犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
子猫

子猫の普段のお手入れ

Adult cat lying down on owners knee while being groomed with a red brush.
ブラッシング、爪や口のケアなどのお手入れは飼い主さんがサポートしてあげる必要があります。普段のお手入れは愛猫の健康で快適な生活を維持する基本です。体の状態に異変があったときにも気づくこともできます。
 

毎日~週数回

ブラッシング

定期的にブラッシングすることで、ノミやダニなどの寄生虫をチェックすることができ、またヘアボール(毛玉)を吐くことの予防になります。
 
まずはブラシやくしをかけられることに慣れさせるため、優しく行うことを心がけましょう。
被毛の流れにそってブラッシングした後に、反対方向にくしをかけ、抜けた被毛や絡んだ毛を取り除きます。
被毛が強く絡まっている場合には、強く引っ張ったりせず、丁寧に取ってあげましょう。
子猫がブラッシングされることを好きになるように、グルーミングが終わったらご褒美におやつを与えるのもおすすめです。

ショートヘアー:週1回はブラッシングしてあげましょう。柔らかいブラシを使い、被毛を傷つけないようにしましょう。
ミディアム / ロングヘアー: 毎日こまめにブラッシングして、毛の絡みや汚れがつくのを防ぎましょう。目の粗い金属製のくしがおすすめですが、くしはブラシより深く被毛に入り、皮膚を傷つける恐れがあるため丁寧に行いましょう。

時々必要

爪のケア

猫は本来、自分の縄張りを示すためにひっかき傷を残します。ひっかき傷を防ぐためには、こまめに爪を切ってあげる必要があります。爪切りは正しく行えば痛みはありませんが、猫が嫌がる場合もあります。早い時期から爪切りに慣れさせましょう。爪切りはギロチン型がおすすめです。ただし、必ず獣医師の指導のもとに行いましょう。

  • 人も猫も楽な姿勢で行う:子猫を膝の上に置き、ふとももの間で支えるようにしましょう。爪切りの合間にはおなかをなでて、子猫を安心させてあげましょう。
  • 血管から十分に離して切る:爪の付け根にあるピンク色の血管部分から十分に離して、爪の先端の白い部分を切り取ります。血管部分を切り取ると、痛みや出血の原因になりますので注意しましょう。一気に行わず、少しずつゆっくりと切っていきましょう。
  • 不安な時は獣医師に相談する:正しく行うために、どの部分をカットしたら良いのかなど爪切りを始める前にかかりつけの獣医師に教えてもらいましょう。

子猫の爪から健康状態を見ることもできます。爪が硬すぎたり柔らかすぎたりする場合は、栄養不良や細菌感染の可能性もあるので、もし当てはまった場合にはかかりつけの獣医師に相談しましょう。

顔のケア

  • 目:一部の猫には、涙やけによって目の下に跡が残ることがあります。目薬に浸した医療用ガーゼを使い、目頭から目尻に向かって拭き取って、きれいにしてあげましょう。
  • 鼻:健康な子猫の鼻は常に湿っていてきれいです。鼻水が出ていたり汚れがついていたりしたら、ぬるま湯に浸したガーゼやティッシュで拭き取ってあげましょう。
  • 耳:汚れていたら、ぬるま湯や猫用イヤークリーナーに浸した後に絞ったガーゼかティッシュで、目に見える範囲の汚れを拭きましょう。あまりにも汚れていたり、耳の奥の掃除が必要だったりする場合には、かかりつけの獣医師に相談しましょう。

口のケア

子猫の乳歯は2~6週齢で生え始めます。口の中の健康状態が悪いと、歯肉の炎症を起こし歯が抜けたり、口臭がひどくなったりするため、口の中を清潔に保ってあげましょう。

  • 歯磨き:子猫を歯磨きに慣れさせるために、幼い時期から始め、習慣的に続けましょう。口の中に手を入れても嫌がらないようにするためには、子猫のころから根気よく続けることが大切です。猫専用の歯ブラシと歯磨きを使いましょう。ブラシを嫌がる場合は、指先にガーゼを巻いてこすっても良いでしょう。どうしても歯磨きを嫌がる場合は、猫用のデンタルガムを 噛ませるだけでも効果があります。
  • 歯石の蓄積を防ぐ:噛むことで歯垢の蓄積を防ぎ、歯石形成を防ぐドライフードを選びましょう。
子猫の口の健康状態に関する質問がある、ケアの仕方がわからない、などの場合には、かかりつけの獣医師に相談すればアドバイスをもらえます。
Adult Maine Coon sitting in a bath being washed with a shower head.

猫にあったペースで

お風呂に入れる
 
一般的に猫は水を嫌がりますが、入浴はグルーミングや衛生管理に有効です。早い時期から慣れさせれば、成猫になってからも入浴させることも可能です。猫用シャンプーはpH値が猫の皮膚や被毛に合わせた猫用を使いましょう(人用シャンプーは使用してはいけません)。
 
1. 猫を水に慣れさせます。
2. スポンジで体を湿らせることから始めます。子猫が嫌がった場合は無理せずに中止し、数日後に再び行いましょう。これを猫が水を受け入れるようになるまで続けましょう。 
3. 被毛を丁寧に優しく洗います。
4. 36~37℃のお湯を浴槽の底に溜め、子猫を優しく置きます。
5. 優しい言葉をかけながら、なでることで安心させましょう。 
6. 目や耳に水が入らないように注意しながら、猫の背中から優しく水を掛けてシャンプーを洗い流します。
7. 清潔なタオルで子猫をくるみ、水分をしっかり取ります。もし、ヘアードライヤーを使って被毛を乾かす場合は、子猫から十分に距離を離し、やけどに注意しながら使いましょう。 ドライヤーをいやがる猫には、ペーパータオルでそっと体をおさえて水気を取りましょう。

毎日のお手入れをしてあげることは、愛猫との絆を築く素晴らしいコミュニケーションです。また、猫の皮膚、目、耳、歯、被毛の状態を知ることにも役立ち、異常がある時に気付くことができます。突発的な変化や異常に気づいた場合には、獣医師に相談しましょう。

  • 子猫
  • 離乳期
  • 急激な成長
  • 持続的な成長

このページをお気に入り&シェアする

子猫のためのテイラーメイドの栄養バランス

健康を維持することで子猫が生まれながらに持つ自然な抵抗力を保ち、健康的な成長および消化器系の発達をサポートする栄養バランスの製品です。

子猫用製品
Content Block With Text And Image 1
関連記事
Kitten cats walking outdoors in long grass.

子猫の成長における5つの重要な節目

Adult cat sitting outdoors in long grass.

子猫はいつ成猫になるのでしょうか

Adult cat running outdoors on gravel.

子猫の体型を維持する方法

Cookie Settings