犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
子犬

伝染性イヌ肝炎

Young Labrador Retriever lying down on an examination table in a vets office.
伝染性イヌ肝炎は、肝臓に影響を与える高感染性ウイルスによって引き起こされる非常に深刻な病気です。この病気は子犬や犬で、非常に早く進行する可能性があります。

伝染性イヌ肝炎とは何ですか?

伝染性イヌ肝炎は、肝臓に影響を与える高感染性ウイルスによって引き起こされる非常に深刻な病気です。世界中で見られます。

この病気は、子犬や犬で非常に早く進行する可能性があります。イヌ肝炎の犬の死亡率は10〜30%で、一般的に幼犬で最も高くなっています。

伝染性イヌ肝炎にかかるとどのような症状が出ますか?

伝染性イヌ肝炎にかかった子犬や犬は、さまざまな症状を示します。注目すべき症状は次の通りです。

  • 発熱
  • 無気力
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 肝臓肥大
  • 腹痛

より重症の伝染性イヌ肝炎の子犬や犬には、以下の症状が出ることもあります。

  • 皮膚のあざ
  • 皮膚に赤い発疹
  • リンパ節の腫れや肥大

伝染性イヌ肝炎の原因は何ですか?

伝染性イヌ肝炎は、感染した犬の血液、鼻汁、唾液、尿、または便を介して伝染します。

それは犬のコミュニティで長期間生存できるウイルスであり、酸やホルマリンだけでなく、エーテルなどの脂質溶媒にも耐性があるため、駆除するのは困難です。

子犬に伝染性イヌ肝炎のワクチン接種を受けさせることができますか?

伝染性イヌ肝炎は、適切なワクチン接種で予防することができます。したがって、適切な年齢で必要な接種を受けさせることが非常に重要です。獣医師に相談して、過ごす場所や行う活動に応じた、子犬のニーズに最も合うワクチン接種プログラムを選択できるようにしましょう。

子犬が伝染性イヌ肝炎にかかったと思う場合、どうすれば良いですか?

子犬が伝染性イヌ肝炎のいずれかの症状を示しているならば、すぐに獣医師に連絡することが重要です。獣医師は、血液検査や抗体検査、、免疫蛍光法などを実施し、子犬が感染しているかどうかを判断し、最善の治療方針を提案します。

伝染性イヌ肝炎や他の病気のワクチン接種することは、子犬が生涯を通して健康でいられるようにするための最も重要な予防策の一つです。このワクチンについてよくわからなかったり、子犬が必要とするワクチン接種について質問がある場合は、獣医師に相談してください。

  • 子犬期

このページをお気に入り&シェアする

子犬のためのテイラーメイドの栄養バランス

健康を保つことで、子犬本来の抵抗力の維持、健やかな成長、健康的な消化の維持をサポートする製品ラインアップ

子犬用製品
Content Block With Text And Image 1
関連記事
Puppy Jack Russell sitting on an examination table in a vets office.

犬のパルボウイルス

Young dog sitting on an examination table in a vets office.

イヌ パラインフルエンザウイルス

Young Dachshund standing on an examination table in a vets office.

犬のレプトスピラ症

Cookie Settings