犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。

良いフードの見分け方

2018/10/03
今食べているフードの栄養バランスが良く、消化の良いフードかどうかは、うんちと被毛の状態でチェックしましょう。
 

「うんち」は栄養が体に消化・吸収されているかを教えてくれます。

  • 形状:体にちゃんと栄養が消化・吸収されている状態のうんちは固すぎず、それでいて手でつまめるくらい形が整っています。
  •  
  • 量:量が少ないほうが良いです。量が少ないのは食事中の栄養がしっかり体に吸収されている証拠です。量が多いほうが健康的と感じられる飼い主さんが多いようですが、量が多いということは、体に栄養が吸収されずに未消化のままうんちになってしまった割合が高いということです。しっかり消化・吸収されていれば、うんちの量は少なくなります。
 

「皮膚と被毛」は子犬の栄養状態を教えてくれます。

皮膚と被毛は栄養状態を測る目安です。子犬の栄養状態が充実していると、艶がある毛並みになり、毛量も豊かになります。栄養状態が良くないと、被毛の艶は失われ、パサついたり、ゴワゴワしたり、毛量が少なくなったりしていきます。
 
ポイント:皮膚が新しく入れ替わるのに約3週間かかるので、フードを切り替えた後も1ヵ月ほど様子をみてください。

トップに戻る

このページをシェアする