獣医師監修のニュースレターをお届け。

登録する

猫コロナウイルスと猫伝染性腹膜炎(FIP)について

猫伝染性腹膜炎(FIP)は、猫や子猫の命にかかわる重篤な病気です。罹患率は非常に低く、猫と子猫の間で一般的に見られる猫コロナウイルスによって引き起こされます。
Young cat lying down on an examination table in a vets office.

猫伝染性腹膜炎(FIP)とは何ですか?

猫伝染性腹膜炎(FIP)は、猫や子猫の命にかかわる重篤な病気です。FIPの罹患率は非常に低く、猫と子猫の間で一般的に見られる猫コロナウイルスによって引き起こされます。


猫コロナウイルスとは何ですか?

猫コロナウイルスは、感染した猫の糞便と接触することにより感染し、
猫同士が互いに毛づくろいをしたり、トイレや、フードボウル、グルーミング用品を共有したりすることで他の猫へ感染します。


猫コロナウイルスからどのように猫伝染性腹膜炎(FIP)が引き起こされるのですか?

猫と子猫に影響を与える猫コロナウイルスには、主に2つのタイプがあります。


猫腸コロナウイルス

通常の猫腸コロナウイルスは主に腸管にとどまり、腸内で増殖して下痢を引き起こす可能性があります。これは特に、猫社会で他の猫と接触する子猫によく見られます。


FIPを引き起こすコロナウイルス(猫伝染性腹膜炎ウイルス)

FIPを引き起こす猫伝染性腹膜炎ウイルスは、現在のところ猫腸コロナウイルスが突然変異したものと考えられています。比較的病原性の乏しい猫腸コロナウイルスが致死性の高いウイルスに変異する原因については、まだ解明されていません。


猫伝染性腹膜炎(FIP)を発症するとどうなりますか?

FIPの発症には次のような種類があります。

  • 腹水または胸水の貯留:これは「滲出型(ウェットタイプ)」と呼ばれます
  • 内臓に肉芽腫を形成:これは「非滲出型(ドライタイプ)」と呼ばれます

FIPの症状にはどのようなものがありますか?

FIPを患っている猫や子猫は、以下のようなさまざまな症状を示します。

  • 発熱
  • 嘔吐
  • 食欲減退
  • 下痢
  • てんかん

猫コロナウイルスが猫伝染性腹膜炎(FIP)を引き起こすものか検査できますか?

現在、獣医師は特殊な技術を用いて猫コロナウイルスの有無を調べることはできますが、この分析では腸内の猫コロナウイルスが猫腸コロナウイルスか猫伝染性腹膜炎ウイルスであるかを確定することはできません。
つまり、FIPを特定する検査はないということになります。
どのような場合に獣医師はこの検査を実施するのですか?
獣医師は、この検査を実施して病気の猫の診断を確立するのに役立てます。
獣医師は常に、猫や子猫の生活環境や、臨床的徴候、その他の検査などを含むさまざまな要因を慎重に検討して検査結果を判断します。


猫伝染性腹膜炎(FIP)にはワクチンがありますか?

猫伝染性腹膜炎のワクチンはありますが、その有効性については議論が分かれています(日本では使用されていません)。
伝染性腹膜炎だけでなく、ワクチン接種が必要となる猫の病気はあります。それらへの対応がまだの方は、獣医師へ相談してみてください。

子猫のためのテイラーメイドの栄養バランス

健康を維持することで子猫が生まれながらに持つ自然な抵抗力を保ち、健康的な成長および消化器系の発達をサポートする栄養バランスの製品です。

このページを「いいね」および「シェア」する