合計1万名様に子猫フードサンプルをプレゼント中!

応募はこちら

フレンチブルドッグのご紹介 

がっしりとした体格で個性豊かなフレンチブルドッグは、素晴らしいパートナーとなります。コンパクトなサイズと意志の強さは、多くのペットオーナーの心を掴んできました。その真剣な表情に騙されないでください。その中身は、遊び好きな犬です。フレンチブルドッグは順応性が高く、とにかく楽しいことが大好きな品種です。さらに、彼らは子供たちと仲良くできるだけでなく、特に他の犬やペットとも仲良くできることでも知られています。

正式名称:フレンチブルドッグ 

別名:フレンチ 

原産:イングランド、フランス 

フレンチ ブルドッグの子犬の横顔(白黒)
  • よだれの量 

  • トリミングの必要性 

  • 抜け毛の量 

  • 吠える 

  • エネルギー レベル 

  • 他のペットとの相性 

  • 暖かい気候への適性 

  • 寒い気候への適性 

  • アパートでの生活への適正 

  • 1匹で過ごせる* 

  • 家族向きのペット*

*ペットをあまりに長時間留守番させることは避けましょう。一緒に過ごすことで、精神的なストレスや破壊的な行動をおさえることができます。   品種ごとの特性はあっても、ペットにはそれぞれ個性があります。品種の特性に関する概要については、目安として参考にしてください。   幸せで健康的な、社会のルールに順応できるペットに育てるために、ペットをトレーニングして社会化させるだけでなく、基本的な福祉面でのニーズ(および社会的かつ行動上のニーズ)を満たすことをおすすめします。   目の届かない状況で、ペットを子供と一緒に放置してはなりません。   さらにアドバイスが必要な場合は、ブリーダーまたは獣医師にご相談ください。   すべてのペットは社交的であり、ペットオーナーと一緒に過ごすことを好みます。ただし、幼い頃からペットオーナーがいない状況に対処するようにトレーニングすることができます。この場合、獣医師またはトレーナーにアドバイスを求めてください。
白黒のフレンチ ブルドッグのイラスト
オスメス
高さ高さ
27 - 34 cm24 - 32 cm
体重体重
9 - 14 kg8 - 13 kg
ライフステージ
成犬期
10か月~8歳
中高齢期高齢期
8歳~12歳12歳以降
成長前期成長後期
誕生~2か月2〜10か月
カメラに向かって草の上を走るフレンチ ブルドッグの子犬
1/7

フレンチブルドッグのことを知りましょう 

この犬種について知っておくべきこと   

フレンチブルドッグ。パリの寵児は世界の注目を集め、最も人気のある犬種の1つになりました。この品種は、英国ケネル クラブの最新ランキングでは第7位、アメリカン ケネル クラブのランキングでは第4位です。フレンチブルドッグは小型なので都市生活者にぴったりの犬ですが、その愛想の良さから世界中で愛されている品種になっています。 

特に初めて飼うペットオーナーにとってフレンチブルドッグは本当に良いペットです。あなたのそばで昼寝をしたり(彼らのお気に入りの活動の1つ)、1日中遊んだりして満足しますし、一度訓練すれば大人と同じように子供にもなじみます。 

この品種の印象的なコウモリのような耳と「不機嫌そうな」顔は、陽気な性格とは正反対です。彼らの前にいれば、お笑い芸人のような展開を見ることができます。フレンチブルドッグはおどけた性格の持ち主です。 

フレンチブルドッグのトレーニングは悪くないアイデアです。この品種はペットオーナーとの絆が強いので、社会化が必要になります。フレンチブルドッグは小柄なため、強力なパートナーに依存する傾向があります。この品種は救助や警備に使用される犬ではありません。交友を深めることが彼らの最大の特徴です。 

草の上を歩くフレンチ ブルドッグの子犬
2/7

フレンチブルドッグにまつわる2つの事実

1.かわいいけど重い

フレンチブルドッグは愛らしい犬と思われがちですが、そのがっしりとした身体つきは注意が必要です。つまり、運動は犬の能力に合わせて調整するべきものであり、フレンチブルドッグは密度が高く、浮力がほとんどないかまったくないため、水泳は絶対に禁止です。フレンチブルドッグが太らないように、良い食事管理の習慣を心がけましょう。

2. 自由奔放さに注意 

見ているだけで楽しいフレンチブルドッグの行動ですが、ともに生活をしていくうえではにはしつけが必要です。彼らは確かに遊び好きですが、楽しいことがすぐに強情になったり、言うことを聞かなくなったりすることがあります。時にはピエロ的とさえ言われることもあります。ご褒美を利用したトレーニングを行います。指示ごとにトリーツを与えてください。ただし、トリーツは毎日のフードの一部を使うようにしてください。

座っているフレンチ ブルドッグの子犬(白黒)
3/7

この品種の歴史 

フレンチブルドッグの歴史は長く、魅力的なものです。この品種は、古代ギリシャのモロッシア人が使っていた犬の子孫で、やがてイングランドに渡ったと考えられています。モロシアン犬はその後、イングリッシュ マスティフとその亜種であるブレンバイサーに発展したと言われています。当初はブルベイティングというスポーツに使用されていましたが、1835年にスポーツが正当に非合法化された後、この品種は家庭犬として知られるようになりました。 

その後、イングランドに広く生息していたテリアをフレンチブルドッグの祖先に交配し、ミニ バージョンやトイ ブルドッグが誕生し、ネズミ捕りや番犬として利用されました。初期のフレンチブルドッグは、ネズミを追いかける能力が評価され、イングランド中部のノッティンガム地方、特にレース製造業界で、非常に人気がありました。 

1860年代までに、この新しいフレンチブルドッグのタイプが国内のドッグショーでデビューし、非常に人気がありました。レース製造業のイングランドでの人気が低迷し、フランスに移動すると、レース職人たちはノルマンディーに移り住み、犬も連れてきました。 

フレンチブルドッグはフランス国内で大流行し、次第に現在のような品種になりました。この犬は非常にファッショナブルで、社交界、特に王族や貴族の間で人気がありました。パリでは非常に有名で、カフェでの生活にもよく登場しました。フランスの有名な画家であるトゥールーズ=ロートレックやドガは、フレンチブルドッグをしばしば絵画に描いています。 

この品種は、20世紀に入ってからアメリカでも同じように人気を集めるようになりました。1898年にはアメリカン ケネル クラブに、1905年にはイングランドのケネル クラブに公認されました。

4/7

頭から尻尾まで 

フレンチブルドッグの身体的特徴 

1
2
3
4
5

1.

大きな長方形のコウモリのような耳は、常に立っていて、犬が警戒しているような印象を与えます。

2.頭部

大きな四角い頭、半分平らで半分ドームのような頭蓋骨。

3.身体 

骨太でコンパクトなボディ、力強い脚、広い肩幅、太い首。

4.尻尾 

まっすぐな尾、またはらせん状の尾、カールしておらず、短く、太い。

5.被毛 

滑らかな被毛、一般的に光沢のある非常に短い毛や顔の周りの柔らかく緩んだ皮膚が大きなしわがみられる。
丸太越しに見るフレンチ ブルドッグの子犬
5/7

注意すべきこと

この品種の特性から健康に関する一般的な概要まで、フレンチブルドッグに関するいくつかの注意が必要なポイントをご紹介します。  

そのかわいい顔には問題点もあります

フレンチブルドッグの健康上の問題はほとんどありませんが、その顔の構造から、呼吸に問題が生じることがあります。フレンチブルドッグは、顔の構造、つまり平らな鼻と鼻孔のために短頭種気道症候群と呼ばれる呼吸器系の問題を起こしやすい傾向があます。特に暑すぎたり寒すぎたりすると呼吸困難に陥ることが多く、また運動量が多すぎる場合にも注意が必要です。暑さ、寒さには十分注意してください。暑い車には乗せず、エアコンの効いた場所にいるようにしましょう。また、消化器系のトラブルも頻繁に発生します。短頭種気道症候群の犬の多くは、胃腸障害の徴候も見られます。 

がっちりした身体で肥満になりやすい 

フレンチブルドッグのずんぐりした体型は、これ以上ないほど愛らしいものですが、スリムな体型を保つ必要があります。フードやトリーツに気をつけないと、この品種は簡単に体重が増える可能性があります。彼らは、重い胸と太い脚の筋肉質な体格をしていますが、体が小型なため、大きな犬種以上に注意が必要です。海や湖、プールで水浴びをする場合、オーナーがしっかり支えてあげる必要があります。彼らは樽のような体をしているため、泳ぐ代わりに「転がる」ことが多く、その非常に密度の高い体には水に浮かぶために必要な浮力がありません。彼らの場合、乾燥した陸上での運動が最適です。 

チェリーアイを患う可能性 

それは生命を脅かすものではありませんが、見た目が悪くなります。目にさくらんぼのように赤い塊がついているように見えるのです。フレンチブルドッグの場合、3番目のまぶたの涙腺(すべての犬が持っている)が所定の位置から飛び出してしまうことで発症します。そうなると、目はわずかに膨らんで見え、フチに赤い線が入ります。チェリーアイは、3番目のまぶたの内側の涙腺を固定する組織が弱くなることで発生します。それを回避することはできません。症状の徴候がないか、犬を注意深く観察してください。もし発症した場合は、すぐに獣医師に治療してもらいましょう。新しい犬を飼うときは、責任あるブリーダーとの取引を心がけましょう。 

健康的な食事で、より健康的に

フレンチブルドッグのフードを選ぶ際に、考慮すべき要素はたくさんあります。それには、犬の年齢、ライフスタイル、活動レベル、生理的な状態、健康状態などが含まれます。 フードは犬の生命維持に必要なエネルギーを提供します。総合栄養食は、犬に悪影響を及ぼす可能性のある栄養素の不足や過剰を避けるために、栄養素のバランスが調整されています。 排尿の規則性をサポートするために、清潔で新鮮な水をいつでも飲めるようにしておく必要があります。暑い時期、特に運動をする場合は、犬が頻繁に水を飲むことができるよう水を持参してください。 エネルギー摂取量も、常に気候条件に適応させる必要があります。室外飼育の犬は、冬に必要なエネルギー量が増加します。 以下の推奨事項は、健康的な動物に対するものです。犬に健康上の問題がある場合は、獣医師に相談し、必要に応じて専用の食事療法食を処方してもらってください。

フレンチブルドッグの子犬が必要とするエネルギー、タンパク質、ミネラル、ビタミンの量は、成犬よりもはるかに多くなります。子犬は成長し、体を大きくするためにもエネルギーと栄養素が必要なためです。生後12ヵ月頃まで、フレンチブルドッグの子犬の免疫システムは徐々に発達していきます。大きな変化や発見、新しい出会いのあるこの時期には、ビタミンEなどの抗酸化物質の組み合わせが、健康を維持することで本来の自然免疫力の発達のサポートに役立ちます。消化機能もフレンチ ブルドッグの子犬と成犬では異なります。子犬の胃腸系はまだ十分に成長していないため、効率的に消化・吸収される消化性の高いタンパク質を与えることが重要です。フラクトオリゴ糖などのプレバイオティクスは、腸内環境を整えることによって胃腸の健康をサポートし、健康な便の排泄に役立ちます。

フレンチブルドッグが短頭種であることは、拾いやすく、咀嚼を促すようなサイズ、形状、質感のキブル(ドライフードの粒)を選択する際に考慮に入れるべき重要な要素です。犬の皮膚や被毛は健康状態を反映しており、フレンチブルドッグの皮膚と被毛の健康を維持するためには、オメガ3脂肪酸(EPA/DHA)、必健康を維持することで皮膚のバリア機能を維持する栄養素が必要です。この短い成長期は、多くのエネルギーを必要とする時期でもあります。食事は高カロリーなものでなければなりません。 また、その他のすべての栄養素の濃度も、特別に配合された成長期用のフードでは通常よりも高くなります。生後6ヵ月に変更することをお勧めします。 

フレンチブルドッグの成犬の主な栄養目標は、次のとおりです。 

最適なタンパク質含有量と健康な脂肪代謝を維持するL-カルニチンでフレンチブルドッグの筋肉量を維持する。

必須脂肪酸(特にEPA/DHA)必須アミノ酸、ビタミンB群が豊富に含むフードは、皮膚や被毛の健康や美しさを保つのに役立ちます。

高品質のタンパク質とバランスの取れた食物繊維の供給で、健康的な消化率の維持をサポートします。 

健康を維持することで彼らの本来の防御力維持をサポートするために、 抗酸化物質の複合体を豊富に含み、マンナンオリゴ糖を含む配合をおすすめします。

7歳を過ぎると、フレンチブルドッグは老化の最初の徴候に直面し始めます。抗酸化物質を豊富に含んだフードは犬の健康な活力を維持するのに役立ち、コンドロイチンやグルコサミンなどの特定の栄養素は骨や関節の健康を維持するのに役立ちます。高齢化に伴い消化能力や特定の栄養ニーズにも変化が現れるため、高齢のフレンチブルドッグには次のような配慮をする必要があります。 

豊富なビタミンC・ビタミンE含有量。これらの栄養素には抗酸化作用があるため、高齢期の健康維持に役立ちます。 

高品質のタンパク質。広く知られている誤解とは裏腹に、フードのタンパク質含有量を下げることは腎臓病を抑えるうえでほとんど役に立ちません。また、高齢の犬は若い犬よりもに含まれるタンパク質を若い犬のように効率的に消化・吸収することができません。リン含有量を減らすことは、高齢期の腎臓の健康維持に役立ちます。 

皮膚と被毛の良好な状態を維持するために、微量元素である鉄、亜鉛、マンガンの割合を高めています 

ルリチシャ油や魚油のような多めの多価不飽和脂肪酸が、健康な被毛の質を維持するのに役立ちます。通常、犬はこれらの脂肪酸を合成できますが、老化によってこの生理学的なプロセスが影響を受ける可能性があります。 

高齢になるにつれて、犬は歯の問題を抱えることが増えます。十分な量を確実に食べ続けられるよう、顎に合った形や大きさ、硬さのキブル(ドライフードの粒)を選ぶ必要があります。 

木の切り株の上に立っている2匹のフレンチ ブルドッグの子犬
6/7

フレンチブルドッグのケア 

運動、グルーミング、トレーニングのヒント 

フレンチブルドッグは、運動量がそれほど多くなくても健康を保てます。毎日の散歩で十分です。また、家の中や庭で遊ぶのが大好きです。しかし、ブルドッグの品種は暑さにうまく対処できないため、夏は適度の運動をする必要があります。挑戦に尻込みすることなく受けて立つ賢いフレンチブルドッグですから、脳のトレーニングのようなゲームも非常にメリットがあります。 

フレンチブルドッグの短毛は魅力的な特性の一つですが、短毛でも毛が抜けます。中型の毛ブラシまたはゴム製のトリミング グローブで毎週ブラッシングするとメリットがあります。顔のしわやたるみの間の細菌の蓄積を防ぐために、しわを清潔かつドライに保つ必要があります。毎月(または必要に応じて)フレンチブルドッグを入浴させ、その後はしわを完全に乾燥させましょう。また、爪を毎週トリミングすることで、がっしりした身体のバランスを保つことができます。 

フレンチブルドッグの最大の特徴の一つに知性があります。フレンチブルドッグは強情なところがありますので、子犬の頃からしっかりトレーニングすることが大切です。忍耐も重要です。トレーニングを行う際は、命令を繰り返し与える必要があるかもしれません。フレンチブルドッグは容易にトレーニングでき、ご褒美を伴う指示にうまく反応しますので、「おすわり!」などの指示の後にご褒美を与えましょう。ご褒美はドライフード、トリーツ、面と向き合って撫でてあげる、おもしろいおもちゃ、一緒に遊ぶなど、あなたのペットが喜ぶものなら何でもよいです。ご褒美としてトリーツをあげる場合は、体重が増えすぎてしまうことがあるため注意が重要です。日中にトリーツをあげたら、それに応じて1日の給与量を調整しましょう。 

7/7

フレンチブルドッグのすべて 

出典
  1. Veterinary Centers of America https://vcahospitals.com/
  2. ロイヤルカナン犬の百科事典。2010年版、2020年版
  3. Banfield Pet Hospital https://www.banfield.com/
  4. ロイヤルカナンBHN製品ブック
  5. American Kennel Club https://www.akc.org/

このページを「いいね」および「シェア」する