犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
子犬

犬の避妊手術の手順とリスク・メリットとは?

Puppy West Highland White Terrier sitting on an examination table in a vets office.
子犬の避妊手術には有益な側面がたくさんありますが、決断する前にあらゆる詳細を知っておくことが重要です。この簡単なガイドでは、避妊手術とそれによる犬の変化についてご説明します。

メスの子犬の避妊手術は一般的な処置ですが、事実をすべて知らずに決断できる事柄ではありません。子犬に避妊手術を受けさせることには多数の利点があるものの、子犬の行動、そしてとりわけ必要な栄養に即座に影響を与える可能性があります。

避妊手術とは何ですか?

避妊手術とは、メスの子犬を不妊にする際に使われる用語です。「去勢」という用語を使う人もいますが、これはオスの子犬に使われるのが一般的です。

子犬が避妊手術を受けるとどうなりますか?

避妊手術を行う場合、子犬は獣医師による医療手術を受けます。獣医師は子犬の卵巣を摘出します。獣医師の勧めや判断によっては、卵管や子宮の摘出が行われることがあります。避妊手術を行うとメス犬は繁殖ができなくなり、発情サイクルがなくなります。

子犬の避妊手術に最適な時期はいつですか?

子犬の避妊手術を決断した場合、思春期が始まる前の6〜9か月齢ごろに行うべきです。大型と超大型の品種は小型犬よりも成熟が遅いので、避妊手術はそれよりも少し遅い時期に行うのが理想的です。獣医師が、子犬の避妊手術に最適なタイミングを教えてくれるでしょう。

メスの子犬が3ヶ月齢に達するまでは避妊手術を受けないことが重要です。それ以前に行うと、後に健康上の複雑な問題を引き起こす可能性があるからです。一方、子犬が4歳になる前に避妊手術を行えば、子宮感染症のリスクを減らすという付加的な健康上の利益を得ることができます。

子犬の避妊手術を行う利点は何ですか?

子犬が避妊手術を受けると、子犬の健康とウェルビーングにとっても、家庭環境にとっても、有益な側面が多々あります。

  • メスの子犬の発情期にオス犬があなたの庭にマーキングを行う可能性が大幅に減ります
  • 乳房や卵巣、子宮のなどの腫瘍の発生リスクがなくなるか、または減ります
  • 希望しない繁殖が防げます

愛犬が避妊手術を受けると、行動や栄養ニーズはどう変化しますか?

オス犬の去勢と同じく、メスの子犬が避妊手術を受けると、ホルモンと代謝の変化によって子犬の行動が変化します。発情がなくなり、それに関連した行動である落ち着きのなさやオスを求める鳴き声なども消えるはずです。必要な食事も変わります。

子犬の避妊手術を決断するなら、栄養に関するニーズの変化を知っておくことが不可欠です。手術後、代謝の大幅な変化によって、子犬は数週間または数か月の間に体重が増加します。避妊手術後の子犬の適正体重や食物摂取量の調整方法について、獣医師に確認することが重要です。また、避妊手術を受けた犬用に特別に作られた、適切な栄養バランスを満たすフードを与えるべきです。

メスの子犬の去勢手術は、子犬自身と家庭の環境に複数の利益をもたらしますが、容易に決定していはいけません。質問があれば、獣医師に相談すれば力になってくれるでしょう。

  • 子犬期

このページをお気に入り&シェアする

子犬のためのテイラーメイドの栄養バランス

健康を保つことで、子犬本来の抵抗力の維持、健やかな成長、健康的な消化の維持をサポートする製品ラインアップ

子犬用製品
Content Block With Text And Image 1
関連記事
Puppy Jack Russell sitting on an examination table in a vets office.

犬のパルボウイルス

Young dog sitting on an examination table in a vets office.

イヌ パラインフルエンザウイルス

Young Dachshund standing on an examination table in a vets office.

犬のレプトスピラ症

Cookie Settings