犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
Labrador Retriever adult in black and white

ラブラドール レトリバー

ラブラドール レトリバーの強靭な体格とオープンで気楽な気質は、飼っていて飽きない魅力の1つになっています。

ラブラドール レトリバーについて

水泳、追いかけっこ、遊び、オーナーと散歩など、ラブラドール レトリバーは何でも喜んで楽しみます。トレーニングが簡単で利口でバランスが取れていて、とりわけ遊び好きの品種がお好みなら、ラブラドール レトリバーをおすすめします。

ほとんどのラブラドール レトリバーは子供が大好きです。この品種について覚えておくべきことは、かなり食欲があるということです。そのため、適正な体重を維持することが他の品種よりも難しい場合があります。しかし、バランスのとれたヘルシーな食事を与え、たくさん運動することで、適正な体重を保つことができます。

出典:国際畜犬連盟(FCI)のデータより要点と特徴を抜粋

品種の詳細

グループ
FCIグループ8, AKCスポーティング グループ
サイズ区分
大型
平均寿命
10–14 歳

落ち着いた性格 / 機敏 / 順応性のある / 忠実な / 利口 / 愛情に満ちた / 元気な

特徴

  • 十分なスペースが必要
  • たくさんの運動が必要
  • 子どもに優しい
Labrador Retriever adult in black and white

品種の起源

多くの愛好家がおり、ラブラドール レトリバーは相変わらず、世界中の品種の中で最も人気のある犬の1つになっています。ラブラドール レトリバーはカナダのニューファンドランドの海岸が発祥の地と考えられています。漁師がこのような見た目の犬を使って魚を回収していました。しかし、今日知られている品種は1800年代初頭にイギリス人によって確立されたものです。

ラブラドール レトリバー クラブが1916年に設立され、その後すぐに初めての規格が確立されました。ほとんどのラブラドール レトリバーは労働向けに作られ、その名前はすぐに知れ渡りました。英国には、1800年代後半にピーター ホーカー大佐とマルムズベリー伯によって初めて紹介されました。

ラブラドール レトリバーの特徴

愛情に満ちたラブラドール レトリバーについて、ライフ ステージごとに詳しく見てみましょう。

15か月まで

ラブラドール レトリバーの子犬

ラブラドール レトリバーの子犬は気立てが良く、非常に機敏で活動的です。鋭敏な嗅覚と、ソフト マウス(獲物に歯型を付けずに回収する技術)、そして水に対する強い興味をもっています。忠実でのんびりした性格のこの犬は、素晴らしい順応性を備えた仲間になります。
Labrador Retriever puppy standing

トレーニング

ラブラドール レトリバーは、生まれつきの優れた学習能力が備わっている子犬の時期に、できるだけ早くトレーニングを始める必要があります。

ラブラドール レトリバーの子犬は、利口で人を喜ばせるのが大好きです。このため、オビディエンスやフライボールといったドッグ スポーツなど、さまざまな領域のトレーニングを極めてスムーズに受け入れます。

15ヵ月齢以降

ラブラドール レトリバーの成犬

ラブラドール レトリバーの成犬は獲物を回収する能力で有名ですが、非常に汎用性の高い介助犬でもあり、盲導犬や捜索救助犬といった多様な分野で働いています。ただし、一般的には家族のペットとして暮らすことが最も多い犬です。
オス
56 - 61 cm 高さ
30 - 36 kg 体重
メス
53 - 58 cm 高さ
25 - 32 kg 体重
Labrador Retriever adult standing
Content Block With Text And Image 1

運動

ラブラドール レトリバーは、健康維持のためにたくさんの運動を必要とする、エネルギーにあふれた犬です。身体的および知的に楽しめる遊びを含め、1日2時間以上の運動が推奨されます。

ラブラドール レトリバーは水が大好きなため、水泳を大いに楽しむ傾向があります。水泳はありあまったエネルギーを発散させるのに最適です。

使役犬としてのラブラドール レトリバー

ラブラドール レトリバーは、どのような仕事を与えられても素晴らしい働きをすることから、ワーキング ドッグとして世界中で絶大な人気を誇っています。

ラブラドール レトリバーは盲導犬や介助犬として特に有名ですが、優れた聴覚犬にもなれるほか、鋭い嗅覚を持っているため探知犬としても理想的です。

ラブラドール レトリバーの健康

ラブラドール レトリバーが生涯あらゆる段階において健康かつ幸せに過ごせるよう、適切なケアの方法を知ることが重要です。年を取るにつれて、股関節と肘関節形成不全、進行性網膜萎縮症(PRA)、白内障が起こりやすくなります。
Labrador Retriever senior sitting down
Content Block With Text And Image 2

老化

ラブラドール レトリバーは、8歳になると高齢期とみなされます。

年齢が上がると、関節の硬さを主な要因として、運動への意欲が低下することがあります。そのため、高齢の犬の関節の痛みが和らぐように快適に過ごさせることが重要です。

ラブラドール レトリバーの食事には、運動不足や、高齢の犬によく見られる食の選り好みを考慮したバランス調整が必要です。

成犬に最適なフード

製品を見る