合計1万名様に子猫フードサンプルをプレゼント中!

応募はこちら

子猫用のテイラーメイドの栄養バランス

子猫の生涯における初期の数か月は、目まぐるしいスピードで成長、発育する時期です。この重要な時期に子猫の健康を適切にケアすることによって、愛猫とペットオーナーが共に健康的に歩む未来の礎を作ることができるでしょう。

子猫の健康を維持するための7つのヒント

子猫が健康かつ幸せに暮らすためにペットオーナーが簡単に取り組めることはたくさんあります。ロイヤルカナンの獣医師と栄養学の専門家からの重要なヒントをいくつかご紹介します。
1.子猫の体調が優れないときに気が付いてあげられるように、子猫の身体が発するサインを感じ取れるよう努めましょう。何かおかしいと感じたら、すぐ獣医師に相談してください。

2.子猫がバランスのとれた子猫用の食事をとり、適切な栄養を摂取できるようにしてください。

3.子猫にはたくさんの睡眠が必要ですので、快適で静かな場所で眠れるようにしてあげましょう。
4.眠っている間は子猫を起こさないようにしてください

5.子猫には運動したり、誰かと遊んだりすることが必要です。そのため、一緒に遊ぶ時間を作りましょう。

6.いろいろな人と定期的に交流を持つことで、子猫は人を怖がらないようになります。

7.獣医師が推奨するワクチン接種のスケジュールに沿って、きちんとワクチンの接種を行ってください。

テイラーメイドの栄養バランスで子猫の免疫を発達させる

子猫の長期的な健康および心身共に健やかな発育のために、生後数か月の間にしっかりと免疫系を発達させることが重要です。ロイヤルカナンでは、長期にわたる健康的な成長をサポートするために科学的根拠に基づいた開発を行っています。

子猫にとって初めての動物病院

子猫を家に迎え入れたら、数日中に獣医師に連れて行くことが重要です。獣医師はその際にワクチン接種や寄生虫の駆除など、いくつかの重要な検査と処置を行います。また、動物病院への来院は子猫の健康に関する知識やお世話方法について学ぶ絶好のチャンスです。以下のボタンから「子猫が初めて病院に行くときの準備」についての記事をお読み頂けますが、併せて「猫の病院選びのポイント」もお読み頂くと良いでしょう。

動物病院の行き方はこちら

子猫のワクチン接種

子猫の寄生虫駆除と避妊・去勢手術

1/3

子猫の寄生虫予防

子猫の免疫系はまだ完全に発達していませんので、成猫に比べて寄生虫に感染しやすい傾向があります。ここでいう子猫の寄生虫は内部寄生虫で、子猫や猫によく見られるのは以下の2種類です。

  • 回虫は子猫の小腸に寄生して嘔吐を引き起こしたり、たくさんの虫が塊状にもつれて腸が詰まったりする原因となります。   
  • 条虫は腸の壁に付着して、膨満感(ガスがたまってお腹が膨れる)や下痢を引き起こし、時に子猫の被毛を傷つけます。
2/3

寄生虫の症状にはどのようなものがありますか?

子猫に寄生虫がいることを示す症状には、吐き気、下痢、腹部の膨満、体重の減少、毛質の低下、衰弱、無気力、お尻の痛み、嘔吐、血便などがあります。子猫に肺線虫がいる場合、咳、喘鳴、息切れなどの症状も出ることがあります。
3/3

子猫の寄生虫駆除

最初のワクチン接種プログラムの一環として、子猫は定期的に寄生虫の駆除を受ける必要があります。かかりつけの獣医師は、猫が屋外に行くかどうか、また他の猫と接触があるかどうかなどの愛猫のライフスタイルに基づいて、行うべき寄生虫の駆除を勧めてくれます。
1/4

子猫には避妊・去勢手術が必要ですか?

メス猫では避妊手術オス猫では去勢手術といいます。両者とも卵子または精子の形成を停止させて、繁殖をできないようにします。小規模な手術が必要となりますが、必ず完全に麻酔が効いた状態で獣医師が行います。

Tabby kitten being examined by a vet
2/4

子猫の去勢・避妊手術の様々なメリット

子猫に避妊・去勢手術をすると望まない子猫が生まれなくなるだけでなく、健康面と行動面での利点もあります。たとえば、メス猫はオス猫を惹きつけるためのホルモンが非常に少なくなりますので、発情期特有の行動が軽減または解消されます。また、外に出て迷子になったり、けんかをしたりする可能性が低くなります。

Two kittens standing on a wall outdoors
3/4

去勢・避妊手術を行う健康面のメリット

避妊手術の後は、乳腺腫瘍、卵巣感染症、子宮感染症、寄生虫感染症のリスクが低くなります。また、去勢手術も精巣腫瘍のリスクを減らします。他の利点としては性感染症の予防、尿の臭いの軽減、スプレー行為の減少などがあります。

Maine Coon kitten sitting outdoors in long grass
4/4

子猫を去勢・避妊するのに最適な年齢

通常約6〜7ヵ月齢で思春期が始まると、子猫は避妊・去勢手術ができるようになります。獣医師はあなたの子猫に合わせて、手術やそのスケジュールの指針を示してくれるでしょう。

Kitten sitting on a windowsill looking outside

病気の徴候を見つける

子猫に起こりうる一般的な健康の問題と、その初期の徴候の見つけ方を知っているとペットオーナーも子猫も共に安心できますし、もしもの際により適切に対応できるでしょう。

子猫がかかりやすい病気について
British Shorthair kitten standing in black and white on a white background

適切な栄養摂取は、子猫の健康を維持するのに役立ちます

子猫の健康に最も影響を与える重要な要素の1つは食事です。子猫や成猫は、年齢によって必要な栄養が異なります。そのため、月齢や個々の栄養ニーズに合った適切な栄養素を子猫に与えることは、骨の強度、皮膚や被毛の健康、健康的な消化活動などを維持するうえで大きな役割を果たします。

子猫の年齢別の栄養

Sacred Birman kitten in black and white eating from a white dish

子猫の食事

子猫の栄養ニーズと健康的な食習慣を作る方法について、理解を深めましょう。

子猫用のテイラーメイドの栄養バランス

さまざまな年齢、品種、ライフスタイルの子猫の具体的な栄養ニーズに合わせて作られたテイラーメイドの栄養バランス。