犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
健康とウェルビーイング

愛犬の胃腸の問題の兆候を見つける

Adult Dachshund sitting on an examination table being checked over by a vet.
最近、食べ方や排便に関する犬の行動の変化に気づいたのであれば、それは胃腸の問題の兆候かもしれません。

犬の消化や排便、食べ方の変化に気付いた場合、獣医師に連れて行き、精密検査を受けさせることが重要です。ただし、具体的な胃腸の問題を示唆する兆候は他にもたくさんあります。

犬の消化に関連する行動を理解したり、排便や他の身体機能に関して何が「正常」であるかを理解することは有用です。そうすることで、何かおかしいことがあれば、すぐに気づくことができます。

犬の下痢と胃腸の問題

下痢は、消化系に問題があるときによくある症状です。特に大腸や小腸に問題があるときに発症します。犬はより頻繁に便意を催し、排便の回数も増えます。下痢のときの便は固体というより液体に近く、粘液性の便であることもあります。大腸の症状により、犬は下痢便を少量しか保持することができず、その結果、頻繁に排便することになります。また、コクシジウム原虫による寄生虫感染は、血液や粘液を含む下痢を引き起こす場合があります。

犬の便秘

便秘は、いくつかの潜在的な根本的原因によって引き起こされる、胃腸の問題の一般的症状です。固いもしくは乾いた便をします。そして、便通が少なくなります。また、排便しようとしたときに、力むことが増えるかもしれません。便秘は、腸内で力が加わったことによる「閉塞」によって引き起こされる可能性があるため、犬は閉塞便の周りに水っぽい便を通して排出することがあります。これが下痢のように見える場合があります。

Adult dog lying down on a leather sofa.

犬の嘔吐と吐出

犬の胃腸の問題の中には吐出や嘔吐を催すものがあり、これらは異なる原因によって引き起こされる別々の生理現象です。

吐出は嚥下直後に起こる受動的な活動であり、犬は未消化の固形物を吐き出します。また、飲み込む際に苦痛を示すこともあります。嘔吐は、吐き気や過流涎を伴う反射運動です。吐き出される食物や液体の一部は、胃酸で消化されている場合があります。これらの症状は大抵の場合、食道を経由した胃への食物の移動、および胃やそれよりも広範囲な胃腸系自体の消化器系の問題に関連しています。

犬の行動と外見

下痢や、便秘、嘔吐、吐出の他にも、胃腸の問題のサインとして行動上や外見上の変化が起こる場合があります。例えば、慢性的な消化器系の問題が生じると、必要な栄養素をすべて吸収することができなくなります。したがって大幅に体重が減少し、被毛が乾いて艶や強度を失います。

体重が減るにもかかわらず過度に食べる場合は、吸収不良の兆候の可能性があります。体に吸収されない栄養素を得るために食べ過ぎているのです。腹部の膨張や不快感を伴う食欲の変化は、小腸の問題を示している可能性があります。愛犬がこれらのような症状の多くを頻繁に呈し、しかも月を追うごとに頻度が増す場合は、炎症性腸疾患にかかっている可能性があります。

愛犬の食習慣やその他の生理機能を知ることは、消化器系の問題が発生した時にそのことを察知するための最初のステップです。嘔吐、便秘、下痢の兆候を見せるなど、犬の行動が大きく変化した場合、獣医師に相談し、最善の処置についてアドバイスを仰ぐことが大切です。

  • 胃腸の健康

このページをお気に入り&シェアする

関連記事
Adult Poodle lying down on a sofa licking its lips.

犬の胃腸系を健康にするにはどうすれば良いですか?

Adult Golden Retriever standing outdoors eating from a red bowl.

愛犬の食事と胃腸の健康

Adult Nova Scotia Duck Tolling Retriever lying down indoors on a rug.

愛犬が便秘を患っていますか?

獣医師を探す

愛犬の健康に不安がある場合は、獣医師に相談して専門的なアドバイスを受けてください。

周辺検索
Content Block With Text And Image 1
Cookie Settings