犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
健康とウェルビーイング

ウェット フードかドライ フードか - 猫にどんなフードを与えるべきか

British Shorthair cat lying down on a white rug next to a feeding bowl

猫に与える食事について考えるとき、多くの人はウェット フードとドライ フードのどちらがよいかと考えます。最適なキャット フードとは栄養価が高いだけでなく、飼い主にとって管理しやすく、猫が食べたいと思うものです。

理想的には、これは潜在的な健康問題を減らすのにも役立つものであるべきです。ウェット フードはこれらのニーズの一部をかなえる素晴らしい方法ですが、猫用ドライ フードは違った面で優れたものです。ウェット フードは猫の水の摂取量を増やすのに役立ちますが、ドライ フードは猫の歯の健康維持に役立ちます。ウェット フードの香りは好き嫌いの多いペットを魅了しやすく、一方ドライ フードは一日中ボウルの中に入れておいても、品質が維持されます。ウェット フードとドライ フードには異なる利点があるため、両方を与える(ただし、ボウルは別々)ことを検討するとよいでしょう。

猫用ドライフードの利点

猫用ドライフードの利点の1つは、猫に簡単に与えられて保存もしやすいことです。一日中ボウルに入れっぱなしにしても傷みません。そのため、猫は頻繁に少量ずつ食べることができるため、健康的なの食生活をサポートするのに理想的です。ドライフードを適切に配合することで、キブル(粒)の研磨作用により猫の歯石をコントロールするため、歯の健康改善にも効果があります。

猫用ウェット フードの利点

多くの猫は、飲み水だけで十分な水分補給ができず、フードで必要な量を補っています。猫用ウェット フードの主な利点は、猫に追加で水分を供給して適切な水分が得られるようにするだけでなく、腎臓や尿路などの病気にかかりにくくなることです。

ウェット フードには、ドライ フードよりも豊かな香りがあるという利点もあります。猫は味覚よりも嗅覚に大きく依存しているため、これはとても重要なことです。人間の舌には猫の舌の約20倍の味蕾があるのに対し、猫の嗅覚は通常、人間よりもはるかに優れています。

Bengal cat indoors eating from a feeding bowl

混合食の利点

猫は、少し多様性のある食事に敏感に反応します。だからと言って、食事ごとに違うものを与えたり、月に一度食事を完全に変更したりする必要はありません。ここでお伝えしたいのは、ウェット フードとドライ フードを混合した食事を与えることで、好き嫌いの問題を減すことができるということです。食感に関しても、猫によって好みが異なります。混合食を使用することで両方の食感を体験できるので、猫はその中に好みの食感を見つけることができます。

さまざまな種類の食事を与えることは、猫の自然な飲食行動を尊重することにつながります。猫は1日を通していろいろな食事を少量ずつ食べることを好みます。猫にバリエーション豊かな食事を提供するために、1日中ウェットフードとドライフードを別々のボウルに入れて提供してください。

混合食を導入する方法

混合食は、交互に与えたり、組み合わせて与えたりできます。混合食の方法は、猫の好みによって変えます。混合食は、胃の不調を防ぐために、少なくとも1週間かけて徐々に慣らしていく必要があります。猫の食事を新しいものに移行していく最善の方法については、ここをお読みください

  • 一般的なウェルビーイング
  • 胃腸の健康

このページをお気に入り&シェアする

関連記事
Norwegian Forest Cat sitting in a kitchen eating from a feeding bowl

キャット フードを変えるためのガイド

Adult cat sitting down outside in a garden next to a silver bowl.

口臭や食欲不振など猫の不調は胃腸の病気が原因かも

Adult cat sitting down indoors on a wooden floor eating from a red bowl.

意外と難しい栄養管理。猫の消化に良いフード選びとは