犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
健康とウェルビーイング

愛犬の尿の健康と食事について理解する

Adult dog standing outside eating from a red bowl.
尿の健康を良好に保ち、愛犬が不快感や苦痛を感じることがないようにする上で、フードは大きな役割を果たします。

尿の問題は、体質や、ライフスタイル、細菌感染などの組み合わせによりどの年齢の犬にも起こり得るものです。尿の健康を良好に保つうえでフードは大きな役割を果たしており、潜在的な問題を回避するための補助として役立てることができます。

愛犬の尿の健康はなぜ重要なのですか?

泌尿器系が健康であることは、愛犬の体内が正常に機能するうえで非常に重要です。泌尿器系は老廃物の処理と排出を行うため、それが正常に行えないと体内に化学物質が蓄積して愛犬のウェルビーイングに悪影響を及ぼします。

泌尿器系の問題にはどのようなものがありますか?

人間と同様に、犬もしばしば尿路結石を形成します。犬の尿中の特定の化学物質やミネラルの濃度が高くなり過ぎたときに起こります。体はこれを完全に処理または除去することができません。そして、ミネラルが蓄積され、結晶が形成されます。これが犬の泌尿器系の一部を刺激したり、炎症を起こしたり、ブロックしたりします。犬は、結石が腎臓よりも膀胱によくできます(人間は腎臓にできる場合が多い)。

結石は次のようなさまざまな化学物質によって形成されます。ストルバイト、シュウ酸カルシウム、尿酸塩、シスチン。これらは異なるpH値の尿中に発生します。犬はもともと酸性の尿をしますが、特定の食物により、結石ができやすいアルカリ性の環境が作られる可能性があります。

犬は、泌尿器系の細菌感染症を患う可能性もあります。

Adult Jack Russell standing outside eating from a cream and silver bowl.

泌尿器の問題を抱えるリスクが高いのはどのような犬でしょうか?

どの犬も尿の問題を抱える可能性はありますが、品種や種類によってはこれらにかかりやすい素因を持っていることがあります。小型犬は、飲水量が少なく排尿頻度も低いため、尿の問題を抱えるリスクが高まります。また、ダルメシアンとイングリッシュブルドッグは、尿の問題により体内のタンパク質代謝が影響を受け、泌尿器系に負担がかかるという固有の問題を抱えています。さらに、太り気味である場合には、シュウ酸カルシウム結石を患う可能性が高くなります。

愛犬の食事がどのように尿の健康をサポートするのでしょうか?

食事は、健康的な尿中環境を保つのに有益な役割を果たします。しかし、尿管閉塞や感染症を患っている場合には、外科手術や抗生物質で治療する必要があります。

尿の健康をサポートする栄養バランスに優れた食事は、尿のpHを適切に保ち、特定のミネラル沈着物の結晶化を防ぐのに役立ちます。また、マグネシウムやナトリウムなどのミネラルは犬の体内に蓄積される可能性があるため、それらのミネラル含有量が低いフードを与えることにより尿が飽和状態になることを防ぎ、結石が形成されにくい尿中環境を整えることができます。

愛犬にたっぷり水を与えて排尿を促すのは重要なことです。これによって一定の間隔で尿路系を浄化し、尿中のミネラル濃度を下げることができます。ドライフードに水を加えたり、水分の含有量の高い缶のフードを与えたりするのも一案です。また、愛犬がいつでも清潔で新鮮な水を飲めるようにしてください。

愛犬の排尿行動がいつもと違うことに気付いたら、必ず獣医師の診察を受け、全身の検査をしたうえで愛犬の尿の健康をサポートするための食事のアドバイスを受けてください。

  • 尿の健康

このページをお気に入り&シェアする

関連記事
Adult Great Dane standing in a garden drinking from a silver bowl.

犬の泌尿器系の問題はどのように治療したらよいですか?

Young dog lying down on a sofa.

犬の膀胱の病気

Ageing Golden Retriever lying down outdoors in grass.

犬の尿失禁

獣医師を探す

愛犬の健康に不安がある場合は、獣医師に相談して専門的なアドバイスを受けてください。

周辺検索
Jack Russel Terrier adult standing in black and white on a white background
Cookie Settings