犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。

子犬を先住犬や猫、子供に初めて対面させる方法

初めての対面に怖気づく子犬もいます。一度嫌な経験をすると、悪影響が長引く場合があります。そのため、いかに慎重に新しい体験を犬にさせてあげるかをペットオーナー自身が学ぶことが重要です。

Sleeping Labrador Retriever puppy being passed to a young girl

子犬を家族、友人、面識のない人に対面させるときのヒント 

子犬は、あなたや他の家族に対しては安心していたとしても、新たに出会う人々に不安を感じるかもしれません。子犬を問題なく様々な人に会わせるための重要なヒントをお伝えします。

English Cocker Spaniel puppy playing indoors next to a window with owner

訪問者数を少なくしましょう

 最初の数日間は子犬が疲れてしまわないように、訪問者をできるだけ少なくしてください。

少しずつ対面させましょう

一度にたくさんの人に会わせると子犬は怖がるので、個別に慣らす機会を与えてください。

優しく接する

初めて子犬に人を会わせるときは、落ち着いて穏やかなトーンで話しかけ、優しく接するようその人たちにお願いしてください。

子犬から近づいてくるのを待ちましょう

急に近づいたり人から人へと手渡されたりすると怯えてしまうことがあります。静かに座って、子犬の方から近づいて来るのを待つよう全員に伝えるのが一番良いでしょう。

ゆっくりいきましょう

家族全員に慣れるまで時間を十分とりましょう。家の外で知らない人に会ったときに、家族と仲良くなったポジティブな経験が助けとなります。

ボディーランゲージを見ましょう

人間の赤ちゃんと同様に、最初の夜から落ち着いて眠れる子犬もいれば、慣れるまで眠れない子犬もいます。忍耐強く、着実にこれらのヒントに従ってください。

子供たちに子犬を対面させるときの最良の方法

子犬を家に迎えた子供は当然ワクワクするでしょう。しかし、子犬とのふれあい方ついて準備させておくことが大事です。また、子犬の成長、安全、および幸せにおいての子供の役割についても理解できているか確認しておきましょう。

Brown Labrador Retriever puppy being introduced to children by new owner

子供がいない家庭でも、子供に会う経験をさせておくと良いでしょう。そうしないと、成犬になってから、周りに子供がいることに不安を感じる場合があります。注意すべき点をいくつかお伝えします。

German Pinscher puppy standing outside with two children

座って静かに子犬を待つように言う

子犬を驚かせたり怖がらせたりしないように、じっと座って子犬が来るのを待つよう子どもたちに教えます。

丁寧な接し方を教える

子犬を撫で、おなかとお尻を持って抱っこするやり方を子供に見せます。ただし、生まれて間もない段階で子供に子犬を抱っこさせるのはよくありません。抱っこするときは、子犬を過度に抱き締めたり騒いだりしないようにしてください。

睡眠中および食事中は静かに

噛まれたり引っ掻かれたりしないように、子どもたちには、子犬が食べたり寝たりしている間はそっとしておくように教える必要があります。

からかったり興奮させたりしない

子供がおもちゃや食べ物で子犬をからかうことのないようにしましょう。また、子犬には落ち着いて接し、おもちゃのように扱ってはいけないことを理解させる必要があります。

常に見守りましょう

子犬と子供だけにならないようにしましょう。子供と子犬が一緒に遊ぶ時は、必ず大人が付き添うようにしてください。

子犬を他のペットと安全に対面させる方法

ペットは非常に縄張り意識が強い場合があるため、新しい子犬を他のペットと対面させる際はゆっくりと慎重に行うことが重要です。その際に大切となるポイントをご紹介します。

American Cocker Spaniel puppies standing outdoors next to a tree

対面チェックリスト

子犬を家に連れてくる前に、先住ペットの匂いがついた毛布を子犬に与え、先住ペットにも子犬の匂いがついた毛布を与えておくとよいでしょう。これにより、お互いが会うときに馴染みのある匂いを嗅ぐことができます。

他の犬と対面させる前に、子犬にワクチン接種を行うようにしてください。

新しい子犬を他のペットに対面させる際は、お互いに不安を感じないように、庭や公園などお互いの縄張りではない中立な場所で1対1で会わせるとよいでしょう。どちらもリードにつなぎ、周囲を嗅ぎ回る時間を十分に与え、お互いに慣れさせます。

期待した反応が得られなくても、他のペットを叱らないようにしましょう。動物は調和して暮らすために独自のルールと関係性を確立する必要がありますが、通常は年長のペットがリーダーとなります。

子犬に疲れたときや怖くなったときに逃げる場所を提供します。

子犬を他のペットと一緒に放置しないでください。

各ペットには、邪魔されずに休んだり食べたりすることができる自分のテリトリーが必要です。そのため、それぞれのペットにそれぞれのベッドと食事エリアを用意しましょう。特に猫には、子犬が来ることのない静かな場所が必要になります。

子犬を迎えた最初の数日から数週間

新しい家で過ごす最初の数日間および数週間は、子犬にとって先住ペットと仲良くなるのに大変重要な期間です。子犬を新しく迎えたことによる混乱を少なくするために、子犬が新しい環境に落ち着いて、日常的な習慣を確立できるようにしましょう 。

詳しい記事はこちら
Cocker Spaniel puppy standing in black and white on a white background