犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。

子猫の健康をケアする

子猫の生涯における初期の数か月は、目まぐるしいスピードで成長、発育する時期です。この重要な時期に子猫の健康を適切にケアすることによって、愛猫とペットオーナーが共に健康的に歩む未来の礎を作ることができるでしょう。

Norwegian Forest Cat kittens sat together in black and white

子猫の健康を維持するための7つのヒント

子猫が健康かつ幸せに暮らすためにペットオーナーが簡単に取り組めることはたくさんあります。ロイヤルカナンの獣医師と栄養学の専門家からの重要なヒントをいくつかご紹介します。

1.子猫の体調が優れないときに気が付いてあげられるように、子猫の身体が発するサインを感じ取れるよう努めましょう。何かおかしいと感じたら、すぐ獣医師に相談してください。

2.子猫がバランスのとれた子猫用の食事をとり、適切な栄養を摂取できるようにしてください。

3.子猫にはたくさんの睡眠が必要ですので、快適で静かな場所で眠れるようにしてあげましょう。

4.眠っている間は子猫を起こさないようにしてください

5.子猫には運動したり、誰かと遊んだりすることが必要です。そのため、一緒に遊ぶ時間を作りましょう。

6.いろいろな人と定期的に交流を持つことで、子猫は人を怖がらないようになります。

7.獣医師が推奨するワクチン接種のスケジュールに沿って、きちんとワクチンの接種を行ってください。

テイラーメイドの栄養バランスで子猫の免疫を発達させる

子猫の長期的な健康および心身共に健やかな発育のために、生後数か月の間にしっかりと免疫系を発達させることが重要です。ロイヤルカナンでは、長期にわたる健康的な成長をサポートするために科学的根拠に基づいた開発を行っています。

KHECB3

子猫のワクチン接種

ワクチン接種は子猫に先天的に備わっている防御機構を強化し、さまざまな伝染性の病気や、場合によっては致命的になりうる病気から子猫を守るために不可欠です。

推奨されている子猫のワクチン接種は、次の病気から子猫を守ってくれます。

  • 猫白血病 – 免疫系を弱め、感染症に対して極めて脆弱になります。
  • 猫カリシウイルス(FCV) – 伝染性が高く、呼吸器感染症の主な原因となります。この病気は感染した猫の目や鼻に直接触れたり、カリシウイルスが繁殖してしまったボウルやおもちゃなどに接触することで伝染します。
  • 猫汎白血球減少ウイルス(FPV) – 嘔吐を引き起こし、致命的になりやすいウイルス性疾患です。下痢を併発することもありますが、しない場合もあります。
  • ネコヘルペスウイルス(FHV-1) – 猫のインフルエンザと目の病気の主な原因です。
  • 狂犬病ウイルス(RV) – 感染した動物の唾液から感染します。ウイルスが咬み傷から体内に侵入する可能性があります。

子猫が必要なワクチン接種はこれだけではありません。どのワクチンを接種したらよいかは、獣医師にアドバイスしてもらいましょう。

子猫が適切な年齢で適切なワクチン接種を受け、成長過程において心身共に健やかな発育をできるようサポートすることが極めて重要です。獣医師は子猫が直面するリスクを診断することで、個々の猫とそのニーズに応じた詳細なワクチン接種のスケジュールを作成してくれるでしょう。

子猫が最初に受けるワクチン接種の理想的な時期は、6~9週齢の間です。子猫を家に連れて帰る前に、最初のワクチン接種をすでに受けているかもしれません。ペットショップやブリーダー等、子猫をそれまでお世話していた人に確認しましょう。

子猫のワクチン接種は、所定のタイミングで追加接種を受けることで最も効果的になります。成猫期を通して免疫を維持するために、ワクチン接種は個々の状況とワクチンの種類に応じて1〜3年に1回行います。

ワクチン接種を受けた子猫には、以下のような症状が一時的に見られることがあります。

  • 微熱。
  • フードや遊びへの無関心
  • 注射した箇所の不快感または腫れ
  • 軽度のくしゃみや咳。

これらの症状が1、2日以上続く場合は、獣医師に連絡する必要があります。

また、以下に記載しているような副作用が子猫に見られる場合は、すぐに獣医師に連絡してください。 

  • 嘔吐と下痢
  • 皮膚のかゆみ
  • 顔、首、口の周りの腫れ
  • 呼吸困難や激しい咳

子猫の寄生虫駆除と避妊・去勢手術

子猫は避妊・去勢手術の施術後、通常食欲が増すにも関わらず活動量が減るため、体重が増えやすくなります。子猫が太り気味になって健康問題が起きないように、食事を調整することが重要です。こちらについても、獣医師のアドバイスをうけると良いでしょう。

適切な栄養摂取は、子猫の健康を維持するのに役立ちます

子猫の健康に最も影響を与える重要な要素の1つは食事です。子猫や成猫は、年齢によって必要な栄養が異なります。そのため、月齢や個々の栄養ニーズに合った適切な栄養素を子猫に与えることは、骨の強度、皮膚や被毛の健康、健康的な消化活動などを維持するうえで大きな役割を果たします。

British Shorthair kitten standing in black and white on a white background

子猫の年齢別の栄養

子猫は4週齢から8週齢ほどで、母乳のみの食事からの移行が可能となり、離乳できるようになります。新しい食感に徐々に慣れさせるために、ドライフードは水や離乳食と1:3の比率で混ぜて与えるとよいでしょう。子猫の消化器系はまだあまり発達しきっていないため、このライフステージ特有の栄養ニーズを満たした、消化しやすいフードが必要です。

子猫はまだ一部の栄養素をうまく消化できないため、消化能力に合わせたフードが必要になります。成長、発育、健康の維持に必要な栄養素とエネルギーを確実に摂取できるようなフードを選択することが重要です。

子猫の消化器系と免疫系はだんだん強くなってきていますが、依然として未成熟です。成長のスピードと必要なエネルギーの量は低下し始めているものの、子猫の成長のために特別に調合されたフードがまだ必要です。

生後12ヵ月ごろに子猫の体重が成猫の体重に近づくにつれて、成猫用フードを成猫向けの分量で食べる必要が出てきます。具体的な栄養ニーズは、猫の大きさの他に、活動レベルや避妊・去勢されているかなどの要因によって異なります。適切なタイミングで成猫用フードに切り替えられるよう、獣医師からアドバイスを受けることをおすすめします。

子猫の食事

子猫の栄養ニーズと健康的な食習慣を作る方法について、理解を深めましょう。

食事についての記事はこちら
Sacred Birman kitten in black and white eating from a white dish

子猫用のテイラーメイドの栄養バランス

さまざまな年齢、品種、ライフスタイルの子猫の具体的な栄養ニーズに合わせて作られたテイラーメイドの栄養バランス。

KHECB9