犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
French Bulldog adult in black and white

フレンチ ブルドック

フレンチ ブルドッグの外見と陽気な性格は、1800年代のパリの上流階級や芸術家たちの目に留まり、それ以来この品種は大きな人気を博しました。

フレンチ ブルドッグについて

フレンチ ブルドッグは、典型的なモロシア系(マスティフ タイプの古代犬種)の小型犬で、筋肉質で引き締まった体躯の骨太な品種です。力が強くて愛情深く、大きな耳が警戒心の強さと愛嬌のある表情を加えています。フレンチブルドッグは、社交的で、陽気で、遊び好きで、運動好きで、そして何よりも、どの年齢の人間に対しても愛情深く接します。

1880年にこの品種初となる品種クラブがパリで設立されると、その5年後に最初のフレンチ ブルドックが登録されました。そして1898年には、この品種がフランスで初めて公認されました。

出典:国際畜犬連盟(FCI)のデータより要点と特徴を抜粋

品種の詳細

グループ
FCIグループ9, AKCノンスポーティング グループ
サイズ区分
中型
平均寿命
10–13 歳

愛嬌がある / 元気な / 遊び好き / 熱中しやすい

特徴

  • 適度なトレーニングが必要
  • 庭がなくても大丈夫
  • 最小限のグルーミングが必要
French Bulldog adult in black and white

健康状態

フレンチ ブルドッグは犬種の中でも「短頭種」と呼ばれる種類に属し、頭蓋骨の形状が平らで幅が広いために、体の特徴としては平坦な顔や短い鼻があげられます。こうした解剖学上の特性から、皮膚、眼、呼吸器系にまつわる病気リスクに加えて、暑さに弱いなどの健康面での問題を相対的に抱えやすいと考えられています。すべての短頭品種を飼うペットオーナーに私たちがおすすめするのは、信頼できるブリーダーから短頭種特有の体の特徴があまり極端ではない猫を購入し、かかりつけの獣医師へ健康的な飼育について助言を求めることです。

健康チェックリスト

子犬を飼われている全ての方へ

子犬期には身体・行動・性格等のあらゆる面で大きな変化が起こり、子犬期の過ごし方は生涯にわたって影響を及ぼすため、ペットオーナーとして大切に健康を育む意識が必要です。こちらでは、飼う前の準備や食事の与え方、トレーニングのコツなど、子犬を健康に育てるポイントをご紹介します。

もっと詳しく知る
Dachshund puppy in black and white eating from a red bowl

ずっと健康でいるために

愛犬の生涯のあらゆるステージ・状況において、最善のケアを提供する方法についてのアドバイスが見つかります。胃腸や皮膚の健康の話から老犬に必要なケアについてまで、様々なトピックが網羅されています。

もっと詳しく知る
Content Block With Text And Image 2