合計1万名様に子猫フードサンプルをプレゼント中!

応募はこちら

ノルウェージャン フォレスト キャットのご紹介 

温和で大型の猫、ノルウェージャン フォレスト キャットはフレンドリーでおおらかであり、とても遊び好きです。そのため、子どもと接するのに理想的な品種です。一部の猫とは異なり、ノルウェージャン フォレスト キャットは人間の家族に対して強い愛着を育み、とても愛情深いことでも知られています。また、ノルウェージャン フォレスト キャットは目を見張るほど大柄で、ボリュームのあるコートを持ち、耳の房毛のおかげでオオヤマネコに近い美しい容貌を備えています。北欧原産であり、その名が示すように冷涼な気候によく適しています。

正式名称: ノルウェージャン フォレスト キャット 

別名: ノシュク スコグカット、 スコグカット、ウェジー

原産:  ノルウェー 

Norwegian Forest Cat adult in black and white
  • 毛の長さ 

  • 抜け毛の量 

  • トリミングの必要性 

  • エネルギー レベル 

  • おしゃべり 

  • 家族向きのペット*

  • 他のペットとの同居 

  • 1匹で過ごせる* 

  • 環境(室内・屋外)

*ペットをあまりに長時間留守番させることは避けましょう。一緒に過ごすことで、精神的なストレスや破壊的な行動をおさえることができます。推奨事項については、獣医師にご相談ください。  品種ごとの特性はあっても、ペットにはそれぞれ個性があります。品種の特性に関する概要については、目安として参考にしてください。  幸せで健康的な、社会のルールに順応できるペットに育てるために、ペットをトレーニングして社会化させるだけでなく、基本的な福祉面でのニーズ(および社会的かつ行動上のニーズ)を満たすことをおすすめします。  目の届かない状況で、ペットを子供と一緒に放置してはなりません。    さらにアドバイスが必要な場合は、ブリーダーまたは獣医師にご相談ください。  すべてのペットは社交的であり、ペットオーナーと一緒に過ごすことを好みます。ただし、幼い頃からペットオーナーがいない状況に対処するようにトレーニングすることができます。この場合、獣医師またはトレーナーにアドバイスを求めてください。
ノルウェージャン フォレスト キャットのイラスト
オスメス
高さ高さ
23 - 30.5 cm23 - 30.5 cm
体重体重
4 - 9 kg3 - 7 kg
ライフステージ
成長後期 成猫期
~12ヵ月1~7歳
中高齢期高齢期
7~12歳12歳以降
食べ物と水を入れたボウルの前に立つノルウェージャン フォレスト キャット
1/7

ノルウェージャン フォレスト キャットについて 

この猫種について知っておくべきこと 

おとぎ話から抜け出てきたような名前を持つノルウェージャン フォレスト キャットは、その期待を超える存在です。アーモンド型の瞳と驚くほどの大きさ、光沢のあるコートで知られるこの品種は、まさに童話のキャラクターそのものであり、家庭向けのペットというよりも野生動物のように見えます。

しかし、おかしなことに、その名の通りノルウェーの森が原産なのは事実であるものの、ノルウェージャン フォレスト キャットはイエネコの子孫の可能性があります。実際のところ、その祖先はノルウェーのバイキングのペットだったと考えられています。その後、この品種は北欧の荒涼とした森林地帯に棲みついて次第に野生化し、厳しいスカンジナビアの気候に対処すべく、長くて分厚いコートを持つようになりました。 

現在でもたくましくて頑丈な、物怖じしない猫である点は変わりませんが、ノルウェージャン フォレスト キャットはその歴史とは裏腹に、可愛らしく愛嬌のある気質も備えています。そのため、子どもや他のペット、時には犬とも仲良くなれます。 

家猫の中でも最大級の体格を備えた品種であり、完全に成猫になったノルウェージャン フォレスト キャットの体重は最大で約9kg(20ポンド)に達する場合があります。メインクーンとは異なり、強くて力持ちですばしこく、筋肉質の体と強い爪を備えているため何かに登ることが非常に得意です。ノルウェージャン フォレスト キャットは、毛が水をはじくため水が好きな珍しい品種です。そのため、池に魚がいる場合はご注意ください。お風呂に飛び込もうとすることすらあります。 

アウトドアのライフスタイルに適応してきたのは事実ですが、夢中になれるおもちゃやアクティビティがたくさんあれば屋内での生活にうまく馴染むことができます。遊び好きな性格をした、極めて利口な品種であるノルウェージャン フォレスト キャットはコミュニケーション能力が非常に高く、ペットオーナーとのゲームも楽しみます。ノルウェージャン フォレスト キャットは寿命も長く、平均で14歳から16歳まで生きます。 

長年にわたってさらに人気を呼び、1950年代にはノルウェーの公式猫に指定されました。現在、ノルウェージャン フォレスト キャットは世界で人気のある猫種のトップ20に入ります。 

高い木の枝の上を歩くノルウェージャン フォレスト キャット
2/7

ノルウェージャン フォレスト キャットにまつわる2つの事実

1. 素晴らしい登山家

古代スカンジナビアの民話によると、スコグカット(ノルウェージャン フォレスト キャットの原語の名前)は「山に棲む妖精猫」でした。伝説では、他の品種には不可能な、切り立った岩肌を登る能力を備えていたということです。

2. ユニークな色 

ノルウェージャン フォレスト キャットはチョコレートからサーブル、ラベンダーまでさまざまな色のコートを持つ可能性があります。しかし、この品種固有の色が発見されたことをご存知ですか?遺伝子検査によるとそれは琥珀色で、2つの異なる色調として現れます。

ノルウェージャン フォレスト キャットのクローズアップ(白黒)
3/7

この品種の歴史

ノルウェージャン フォレスト キャットの正確な起源は不明ですが、その祖先は紀元前1,000年頃にバイキングによってノルウェーに連れてこられたと考えられています。多くの人が、現在のこの品種の祖先は英国の短毛種だと信じているものの、いずれも長毛種であるロシアのサイベリアンとトルコのターキッシュ アンゴラにもルーツを持つ可能性があります。 

いずれにせよ、長年をかけてノルウェーの森にコロニーが形成され、最終的にその寒冷で厳しい気候に適応しました。その後、地元の農家が地域のネズミの数を減らすためにその狩猟技術に頼ったものの、ペットとして定着したのは比較的最近のことです。 

実際のところ、第二次世界大戦中にノルウェージャン フォレスト キャットは絶滅の危機に瀕しました。この品種が生き延びられたのは、1938年に設立されたノルウェージャン フォレスト キャット クラブが公式の繁殖プログラムを立ち上げていたおかげです。 

ノルウェージャン フォレスト キャットは1970年代にヨーロッパでようやく品種登録が行われました。しかし、英国では1989年まで品種として受け入れられませんでした。現在ではヨーロッパ内外、特にその母国ノルウェーとフランスで飼い猫として非常に高い人気を得ています。

4/7

頭から尻尾まで 

ノルウェージャン フォレスト キャットの身体的特徴 

1
2
3
4
5

1.頭部

三角形の頭部となだらかに傾斜した額、房毛のある大きな耳。

2.

アーモンド型の目は用心深く、好奇心旺盛な様子でキラリと光ります。

3.

胴体は力強くて筋肉質、非常に大柄。

4.尻尾

尻尾は長くてふさふさとし、通常は高く持ち上げられています。

5.被毛

被毛はセミロングで光沢と撥水性を持ち、びっしりと生えたアンダーコートは色が異なる場合があります。
青空を背景にしたノルウェージャン フォレスト キャットのクローズアップ
5/7

注意すべきこと

この猫種の特性から健康に関する一般的な概要まで、ノルウェージャン フォレスト キャットに関するいくつかの注意が必要なポイントをご紹介します 

良いブリーダーを選ぶことが重要です

そうすれば、遺伝性疾患のリスクを大幅に減らすことができます。たとえば、極めて稀ではあるものの、ノルウェージャン フォレスト キャットには「4型糖原病」(別名「アンデルセン病」)という神経障害の遺伝的素因があります。これは出生時に発生して一部の子猫が死産したり、生後5〜7ヵ月で現れて衰弱が進行したりする場合があります。幸いなことにDNA検査でこの素因の有無が確認できます。そのため、優れたブリーダーはリスクを減らすために親猫の状態を検査します。ノルウェージャン フォレスト キャットの子猫を購入する場合、この点を必ずブリーダーに確認しましょう。 

歯にも注意が必要です

他の品種と同様に、ノルウェージャン フォレスト キャットは歯茎や歯の問題を抱えがちです。これは歯垢が蓄積して石灰化し、いわゆる「歯石」になると起こる場合があります。そして、歯肉炎や歯周病(歯の周りの構造に悪影響を与える)につながる可能性があります。したがって、ノルウェージャン フォレスト キャットはできるだけ頻繁に歯磨きを行う必要があります。定期的な歯科検診もお勧めします。また、適切なフードも役立ちます。たとえば、ドライフードは歯垢の除去に役立ち、カルシウムキレート剤は歯石の蓄積を防ぎます。 

異常がないか定期的に目をチェックしてください 

もう1つの注意点は、ノルウェージャン フォレスト キャットは目の問題を起こしやすいことです。たとえば、結膜炎や緑内障、網膜形成異常などの症状が挙げられます。網膜形成異常は、子猫がまだ胎内にいるか新生児であるときに発生する可能性があります。不快感や炎症の徴候がないか定期的に目をチェックすることが大切です。問題がありそうな場合には獣医師に相談し、最適な治療についてアドバイスを受けましょう。ノルウェージャン フォレスト キャットがあらゆる問題を回避できるよう、獣医師は定期的な健康診断も実施することができます。

健康的な食事で、より健康な猫に

個々の猫に最適な栄養バランスは、ノルウェージャン フォレスト キャットの健康と美しさを維持する上で重要な役割を果たします。ノルウェージャン フォレスト キャットの総合栄養食は、栄養素のバランスを調整したものでなければなりません。このフードを使用することで、過不足のない食事を与えられます。食事は不足しても多すぎても猫の健康に悪影響を及ぼすおそれがあります。 規則的な排尿をサポートするために、清潔で新鮮な水をいつでも飲めるようにしておく必要があります。また、猫はもともと少量の餌を1日7〜10回食べるようにできています。推奨されている1日分のキブル(ドライフードの粒)の量を一度に与えるとノルウェージャン フォレスト キャットは自分で食べる量を調整します。 以下の推奨事項は、健康的な動物に対するものです。猫に健康上の問題がある場合は、獣医師に相談し、専用の食事療法食を処方してもらってください。

成長は、子猫にとって極めて重要なライフステージです。この時期には大きな変化や発見、新しい出会いがあります。ノルウェージャン フォレスト キャットの子猫は、成猫よりもはるかに多くのエネルギー、タンパク質、ミネラル、ビタミンを必要とします。体の維持だけでなく、成長や体づくりにもエネルギーと栄養素が必要だからです。子猫の成長には2つの段階があります。

基礎づくり

生後4か月まで

離乳とは、子猫が流動食(母乳)から固形フードに移行することです。この期間は、生後3〜6週齢で歯が生える時期に自然と対応しています。この段階では、子猫はまだ噛み砕くことができないので、柔らかいフード(ふやかしたキブル(ドライフードの粒)やウェットフード)は、流動食から固形フードへのスムーズな移行に役立ちます。

成長前期 - 誕生から生後4ヵ月齢まで

子猫が母親の初乳(最初の母乳)から獲得する自然免疫は低下しますが、子猫の免疫系は徐々に発達していきます。免疫の狭間と呼ばれるこの重要な時期には、自然の免疫力をサポートするために、ビタミンEを含む抗酸化物質の組み合わせが必要です。子猫にとって変化に富んだ、特に繊細な成長段階で、その間、消化器系の不調が起こりやすくなります。この時期のフードは、高まる成長のニーズを満たすためのエネルギーが豊富なだけでなく、 発達を続ける消化器系に合わせた極めて消化のよいタンパク質も含まれるものにする必要があります。フラクトオリゴ糖などの プレバイオティクスは、腸内環境を整えることによって胃腸の健康をサポートします。その結果、健康な排便ができるようになります。適切な神経と脳の発達のため、子猫用フードにはオメガ3 脂肪酸(EPA/DHA)が含まれている必要 があります。

成長後期 - 生後4ヵ月~12ヵ月齢

生後4ヵ月目から、子猫の成長速度が低下するため、今までよりカロリーがやや控えめのフードが推奨されます。これが重要なのは、特に猫が避妊・去勢手術を受けた後です。4ヵ月から7ヵ月の間に、子猫の乳歯は 抜け落ち、永久歯に変わります。永久歯が生えたら、子猫は咀嚼を促すのに十分な大きさのキブル(ドライフードの粒)を食べる 必要があります。生後12ヵ月になるまで、ノルウェージャン フォレスト キャットの子猫の免疫系は発達し続けます。大きな変化や発見、新しい出会いのあるこの時期には、ビタミンEなどの抗酸化物質の組み合わせが、自然免疫力のサポートに役立ちます。消化器系は徐々に発達し、生後12ヵ月までに消化能力が完全に成熟します。その後、成猫用フードを食べられるようになります。

あらゆる猫と同様に健康的な泌尿器機能の維持が重要なことに加え、ノルウェージャン フォレスト キャットの成猫には、栄養に関して以下のような主な目標があります。

選択された食物繊維によって毛づくろい中に飲み込んだ毛の排出を促し、毛玉を減らします

必須脂肪酸(EPA/DHA)や必須アミノ酸、ビタミンB群などの対象となる栄養素を追加することで、皮膚や被毛の健康や美しさを保ちます

大柄でたくましい骨格を持つ、この力強い猫の理想体重を適切なカロリーレベルによって維持し、骨と関節の健康をサポートします。

力強い顎に合った形と咀嚼を促す食感のキブル(ドライフードの粒)を与えることで、優れた口腔衛生を保ちます。

12歳以上の高齢期の猫は、消化吸収が困難になる場合があります。老化に向かう猫の体重を維持し、栄養失調のリスクを最小限に抑えるには、必須栄養素が豊富で、非常に消化性の高いフードが必要です。

猫は年をとるにつれて、歯の問題が生じるようになります。一部の高齢期の猫は、味覚や嗅覚も衰えるため、フード量の低下につながる可能性があります。愛猫が十分な量を確実に食べ続けられるよう、老化とともに弱くなりがちな顎に合った形や大きさ、硬さ(食感)のキブル(ドライフードの粒)を選びましょう。

猫の最適なエネルギー量は、老化に向かう段階であってもライフスタイルに左右される点にご注意ください。定期的に屋外に出る高齢期の猫には、脂肪含有量がやや高めのフードが適しています。一方、室内飼育されている猫の肥満リスクが老化によって低下することはありません。依然として、カロリー摂取量を注意深く監視する必要があります。適度な脂肪含有量のフードが最適な場合があります。

白いソファの後ろを歩くノルウェージャン フォレスト キャット
6/7

ノルウェージャン フォレスト キャットのケア 

運動、グルーミング、トレーニングのヒント

最高で約9kg(20ポンド)にもなるノルウェージャン フォレスト キャットの成猫には、体型維持のために、かなりの運動量が必要です。かつて野生であったこの猫種は、定期的に広々とした屋外の安全な空間で過ごすことも健康維持につながります。しかし、交通量の多い道路が近くにあるなどの理由から外に出せない場合は、庭に囲いをつくって安全な環境で屋内外を満喫できるようにするのも優れた妥協案です。いずれにせよ、猫が家の中で楽しめるようにできるだけ多くのアクティビティを考えましょう。ノルウェージャン フォレスト キャットは素晴らしい登山家であるため、高い台のある凝った造りのキャットツリーなど、上下運動ができるものを喜びます。

ノルウェージャン フォレスト キャットは猫の世界においてもとりわけ美しい品種ですが、水をはじく長毛のダブルコートにはケアが必要です。少なくとも週に2回、換毛期には毎日ブラッシングしましょう。被毛を良好な状態に保って毛のもつれを防ぐだけでなく、草の種などのゴミが毛に絡んで皮膚に膿瘍を引き起こすのを防ぎます。ノルウェージャン フォレスト キャットの目頭を毎日、左右異なる布で拭き、必要に応じて爪切りも行います。歯磨きをできるだけ頻繁に行うと共に、定期的に歯科検診を受けましょう。

ノルウェージャン フォレスト キャットは非常に利口なことで知られ、高い学習能力を備えています。したがって、トイレトレーニングも非常に簡単です。ただし、この品種は完全に成長しきるまでに長い時間がかかるため、子猫らしい行動が長期間続きます。そして、成猫になっても非常に遊び好きです。そのため、家の中でゲームやアクティビティに興じたり、ペットオーナーとたくさん触れ合ったりすることを好みます。ノルウェージャン フォレスト キャットは人間の家族と一緒にいるのが好きで、大抵は他のペットとも仲良くできますが、見知らぬ人の周りでは少しおとなしくなります。早期から人間に触れられるのに慣れさせ、社会化を行っているブリーダーから子猫を迎えることが役立ちます。

7/7

ノルウェージャン フォレスト キャットのすべて

実際のところ、アレルギーを起こしにくい猫は存在しません。人間に反応をもたらすアレルゲンは「Fel d1」と呼ばれ、猫の分泌腺で生成されます。このアレルゲンは唾液に特に多く含まれているため、猫が毛づくろいをすると体全体に広がります。これは被毛のタイプ(長毛または無毛)とは無関係です。

ノルウェージャン フォレスト キャットは、愛情深さと独立心を完璧に兼ね備えています。端的に言えば、終始べったりとくっついてくるわけではないものの、人間の家族に注目されるのは好きです。元気な性格のノルウェージャン フォレスト キャットは、ゲームや交流を心から楽しみます。

出典
  1. Veterinary Centers of America https://vcahospitals.com/
  2. ロイヤルカナン猫の百科事典。2010年版、2020年版
  3. Banfield Pet Hospital https://www.banfield.com/
  4. ロイヤルカナン BHN 製品ブック

このページを「いいね」および「シェア」する