合計1万名様に子猫フードサンプルをプレゼント中!

応募はこちら
British Shorthair kitten in black and white on a white background

子猫の行動を理解する

子猫は言葉を話すことができませんが、さまざまな方法でコミュニケーションを取ろうとします。ボディランゲージ(身体や表情の動き)の意味を考えながら子猫が発する声に耳を傾けることで、子猫があなたに何をしてほしいかがわかる場合があります。 このページでは猫の行動やボディランゲージが、どのような意味や状態を表すのかについて解説していきます。
Maine Coon kittens jumping in a living room

子猫のボディランゲージ

子猫はボディランゲージを通じて、今の気持ちや、やりたいことのサインをペットオーナーに伝えています。そうしたサインの微妙な変化を理解することは、あなたと猫の共同生活の質を高めてくれるはずです。たとえば、生活空間や遊びの時間、食事について愛猫が不満を抱いていないかを確認できますし、必要があれば調整・改善してあげることもできるでしょう。

穏やかな気分

子猫が穏やかな気分のときの姿勢は、他のすべてのボディランゲージについて考える際の基点となります。子猫の微妙な変化を見分けるのに役立ちますので、愛猫が穏やかな気分のときに、どのような行動をするかを知っておくことが大切です。

興味津々

猫は何かに興味を引かれると、ボディランゲージを通じてペットオーナーに伝えようとします。嫌なことに対して反応して逃げようとするだけではなく、子猫にとって面白いと感じるようなモノや出来事に出会ったときに、その関心がボディランゲージに現れるのです。おもちゃに興味を示す子猫には、おもちゃを使ってゲームをしたり、遊んであげたりするとよいでしょう。精神的にも身体的な面でも、良い刺激を与えてあげられることに加え、ペットオーナーとの信頼関係を深める良いきっかけとなるでしょう。

リラックスした状態

子猫がリラックスしているときは、今いる環境において快適さ、落ち着き、安全を感じていることを示しています。

不安な状態

子猫が不安や辛さを感じているサインを見分けられるようになることは大切です。子猫が不安そうにしている場合は、その原因を取り除いて、子猫が安心できる居場所を与えてあげるようにしましょう。子猫がその状況から離れるために、高い場所に登って落ち着けるようにしてあげるのも良いでしょう。

怖がっている

怖がっているときに子猫に現れるボディランゲージの特徴をご紹介します。背中が弓のように丸くなって、しっぽが太くなっている状態の猫は、何かに恐怖を感じていると考えられます。この行動の目的は、自分の体をできるだけ大きく見せて、敵との対立を避けることです。何かを怖がっている状態が続いている場合は、不安の要因となりそうな問題からできるだけ遠ざけて、子猫を落ち着かせることが大切です。

良い行動を促す

子猫の行動は、他の猫の影響を強く受けます。子猫は生まれて数週間から数ヶ月の間に、兄弟や母猫からの多くの行動を学びます。家に連れてきた後は、良い行動を定着させる一方で、良くない行動を最小限に抑えていくのはペットオーナーの役目となります。

1/2

良い行動を促すには

しつけができた良い行動を定着させたいときに大事なのは、一貫性です。家庭内で一貫した指示を与えないと子猫が混乱し、問題のある行動をより頻繁にしてしまうようになることがあります。
Bengal kitten sitting on a grey blanket being stroked by owner
2/2

行動を定着させる

もう1つの重要な点は、良い行動に焦点を当てることです。子猫は、主にある特定の行動(自分自身の行動と他の猫の行動)とその結果の関連性から行動について学習します。たとえば、子猫が大きな音や初めて家に来た人に驚いて逃げた場合、抱きかかえたり過剰にかまったりして余計に心配させることはやめましょう。その代わりに穏やかかつ気楽な雰囲気の中で、おもちゃで遊んであげて隠れないよう促しましょう。そのうち子猫は、突然の出来事に対して慌てなくてもよいことがわかり、将来このような状況になっても逃げずにいられるようになります。
Kitten sitting indoors on a wooden floor playing with a red ball
Maine Coon kitten waking along the back of a sofa

子猫が問題行動をする原因は何ですか?

猫は習慣を大切にする生き物で、特に習慣化した日常の活動を好む生き物と言えます。家具をひっかく、噛みつく、ペット用トイレを使わないなどの問題行動は、多くの場合、子猫が不安定だったり混乱している可能性があります。良い行動を継続的に促すことと同様に、不安定な行動が増えている気がする場合は、隠れた原因がないか考えてみましょう。

子猫の毛づくろいの習慣

猫がきれい好きなことはよく知られていますが、子猫も例外ではありません。毛づくろいは、抜けた毛や汚れを取り除くだけでなく、子猫への愛情表現の役割もあります。

1/2

子猫の毛づくろいのしかたと毛づくろいする理由

子猫と成猫の毛づくろいは、自らを清潔に保つだけでなく、ストレスを解消する行動であると考えられています。たとえば、窓の外を見ている子猫がより頻繁に毛づくろいしているところを見かけるかもしれません。多くの場合、外に出られない子猫が、余っているエネルギーを発散させていると考えられます。
Kitten lying down on a grey blanket licking its paw
2/2

毛づくろいのやり過ぎは、どのようなタイミングで判断したらよいですか?

毛づくろいをやり過ぎると、毛が過度に抜けたり、皮膚の炎症を引き起こしたりする可能性があります。毛づくろいのやり過ぎが深刻になると、自分で自分を噛み始めることさえあります。このような行動の原因は、ストレスの多い出来事や馴染みのない環境への心理的な不安や、甲状腺機能亢進症などの健康上の問題であると考えられます。子猫が毛づくろいをし過ぎていると思ったら、獣医師に相談することが大切です
Ragdoll kitten lying on a white blanket licking its paw
Bengal kitten walking indoors

猫の行動の変遷

猫がヒトに飼い慣らされるようになったのは、(猫の長い生物学的な歴史の中において)ごく最近の変化であると言っても良いでしょう。犬や牛など人間に飼いならされた他の動物たちとは対照的に、猫はヒトとの関係において高い独立性を維持する傾向があります。このため、猫とペットオーナーの関係は、主に相互利益に基づく場合が多いです。

ヒトに飼い慣らされることや、ヒトと共生しやすい品種が選ばれる傾向があるにも関わらず、飼い猫のほとんどは、野生の祖先の身体的および行動的な属性をある程度維持しています。飼い猫は、リビアヤマ猫や他の大型および小型の野生の猫、多くの観点において共通点を持っています。

子猫の行動の説明

子猫の行動がおかしいときには、多くの場合、理由があります。子猫の行動について以下に説明します。

British Shorthair kitten grooming itself in black and white

子猫のグルーミング

毛のブラッシング・洗い方から瓜や歯のケアまで、子猫のグルーミングと衛生的なケアの必要性をどのようにサポートできるかご紹介します。

Norwegian Forest Cat kittens sitting together in black and white

子猫の健康

子猫の行動をよく観察し、おかしなところがあれば気を付けてあげることは、健康の変化のサインに早く気付くための大切な習慣です。子猫の健康を維持してあげる方法と、動物病院を訪問するタイミングについて詳しく見てみましょう。