犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
健康とウェルビーイング

キャット フードを変えるためのガイド

Norwegian Forest Cat sitting in a kitchen eating from a feeding bowl
猫に新しいフードを紹介するのは、胃の調子が悪くならないようにゆっくりと行う必要があります。シンプルな7日間ガイドに従って、新しい食事に猫を安全かつ慎重に慣れさせてください。

なぜキャット フードを変更するのですか?

猫の食事の変更を決断しなければならないときもあります。食事を移行していく必要がある場合の理由には、次のようなものがあります。

  • 子猫は成猫用フードに移行する準備ができている
  • 猫の健康の要件が変わり、より専門的な食事が必要になった
  • ウェット フードまたはドライ フードに移行したい、または混合食プランに移行したい

今日では、猫の年齢、生理的状態、ライフスタイルに合わせたバランスのとれた完全なフードを、栄養不足のリスクなしに一生を通じて与えることができます。そのため、ペットオーナーは、キャットフード製品をいろいろと変えることが多くなるかもしれません。

猫のフードを慎重に変更することが重要なのはなぜですか?

初期にどんな種類のフードを与えるかは、子猫のその後の食物嗜好の形成に大きな影響を与えます。そのため、引き取り前に子猫にどのようなフードが与えられていたかを知ることが重要です。馴染みのあるフードがあれば、新しい環境にも適応しやすいでしょう。

同様に、猫のフードは一生の間に少しずつ変更していく必要があります。中には、新しい種類のフードを目の前にすると警戒する猫もいます。この回避行動は、ネオフィリアと呼ばれます。この行動は、有毒または汚染された食物を摂取しないようにする一種の防衛であると考えられています。これが、新しいタイプのフードを段階的に導入することで潜在的なストレス要素を減らし、新しいフードを嫌わないようにした方が良い理由です。

猫のフードの変え方

新しいフードを与えるときは、少なくとも1週間かけて徐々に変えていくことをおすすめします。これにより胃の不調、新しいものへの恐怖感、その他の不安を回避できるでしょう。

新しい食事を少ない割合から始めて、猫が新しいフードに完全に移行できるまで割合を徐々に増やしていきます。

1、2日目 - 以前のフード75% + 新しいフード25%
3、4日目 - 以前のフード50% + 新しいフード50%
5、6日目 - 以前のフード25% + 新しいフード75%
7日目 - 新しいフード100%

猫の規則正しい給与習慣を維持することは重要です。同じ時間に同じ環境で食事させることにより、変化を最小限に抑えられ、新しい食事への移行も猫に負担をかけずに無理なく行なえます。

愛猫を見守っていましょう

新しいフードに完全に移行したら、愛猫の行動を注意してみてみましょう。これは、猫がこの変化にどれだけよく対応しているかを知るのに役立ちます。優れた食事の効果は、猫の外観、体重、糞の質に現れます。

  • 胃腸の健康
  • 一般的なウェルビーイング

このページをお気に入り&シェアする

関連記事
British Shorthair cat lying down on a white rug next to a feeding bowl

ウェット フードかドライ フードか - 猫にどんなフードを与えるべきか

Adult cat sitting down outside in a garden next to a silver bowl.

口臭や食欲不振など猫の不調は胃腸の病気が原因かも

Adult cat sitting down indoors on a wooden floor eating from a red bowl.

意外と難しい栄養管理。猫の消化に良いフード選びとは