合計1万名様に子猫フードサンプルをプレゼント中!

応募はこちら

愛犬の皮膚や被毛を健康に保つための5つのケアの方法

被毛や皮膚のお手入れは、愛犬の健康を守りながら愛情を示す素晴らしい方法です。この記事では、愛犬の皮膚や被毛を健康に保つための5つのケアの方法を紹介します。

1- 寄生虫の対策と予防を行う

愛犬に合った、獣医師が推奨する定期的な寄生虫予防を行うことで、ノミ、マダニ、回虫などの寄生虫から愛犬を守ることができます。愛犬が寄生虫に感染している場合は、治療をするとともに、獣医師のアドバイスに従って、寝床の清掃や住環境の整備など、生活環境や習慣の管理を行いましょう。

Siberian Husky being treated

2- 問題の原因を洗い流す

愛犬の皮膚が健康ならば、月一回程度のシャンプーと耳掃除で充分です。人と犬では適したシャンプーの種類が異なるので、人用の製品ではなく、犬用のシャンプーを使いましょう。夏や海水浴のシーズン、または犬の耳に細かな稲穂が入りやすい場所での散歩後は、毎日耳のチェックをお勧めします。愛犬に皮膚病の疑いがある場合は、獣医師に相談してください。

long haired brown dog taking a bath

3- 定期的にブラッシングする

愛犬の被毛を定期的に ブラッシングすることで、被毛の絡まりを防ぎ、抜け落ちるステージにある毛 や異物を取り除くのに役立ちます。噛まれていないか、赤くなっていないか、皮膚の色に異常がないか、穴が開いていないか、寄生虫症の有無を確認することもできます。散歩のたびに、耳や被毛に寄生虫や細かな稲穂 がついていないかチェックしてください。

English Springer Spaniel grooming

4- 食事で栄養をサポートする

皮膚の炎症やかゆみを起こしやすい犬には、皮膚をサポートして栄養を与える特別な食事が有効です。オメガ3とオメガ6といった必須脂肪酸が、敏感な皮膚に栄養を与えつつ、愛犬の健康をサポートします。

5- 専門家に相談する

被毛がべたついたり、フケが出たり、被毛に気になる臭いがあるなど、愛犬の皮膚や被毛に変化がみられる場合、また、しこりや異臭がある場合は、愛犬の症状に合わせた治療や栄養管理について獣医師に相談しましょう。

female vet checking a Border Collie

このページを「いいね」および「シェア」する