犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
犬を飼う前に

家庭で飼いやすい犬の品種

Adult Dachshund lying down in a living room with people behind.
犬は家族にとって素晴らしい仲間となり得ます。しかし、家族の仲間として適した犬を選び、また、新しい子犬の到着に備えて子供たちに準備させることも重要です。

犬は素晴らしい友人となることができます。子供がいるご家庭の場合は、責任について学ばせる上でとても効果的な役割を果たすことができます。しかし、上手に家族に迎え入れるには、適した子犬を選び、到着に備えて子供に心の準備をさせ、子供と子犬両方の幸せと安全を確保することが大切です。

子供を教育する

子犬を飼い始めることは子供たちにとって非常にわくわくすることですが、ペットはおもちゃではないこと、そして家族の新しい仲間に注意を払ってあげる必要があることを理解させることが大切です。最初の対面は若い子犬では怖気づいてしまうこともあり、嫌な経験をしてしまうと、その後の生活にしばらく影響します。社交性と恐怖に対処する期間は4週間から長くて14週間まで続きます。この期間に起きたトラウマは、長期にわたる影響を及ぼす可能性があるため、子供が落ち着いて対応することができる静かでリラックスした環境を用意することが重要です。

このプロセスをサポートするために、以下を行うと良いでしょう。

  • 子供たちに床に座ってもらい、最初に子犬から子供たちの方へ来るようにさせます。
  • 子供が子犬を抱える時は、体を慎重に支えるよう新しいペットの取り扱い方を教えてあげます。最善の方法としては、片方の開いた手を子犬のお腹の下に置き、もう一方の手でお尻の方を支えます。
  • 子供が子犬を抱きしめるときは、きつく抱きしめすぎないように注意してあげてください。

あなたの子犬と子供たちの安全を確保する

一緒に成長するのに伴い、子犬と子供たちの両方の安全を保つのに役立つ多くのものがあります。子供に子犬の発育と安全のために自分たちも役割を果たさなければならないことを伝えることで、子供たちが自ら何らかの責任を持つことができます。

噛まれたり引掻かれたりすること避けるために、以下を子供に教えてください。

  • 子犬が寝ている時や食べている時に、邪魔をしないこと。
  • 子犬を直視しないこと。
  • 子犬をきつく抱きしめすぎないこと。
  • 子犬に食卓から食べ物を与えないこと。

10歳未満のお子様の場合は、1人きりで子犬と一緒にいないこと。子供と子犬が一緒に遊ぶ時には大人は常に付き添うこと。

Adult Beagle sitting down on a bed offering a paw to a child while father supervises.

子どもとの相性が良い犬の品種

犬の品種選びは、飼い主のライフスタイルなどのさまざまな要因に影響されます。一部の品種は、特定の性格や行動の特徴をもつことで知られています。子どもとの相性もこのような特徴のひとつであり、飼い主の意思決定プロセスに影響を与えるでしょう。しかし、犬ごとの気質もあるので、これを決定的な指針にすることはできません。

犬の品種は、小型、中型、大型、超大型と定義できますが、小型犬だからといって必ずしも世話がしやすいわけではありません。品種の一般的な気質、大きさ、エネルギー レベルを合わせて考慮することをおすすめします。アレルギーのある子供がいる場合、アレルギーを起こしにくい品種を探すこともできます。

ファミリー向けとして人気の高い犬種には、次のようなものがあります。

ゴールデン レトリバー:レトリバーは、自信にあふれ、賢くて優しく、忠実で忍耐強く、子供と遊ぶのが好きですが、たくさんの運動と屋外スペースを必要とします。

ラブラドール レトリバー:ゴールデン レトリバーはその優しい気質で知られており、何十年にもわたって高い人気を誇っています。体重増加を防ぐためにたくさんの運動が必要です。

ブルドッグ:元気すぎない犬を探している方には、忠実で穏やかで、家族に優しいブルドッグがおすすめです。

ビーグル:コンパニオン ドッグとして人気のあるビーグルは、フレンドリーで愛らしい性質で知られています。

ハバニーズ:ハバニーズは非常に愛情に満ちた、遊び好きで落ち着いた小型犬です。生まれつき子供に対してとても優しいことでも知られています。

プードル:プードルはアレルギーを起こしにくい品種で、大型のものと小型のものがあり、非常に賢い犬です。従順で飲み込みが早い傾向がありますが、頻繁なグルーミングが必要です。

犬はとても愛情に満ち、家庭に貢献をする存在であり、子どもにとって素晴らしい仲間になります。新しいペットのニーズと世話をする責任について、子どもを最初から教育しましょう。それによって、犬と子どもの両方にとって幸せで安全な環境をつくる機会が広がります。

  • 一般的なウェルビーイング
  • あなたにぴったりの犬ですか?

このページをお気に入り&シェアする

犬の品種についてもっと知る

すべての品種を見る
Dachshund puppy jumping in black and white on a white background
Cookie Settings