犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
子猫

オス猫を去勢すべきですか?

Young cat lying down on a grey blanket with a cone on.
去勢手術とは何か、それがあなたと子猫にもたらす利点、術後の子猫の行動に与える影響について学びましょう。

子猫の去勢は、愛猫と家にたくさんの利益をもたらす一般的な手順です。しかし、これは急いで決めるべきことではありません。将来、愛猫に子猫を産ませることに興味があるなら、なおさらです。

去勢とは何ですか?

去勢は、オス猫の不妊手術に使用される用語です。メス猫では、避妊と呼ばれます。

去勢はどのように行うのでしょうか?

猫の性ホルモンを除去することによって行います。オス猫の場合、精巣が取り除かれるため、メス猫の卵子を受精させる精子が産生されなくなり、したがって繁殖することができなくなります。手術は獣医師または資格のある他の専門家によって行われます。

子猫の去勢手術に最適な時期はいつですか?

理想的には、思春期前後に行うのが良いでしょう。オス猫では、6〜12か月齢がこの時期に当たります。オス猫はこの時期に性的に成熟する傾向があるため、7〜12か月齢で相手を探し始めます。去勢手術は3か月齢から行うことができます。愛猫にとっての最適なタイミングについては、獣医師がアドバイスをしてくれるでしょう。

子猫を去勢すべきなのはなぜですか?

子猫を去勢することの主な利点としては、寿命が伸びることが挙げられます。また、おとなしくなるため、室内飼育の場合、これも利点となり得ます。望まない子猫が生まれないようにすることができます。いらない子猫が生まれると、もらってくれる家を見つけたりすることが難しい場合があります。また、異性と接触しようとする意欲が減るため、愛猫が性感染症にかかったり、うつしたりする可能性が少なくなります。けんかする意欲も同じように減るため、静かで平和な家庭環境を作れます。

子猫の食事はどのように変わりますか?

去勢後、子猫の栄養ニーズは変化します。エネルギー必要量は30%減少しますが、食欲は20〜25%増加します。子猫はまだ成長しており、健康な筋肉を発達させ体重を増やすためにエネルギーを必要としているので、不必要な脂肪を加えずに必要な栄養を満たすフードを与えることが重要です。避妊・去勢手術をされた猫用に作られたフードがおすすめです。

去勢手術によって併発する症状にはどのようなものがありますか?

オス猫は、去勢された後に肥満になるリスクが高く、これはさらに長期的な健康問題につながる可能性があります。これには、関節疾患や糖尿病、そして、肥満になった猫が十分な水を飲まないことから生じる泌尿器系の問題などがあります。子猫の去勢を決断した場合、子猫の行動を注意深く見守り、体重管理に役立つように子猫をよく遊ばせてください。

去勢は愛猫と自宅の環境にとって有益な処置となる場合があります。詳しい情報を得るには獣医師に相談しましょう。飼い主と猫にとって、去勢が正しいことであるか決めるのを手伝ってくれます。

  • 持続的な成長

このページをお気に入り&シェアする

子猫のためのテイラーメイドの栄養バランス

健康を維持することで子猫が生まれながらに持つ自然な抵抗力を保ち、健康的な成長および消化器系の発達をサポートする栄養バランスの製品です。

子猫用製品
Content Block With Text And Image 1
関連記事
Adult cat lying down on owners knee while being groomed with a red brush.

子猫の普段のお手入れ

Adult cat sitting outdoors in long grass.

子猫はいつ成猫になるのでしょうか

Two kitten cats one lying down one standing up playing with each other indoors with a brown dog lying down behind.

子猫のトレーニング

Cookie Settings