犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。

初めて動物病院に行く子猫の準備

あなたと子猫にとって初めての動物病院への来院が、充実した時間になるヒントをご紹介します。

Ginger kitten in a veterinary clinic being examined

初めて動物病院に行くことの重要性

子猫を家に迎え入れたら、すぐに獣医師に連れて行くことが重要です。それは子猫の健康とお世話のしかたをより詳しく学ぶチャンスでもあるためです。ペットオーナーとして初めての動物病院では多くの学びがあるでしょうし、子猫にとってもプラスの経験になるはずです。そのための準備をここではご紹介します。

Kitten on an examination table being observed by a vet

頑丈なキャリーケースを用意し、そこで遊んだりペットオーナーの匂いがする毛布を入れて寝かせたりして、キャリーケースに子猫を慣らしておきましょう。また、普段から人に触れ慣れていると、獣医師を受け入れやすくなります。

 

  • 子猫の食事と飲水の習慣に関する情報
  • 食欲・消化・行動の変化について気づいたことがあるか
  • 健康上の問題、薬、サプリメント、受けている治療の詳細
  • 獣医師に聞きたいことのリスト

 

小猫を落ち着かせるために、優しい声で話し、ゆっくりと行動しましょう。キャリーケースが揺れないことを確認し、正面を自分の方に向け、他の動物から遠ざけてください。

自分の知っている情報を獣医師に共有すると ともに、今後自信を持って子猫をお世話できるようにたくさん質問をするようにしましょう。

この最初の来院で獣医師は通常、次のようなことを行います。

  • 必要な健康診断 を網羅的に実施する
  • 身元の確認ができるように、子猫にマイクロチップを装着する
  • ワクチン接種スケジュールの準備をする
  • 寄生虫の予防について話す(子猫の寄生虫に関する詳細はこちら
  • 子猫の栄養ニーズと獣医師推奨の子猫用フードについて話す
  • 子猫のケア(目と鼻のクリーニング、トリミング、入浴、爪切り)についてアドバイスする

動物病院から家に帰ったら、探索したり静かに休んだりする時間を子猫に与えるようにしてください。

子猫を獣医師に連れて行くタイミング

子猫には個体差がありますので、獣医師に診てもらう頻度も子猫によって異なります。約2ヵ月齢のときに初めての来院を行って診察を受けることが多いですが、その後にはワクチン接種プログラムを完了する必要があります。これ以降は、健康診断と追加のワクチン接種を受けるために少なくとも年に1回受診しましょう。子猫の健康と心身共に健全な発育に関して心配事がある際は、必ず獣医師に相談してください。

Kitten being held by a vet

子猫の健康を理解する

子猫の習慣と行動を理解することは重要です。理解しておくことで、何かがおかしい場合にすぐにその徴候を察知することができます。子猫のワクチン接種や追加接種について、いくつかの重要な節目を理解することも大切です。

詳しい記事はこちら
Norwegian Forest Cat kittens sat together in black and white