健康的に愛猫の体重を増やす方法

Adult cat sitting down indoors eating from a silver bowl.
心的外傷、外科手術、病気などの後に猫の体重を安全かつ健康的に増やすにはどうしたら良いでしょうか。ここにいくつかヒントを挙げます。

外科手術、病気、その他の困難な事態の後、愛猫は理想的な体重を下回っているかもしれません。適正な体重に戻すことは、猫のウェルビーイングにとって、また臓器が重要な機能を果たすために不可欠です。そのためには、食事と給与ルーチンを適切に組み合わせることが必要です。

猫の理想的な体重

体重を増やすための食事を始める前に愛猫の理想的な体重を知っておくことは重要です。知らないと、知らない間に猫に食事を与え過ぎて、太り過ぎにしてしまうかもしれません。太り過ぎは健康上のさまざまな問題を招きます。獣医師に相談し、愛猫の理想的な体重、および体重増加のスケジュールについてアドバイスを受けてください。

体重増加期間中の猫の消化を管理する

愛猫が病気のために体重が減った場合は、体重増加期間中、消化器系に負荷をかけすぎないことが重要です。猫の消化は人間の消化よりも繊細で、さまざまな食事に対応することができません。いろんな食物を与えすぎると消化不良を起こすこともあるし、体重の減少につながることさえあります。

猫の器官が健康な状態を保つように、体重増加を求める場合であっても食事の栄養素を適切なバランスに保つことも重要です。例えば、エネルギー密度の高い脂肪は猫が体重を増やすのに役立ちますが、下痢を引き起こす可能性もあります。同様に、細胞の成長に必要なタンパク質は、器官への負荷を軽減するために、高品質で消化しやすいものでなくてはいけません。

Adult cat eating from a metal bowl at home

体重を増加させるための猫の食事

愛猫が体重を増やせるようサポートする場合、現在食べているフードの量をただ増やすというのはおすすめできません。多めのフードを食べられるだけの消化機能が備わっていないかもしれませんし、食欲がなくまったく食べない可能性もあります。フードの量を増やしたからといって、体重を増加させる必要がある猫や、病み上がりの猫が必要とする特定の栄養素をバランス良く供給できるとは限りません。例えば、フードの量を増やす代わりに、プロバイオティクスが配合された特定の食事を与えたりすることで、腸内のミクロフローラのバランスが整えられ胃腸の健康を取り戻せる場合もあります。

愛猫の体重を増加させるためには、エネルギー密度の高いフードを与えてください。それにより、少量の食事からでも必要な栄養素をすべて摂ることができます。また、食欲を刺激して愛猫がモリモリ食べたくなるような、非常に口当たりが良く楽に食べられ、キブル(粒)の大きさが適切かあるいは柔らかい食感のフードを与えてください。

愛猫の体重増加をサポートするためのフードの与え方

コンスタントにフードを食べて体重が増加するようサポートするには、食事中に愛猫がストレスを感じることなく快適に食べられる環境を整えてあげることが重要です。次に挙げるヒントをぜひ参考にしてください。

  • 一日に通常与える量のフードを数回に分けて与える
  • フードを温めて香りを漂わせ、食欲を促進させる
  • 愛猫がストレスを感じないよう、食べている間はじろじろ見ない
  • お気に入りのボウルなど愛猫が好むものを使用し、簡単に食べられる場所に置く
  • 野生の猫と同様に、食べる場所と、トイレ、水飲み場、遊ぶ場所は別々にする
  • 食欲増進剤の投与について獣医師に相談する

獣医師は、あなたの猫が適切に体重を増やして健康的なライフスタイルを維持するための最良の方法について、アドバイスをしてくれるはずです。何がベストか分からない場合は、必ず診療の予約を取りましょう。

  • 適正な体重
関連記事
Adult Russian running outside on long grass.

適切な食事と運動を解説。猫のダイエット方法

Ginger cat lying on the floor playing with a cat toy

運動と食事管理で始める猫のダイエット方法

Adult Scottish Straight sitting on an examination table being checked over by a vet.

飼い猫が肥満気味。知っておきたいリスクと改善方法