And Image 2