犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。

子猫によくある病気の症状 

子猫によく起こる健康の問題とその初期徴候の見つけ方を知っていると、安心できるとともに、より適切に対応できるでしょう。

Kitten lying down under a grey blanket

よくある子猫の健康上の問題

最初の1年間は、子猫にさまざまな病気や健康上の問題が発生しやすい時期です。どのような状態が正常で、何が深刻な問題の徴候なのかを新しいペットオーナーが知ることは、なかなか難しいことです。子猫の健康に関して重要なことは次のとおりです。

Sacred Birman kitten sitting indoors next to a white bowl

子猫の行動に変化がありましたか?

ペットオーナーができることで最も重要なことの1つは、子猫の行動を注意深く見守ることです。いつもと様子が極端に異なるときは、どこかに異常があるというサインかもしれません。攻撃的、落ち着きがない、隠れがち、よく鳴く、食欲不振など、いつもと違うことがないか注意して見てください。子猫がいつもと違うと思ったときは、獣医師に連絡することをお勧めします。

Tabby kitten sleeping on a sofa

子猫の健康上の問題 – その他の典型的な症状

常に子猫の身体の状態に注意を払っておくと、変化にも気付きやすくなります。以下に注目すべきポイントを示します。

1. 耳、目、口、鼻

子猫の耳から液が漏れていたり、引っかき傷はありませんか?目が曇っていたり、涙が多かったりしませんか?鼻が乾いている、鼻水が多い、くしゃみが多いなどの症状はありませんか?鼻の乾き、鼻水、くしゃみがある場合は、子猫の鼻を検査しましょう。

2. 呼吸器系

咳やくしゃみ、喘鳴はありますか?

3. 皮膚と被毛

艶がない、脆い、脂っぽい、はげているなどの症状がありますか?

4. 体重と食欲喪失

子猫が痩せてきたり、急に体重が増えたりしましたか?食べ物に無関心だったり、食べるのをやめたりしましたか?

5. 消化器系

嘔吐、下痢、便秘、または過度ののどの渇きがありますか?

6. 泌尿器系

より頻繁に排尿していますか?色は違いますか?

子猫の健康を理解する

子猫の習慣と行動を理解することは重要です。理解しておくことで、何かがおかしい場合にすぐにその徴候を察知することができます。子猫のワクチン接種や追加接種について、いくつかの重要な節目を理解することも大切です。

詳しい記事はこちら
Norwegian Forest Cat kittens sat together in black and white