犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
健康とウェルビーイング

犬の抜け毛の原因は何ですか?

Adult Irish Terrier lying down by a window being brushed.
犬の毛が一部分だけごっそりと、あるいは全身まんべんなく脱毛しているのに気づいた場合、獣医師に相談する前に、よくある原因を理解しておくことが大事です。

光沢があってぎっしりと生えた被毛は、犬が食事や環境、ライフスタイルから必要なものをすべて得ていることを示す良い指標です。そのため、愛犬の脱毛を見るのは辛い場合があり、その原因がわかりづらいこともあります。

犬の脱毛症状

脱毛の症状として、犬の毛が弱くなったり乾いたり、通常よりも抜け毛が増えたり、円形または不規則な形の脱毛が見えたりすることがあります。脱毛は特定の部位に集中する場合や、犬の全身に広がる場合があります。

犬の抜け毛の一般的な原因

犬の抜け毛の原因として極めて一般的なのが、ダニ、シラミ、ノミなどの寄生虫の侵入です。とくに、犬の首や尾の周りが脱毛している場合は、ノミのせいである可能性が高いでしょう。この小さな寄生虫は急速にはびこり、犬の皮膚を刺激する可能性があります。これは激しいかゆみやひっかきにつながり、抜け毛を引き起こす可能性があります。

湿疹やふけなどの皮膚症状が、最終的に脱毛につながることがあります。犬が不快さを感じたり、皮膚症状に悩まされたりすると、犬は自分自身をひっかいたり、舐めたりしてこれを軽減しようとします。時間が経つと皮膚の特定のエリアが弱くなり、被毛が抜けて、脱毛を生じる可能性があります。

Puppy Jack Russell standing indoors eating from a silver bowl.

犬の抜け毛は、健康な皮膚や毛の発育を支える栄養の不足が原因で起こる場合もあります。毛の主要素であるケラチンが正しく生成されるには、含硫アミノ酸が必要です。これらが不足すると、愛犬の毛の発育が遅れて傷みやすくなり、最終的には抜け毛が発生します。同様に、ビオチンは健康な肌や髪をサポートし、抜け毛などの症状を防止するための重要な栄養素です。

犬の抜け毛は、より複雑な問題の症状である可能性があります。とくに高齢の犬では、卵巣腫瘍や精巣腫瘍が局部的な抜け毛の原因となる可能性があります。腫瘍が、自然な性周期や健康な被毛の成長を妨げるホルモンを分泌するのです。犬によく見られる問題であるクッシング病も抜け毛を引き起こす可能性があります。腫瘍の発達によって犬の副腎でコルチゾールが過剰に生成され、結果として肥満や抜け毛、黒っぽい斑点、その他の行動上の症状が生じます。もうひとつの症状として、ホルモンの生成活動が低下する甲状腺機能低下症があります。この病気でも抜け毛が症状として発生することがあります。

抜け毛を防ぐ

クッシング病など、抜け毛を生じる複雑な原因の一部は、獣医師による治療と注意深い監視が必要です。ただし、ペットの抜け毛防止のために飼い主が家庭でできることもあります。

  • ノミとその卵に対する定期的かつ効果的な治療のための推奨ガイドラインに、必ず従いましょう。
  • 皮膚科学的に承認済みの犬用の特別なシャンプーを使用することで、かゆみを軽減し、結果的にひっかくのを防ぎます
  • ビオチンおよび品質と消化性に優れたタンパク質など、皮膚と毛の発達に役立つ栄養素が豊富なフードを与えましょう

抜け毛に気づいたら獣医師の元に連れて行き、入念な検査と適切な治療を受けることが重要です。また、犬の皮膚や被毛のケアについて獣医師からいつでも助言を受けることができます。

  • 健康的な皮膚と被毛

このページをお気に入り&シェアする

関連記事
Puppy Jack Russell sitting outdoors scratching itself.

犬がしょっちゅう体を掻くのはなぜですか?

Adult Golden Retriever standing indoors eating from a silver bowl.

犬の食事が皮膚に与える影響

Puppy Miniature Schnauzer running outdoors in a field.

犬の一般的な皮膚の症状

獣医師を探す

愛犬の健康に不安がある場合は、獣医師に相談して専門的なアドバイスを受けてください。

周辺検索
Jack Russel Terrier adult standing in black and white on a white background
Cookie Settings