犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
子犬

子犬が産まれて~1歳になるまでの成長段階

Puppy Saint Bernards sitting together in a field.
最初の数年間で、子犬はたくさんの変化を経験するでしょう。この重要な段階を理解することによって、可能な限り最高のスタートを子犬に切らせてあげられるよう、自信を持って準備することができます。

生後1年間で、子犬はその大きさ、体型、行動を大きく変化させます。成長の重要な段階を理解することは、初期のさまざまな時期に何が起きるのかを把握し、正しい方法で準備するのに役立ちます。

注意すべき重要な点の1つは、小型犬と大型犬の生後数年間の違いです。飼っている犬の品種、性別、その両親によって、成長のペースは異なるでしょう。そして、それぞれで注意すべきことも異なります。

子犬が生まれてからの3〜4週間

生まれて最初の14日間は、子犬を健康な成犬に育てるための重要な期間です。最初の48時間は慎重に世話をし、暖かさを確保すると同時に必要な栄養を摂取させるようにしてください。これには、子犬が母親からもらう初乳も含みます。初乳は免疫システムを支えるお手伝いをします。生後9~13日目には、子犬の体重も2倍になります。もし体重がなかなか増えないような場合には、獣医師に相談した方が良いでしょう。

生後1か月

子犬には、最初の1か月の間に初めての歯が生えてきますが、顎と歯の強度はまだあまり強くありません。生後25~30日目には、体重が4倍になり、最初の毛が抜け始めて「本物の」被毛に生え変わります。まだ「急成長」の段階にはありませんが、栄養的に適切な離乳食を始めていくことが不可欠です。

犬の品種にかかわらず、すべての犬は生後4〜12週に「免疫ギャップ」があり、病気にかかりやすくなります。これは、免疫サポートを伝達する母乳による給与をやめることによって起こります。しかし、子犬の体はまだ自身の免疫を発達させることができません。この段階では、病気の兆候がないかに注意してください。

生後3〜5か月の子犬

この時期に子犬は、小型犬でも大型犬でもかなり急速に成長します。大型犬は5か月までに、成犬に必要な骨格構造を発達させ、成犬の体重の半分になります。そして、成犬の少なくとも2倍の栄養を必要とします。小型犬は最大の成長期を迎えます。この時期になると、フードを水で戻すことをやめることができます。噛む力を鍛え、新しい歯を良い衛生状態に保つために大きめのキブル(粒)を与えましょう。

Adult Miniature Schnauzer sitting with three puppies in a field.

8~10か月の子犬

この時期になると、小型犬の成長は次第に落ち着き始め成犬時の体重に達しますが、大型犬はまだまだ着実に成長していきます。サイズによる犬の成長速度には顕著な違いが見られ、小型犬は急速に出生時体重から20倍の重さに成長する一方、大型犬は小型犬よりも緩やかなペースであるものの出生時体重の100倍の重さに成長します。8~9ヵ月にかけて、大型犬では主に骨格と臓器が成長します。

18~24か月までの超大型犬の子犬

あなたが超大型犬の子犬を飼っている場合、成犬に達するのは18~24ヵ月の間です。この段階であなたの愛犬は成犬と同程度の筋肉をつけ、成長期が完了します。体が大きくなって体重も増加し、手足もがっしりとしたより成犬らしい見た目に近づきます。

上記のような成長段階の違いを知ることで、成長後の子犬を予測して準備を万全にすることができ、愛犬が成長期に必要とするケアや、サポート、適切な食事を与えることに関して自信を持てるようになります。

  • 子犬
  • 哺乳期
  • 離乳期
  • 子犬期

このページをお気に入り&シェアする

子犬のためのテイラーメイドの栄養バランス

健康を保つことで、子犬本来の抵抗力の維持、健やかな成長、健康的な消化の維持をサポートする製品ラインアップ

子犬用製品
Content Block With Text And Image 1
関連記事
Puppy Beagle standing indoors eating from a red bowl.

小型~大型まで!月齢別子犬に与えるべき餌の量

Puppy Jack Russell sitting outside in grass by a large silver bowl.

月齢別 子犬に必要な食事の栄養素

Puppy dog standing in a large red bowl being washed by its owner.

子犬の普段のお手入れ

Cookie Settings