犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
健康とウェルビーイング

夏に愛犬を涼しく保つ

Adult Beagle running in water.
犬や猫が日焼けする可能性があることをご存知でしたか?鼻が短い犬種は荒い息を吐いてクールダウンするのに苦労していることはご存知ですか?あるいは、犬の毛を剃ると、そのままにしておくよりも有害な可能性があることは?

夏の暑さと日差しは犬や猫にとって深刻な問題であり、私たちが保護してあげる必要があります。

たとえば、犬や猫が日焼けする可能性があることをご存知でしたか?鼻が短い犬種は荒い息を吐いてクールダウンするのに苦労することは?あるいは、犬の毛を剃ると、そのままにしておくよりも有害な可能性があることは?こちらでは、あなたのペットを夏の暑さの中でも快適に保つためのヒントをご紹介します。

  • 日焼け耳の先端や鼻、その他の日光にさらされる部分など、動物の繊細な部分を保護する必要があります。ピンク色の皮膚や毛の薄いペットは陽射しに弱い可能性があります。スタッフォードシャー テリア、ボクサー、ブル テリア、ジャーマン ショートヘアード ポインター、チャイニーズ クレステッドは日焼けしやすい品種です。酸化亜鉛ベースの日焼け止めは有毒なので避け、ペット専用の日焼け止めを、陽射しに当たる30分ほど前に塗布してください。
  • 荒い息をつくことでクールダウン犬や猫が汗をかかないことはよく知られています。犬や猫は呼吸を通して熱を冷まします。パグやイングリッシュ ブルドッグなどの短頭犬は、熱射病にかかりやすい傾向があります。犬が荒い息をついている場合、暑さの中で犬に水分を与え続けることが肝要です。犬が暑すぎると感じていることを示す指標がいくつかありますので、ぜひ憶えておきましょう。熱射病の徴候としては、過度のまたは誇張した息づかい、倦怠感、脱力感、よだれ、高熱、暗赤色の歯茎、心臓の激しい鼓動、周囲に対する無反応さ、嘔吐などがあります。
  • 暑すぎる車内スタンフォード大学の調査によると、外気温に関係なく、車内の温度は1時間で5℃以上上昇する可能性があります。そのため、たとえ数分間でも、ペットを車内に置き去りにしないでください。
  • 熱い地面を避ける熱い舗装道路やビーチ、その他の場所を歩くと、あなたのペットの肉球にひどい怪我を負う可能性があります。獣医師がこのような怪我を診る頻度の高さには驚くかもしれません。目安はシンプルです。あなたが裸足で歩くには熱すぎる場合は、犬にとっても熱すぎます。
Adult South Russian Ovcharka sitting in a field.
  • 被毛を剃ってはいけません。犬の被毛は熱から身体を保護する役割を持っているため、剃毛は最善のアイデアではありません。とはいえ、長毛の犬で、特に毛が足元に垂れ下がっている場合にはトリミングしても問題はありません。獣医師は、夏季には愛犬のブラッシングをより頻繁に行うよう提唱しています。それにより厚い被毛が薄くなり、抜け落ちた毛を取り除くことができます。
  • 暑い時間帯を避けてください。一日の中で最も暑い時間帯に運動することは避け、必要なら休むことができるよう日蔭に目を配ってください。

暑い時期の愛犬のケアに関してその他の懸念がある場合には、獣医師に相談してあなたの愛犬に最適の専門的なアドバイスを受けてください。

  • 一般的なウェルビーイング

このページをお気に入り&シェアする

関連記事
Adult Bernese Mountain Dog standing outdoors on a snow footpath.

寒い季節の犬のケア

Cookie Settings