合計1万名様に子猫フードサンプルをプレゼント中!

応募はこちら

ラブラドールレトリバーのご紹介 

ラブラドールレトリバーが世界中で最も人気のある犬のひとつであることには理由があります。遊び好きで献身的な彼らは、オープンで熱中しやすい気質を持つことで知られています。あなたもすぐにその魅力に取りつかれることでしょう。とはいえ、彼らからのたくさんの愛情表現に耐えてしつけをする必要があります。彼らは賢くもあります。少しの辛抱で、ラブラドールはよくしつけを守るようになります。ただし、食べ物の入ったお皿をテーブルの端に近づけないようにしましょう。

正式名称:ラブラドールレトリバー 

別名:ラブラドール、ラブ 

原産:イギリス 

ゴールドのラブラドールの成犬と子犬が隣同士でいる白黒のポートレート写真
  • よだれの量 

  • トリミングの必要性 

  • 抜け毛の量 

  • 吠える 

  • エネルギー レベル 

  • 他のペットとの相性 

  • 暖かい気候への適性 

  • 寒い気候への適性 

  • アパートでの生活への適正 

  • 1匹で過ごせる* 

  • 家族向きのペット*

*ペットをあまりに長時間留守番させることは避けましょう。一緒に過ごすことで、精神的なストレスや破壊的な行動をおさえることができます。  

品種ごとの特性はあっても、ペットにはそれぞれ個性があります。品種の特性に関する概要については、目安として参考にしてください。

幸せで健康的な、社会のルールに順応できるペットに育てるために、ペットをトレーニングして社会化させるだけでなく、基本的な福祉面でのニーズ(および社会的かつ行動上のニーズ)を満たすことをおすすめします。 

目の届かない状況で、ペットを子供と一緒に放置してはなりません。 さらにアドバイスが必要な場合は、ブリーダーまたは獣医師にご相談ください。 すべてのペットは社交的であり、ペットオーナーと一緒に過ごすことを好みます。ただし、幼い頃からペットオーナーがいない状況に対処するようにトレーニングすることができます。この場合、獣医師またはトレーナーにアドバイスを求めてください。 すべての室内用ペットは社交的であり、一緒に過ごすことを好みます。ただし、幼い頃からペットオーナーがいない状況に対処するようにしつけることができます。この場合、獣医師またはトレーナーにアドバイスを求めてください。 
立っているラブラドールのイラスト
オスメス
高さ高さ
56 - 61 cm53 - 58 cm
体重体重
30 - 36 kg25 - 32 kg
ライフステージ
成犬期
15か月~5歳
中高齢期高齢期
5歳~8歳以降8歳以降
成長前期成長後期
誕生~2か月2か月〜15か月
1つのオレンジ色のおもちゃを噛みながら草原を走っているブラックとゴールドのラブラドール
1/7

ラブラドールについて 

この犬種について知っておくべきこと

ラブラドールレトリバーは、一日中だらだらと過ごすような犬ではありません。泳いだり、遊んだり、「取ってこい」も楽しみます。そして、大好きな人との長い散歩も。ラブラドールはトレーニングを含め、何でもやります。トレーニングは、この品種が本来持っている賢さのおかげで、たいてい満足のいくものになります。バランスが取れていて遊び好きなラブラドールは、一度訓練を受ければ、ほとんどの場合、子供たちと一緒に過ごすことができます。セラピードッグとして訓練されることが多いラブラドールの性格は、優れた介助犬になれることを意味しています。そして、マナーもとても良い犬です。

この品種について覚えておくべきことは、食欲が旺盛であるということです。そのため、ラブラドールの適正な体重を維持することは他の品種よりも難しい場合があります。しかし、バランスのとれた、ラブラドールに適した食事と十分な運動を心がけ、定期的に獣医師に診てもらうことで、健康で幸せな犬に育つでしょう。 

かなり頑丈で筋肉質で、力強い顎と大きな鼻を持っています。目は通常ブラウンかヘーゼルナッツ色で、柔らかさと知性と献身に満ちています。ラブラドールレトリバーがペットオーナーを見つめるとき、その関係は誰の目にも明らかです。

ラブラドールの被毛は短くて厚く、ウェーブや羽のような質感はなく、天候に左右されないアンダーコートがあります。品種の色にはイエロー(ライトクリームからフォックスレッドまで)、ブラウン、または全身ブラックのタイプがあります。尾については、生まれたときはかなり太く、しばしば激しく動かします。密集した被毛で完全に覆われているため、ラブラドールの尻尾は丸みを帯びているように見えます。これは通称、「オッターテイル(カワウソの尻尾)」と呼ばれています。アドバイスとして、ラブラドールがうれしそうにあなたを見ているときは、尻尾の周りに立たないようにしましょう。 

フレンドリーで優しい性格で知られるラブラドールレトリバーは、ほぼどんな生活環境にも非常に高い順応性のある犬種です。家族犬として、子供たちが学校から帰って来るのを辛抱強く待ち、帰宅すると興奮気味に庭に出て、一緒に遊びます。ラブラドールは不慣れな音や大きな音を聞くと吠えますが、番犬向きではありません。適切に社会化すると、人間や仲間のペットに対して悪意を持たず、攻撃性がなくなります。
ブラックとチョコレート色のラブラドールの子犬が草の上で隣同士に座っている
2/7

ラブラドールレトリバーにまつわる2つの事実 

1.ラブラドールの生きがいは遊ぶことと食べることの2つ 

必ずしもその通りとは限りませんが、これがトレーニングのおさえるべきポイントです。ラブラドールの子犬トレーニングに関する優れた動画が、インターネット上にたくさん見つかりますし、素晴らしいトレーナーも大勢います。遊ぶことはラブラドールの適正な体型を保つのに役立ち、退屈にさせずにすみます。あなたならできます!

2.状況を把握する  

ラブラドールレトリバーは、股関節形成不全(信頼できるブリーダーは、子犬が股関節形成不全になるのを防ぐために、交配前に両親を検査します)や前十字靭帯断裂(人間と同じ)など、特定の健康上の問題を起こしやすい傾向があります。推奨される検査、バランスのとれた食事、健康診断により、ほとんどの問題は早期に発見できます。

ラブラドールの顔を接写した白黒のポートレート写真
3/7

この品種の歴史  

ラブラドールレトリバーが陸でも水でも活躍できるのには理由があります。この品種は、カナダのニューファンドランドラブラドール州の州都にちなんで名付けられたセントジョンズウォータードッグの直系の子孫です。漁師たちは原生地域沿岸の凍てつく海から網や魚を回収するために、仕事が大好きなこの犬を使っていました。この犬はさらに、広大でありつつも孤立した、人を寄せ付けないこの島で、漁師たちの友となってきました。 

しかし、「ラブラドールはどこから来たのか」という問いに対する答えは、それほど単純なものではありません。今日私たちが知っているような品種は、1800年代初頭にイギリスで確立されたと考えられています。冒険好きの貴族や帰国する漁師たちが、ラブラドールの祖先をイギリス(英国)に連れて帰りました。その丈夫な身体と忠実な気質で、この品種が有名になるのに時間はかかりませんでした。

先見の明があったマルムズベリー伯爵は、この犬たちが自分の領地での生活に適しているであろうと推測しました。繁殖プログラムが確立され、成功を収めました。現在もラブラドールレトリバーの品種が存在するのは、伯爵とその仲間の貴族たちのおかげです。水の中でも陸の上でも快適に過ごせるラブラドールレトリバーは、今でも世界で最も人気のある犬の品種のひとつです。

4/7

頭から尻尾まで 

ラブラドールレトリバーの身体的特徴 

1
2
3
4
5

1.耳 

頭の横に垂れていて軽い耳

2.被毛 

短毛で密集した被毛の下に耐水性のアンダーコート

3.被毛 

ブラックないしチョコレート色またはイエロー、ライトクリームから赤っぽい被毛

4.尻尾 

高い位置の尻尾は長く、いつも揺れている。尾全体を時に小刻みに揺らす

5.脚と背骨 

脚と背骨の長さのバランスがよく、全体の均整が取れている
右を向いて草の上で立っているゴールドのラブラドール
5/7

注意すべきこと  

この品種の特性から健康に関する一般的な概要まで、ラブラドールレトリバーに関するいくつかの注意が必要なポイントをご紹介します。

ラブラドールレトリバーは肥満になりやすい傾向があります 

この犬は禁じられたものを欲しがる傾向にあります。しかし、科学的には、ラブラドールの肥満の傾向を相殺するために、定期的な運動とバランスのとれた食事が必須であることがわかっています。これにより、股関節の奇形、関節炎、肘の病気につながる可能性がある股関節や肘の形成不全などの関節の症状を最小限に抑えることができます。時には痛みを伴う状態がラブラドールの可動性を低下させ、治療のために外科手術が必要になることがあります。良いニュースもあります。早期発見はこの症状を管理する上で重要で、定期的な健康診断を受けることで、ペットオーナーと獣医師はこの病気を把握することができます。

耳の感染症として知られている外耳炎に注意が必要です 

ラブラドールが繰り返し耳の感染症にかかりやすい理由のひとつは、耳の外側の大きな部分である耳介が空気の自由な循環を妨げているため、外耳道に湿気がこもってしまうからです。また、水遊びが大好きなラブラドールのライフスタイルも関係しており、深い水たまりを歩くだけであっても影響があります。年に2回の検査で、耳炎に伴う痛み、かゆみ、臭い、そして難聴の可能性はほとんどの場合回避できます。あまりストレスには感じないでください。獣医師はこのことをよく理解していますので、異常を早期に発見し、治療することができます。

靭帯断裂を起こしやすい 

十字靭帯は、膝関節を支えている筋肉です。それが切れると膝関節が前後に滑ってしまうため、犬にとっては非常に痛みを生じます。これは、ラブラドールレトリバーのように、後肢が上下にまっすぐ伸びる構造の活動的な犬に最もよく見られる整形外科的な損傷です。幸いなことに、年に2回の検査を受診することで、問題が発生する前に発見することができます。

獣医師より、ラブラドールの予防措置としての体重管理について話があるかもしれません。こうしたシンプルな手段は、潜在的な問題を把握するのに役立ちます。

健康的な食事でより健康に  

ラブラドールレトリバーの食事を選ぶ際に考慮すべき多くの要因があります。 それには、犬の年齢、ライフスタイル、活動レベル、健康状態などが含まれます。 食事は犬の生命維持に必要なエネルギーを提供します。総合栄養食は、栄養素の不足や過剰を避けるために、栄養素のバランスが調整されています。

健康的な排尿をサポートするために、清潔で新鮮な水をいつでも飲めるようにしておく必要があります。暑い時期、特に運動をする場合は、犬が頻繁に水を飲むことができるよう水を持参してください。

以下の推奨事項は、健康的な動物に対するものです。犬に健康上の問題がある場合は、獣医師に相談し、必要に応じて専用の食事療法食を処方してもらってください。

ラブラドールレトリバーの子犬が必要とするエネルギー、タンパク質、ミネラル、ビタミンの量は、成犬よりもはるかに多くなります。子犬は自分の体を維持するだけでなく、成長し、体を構築するためにもエネルギーと栄養素が必要だからです。生後15か月頃まで、ラブラドールレトリバーの子犬の免疫システムは徐々に発達していきます。この大きな変化、発見、新しい出会いのある時期に、ビタミンEなどの抗酸化物質の複合体が、自然免疫力をサポートするのに役立ちます。消化機能もラブラドールレトリバーの子犬と成犬では異なります。子犬の胃腸系はまだ十分に成長していないため、効率的に消化・吸収される消化性の高いタンパク質を与えることが重要です。フラクトオリゴ糖(FOS)などのプレバイオティクスは、腸内環境を整えることによって胃腸の健康をサポートし、健康な便の排泄に役立ちます。

歯で取って食べやすいように、適切なサイズ、形、質感のキブル(ドライフードの粒)を選ぶことが重要です。この成長段階では、適度なエネルギー量も必要です。成長期間が長く激しい大型品種の子犬(ラブラドールレトリバーの子犬など)は、特に四肢欠損、骨の変形、関節病変などの骨格や関節の問題の影響を受けやすくなっています。成長の初期段階は、主に骨の発達に関係していますが、筋肉も成長し始めます。ラブラドールレトリバーの子犬用フードのエネルギー濃度を制限して、正しい1日の給与量でフードを与えることで、成長の速度を制御して体重超過のリスクを最小限に抑えるのに役立ちます。去勢手術は犬が太り気味になる原因の一つになります。

特別に成分を配合した成長期用フードでは、その他の栄養素の含有量が通常よりも高い必要があります。食事のカルシウム含有量を増やす必要がありますが、大型犬の子犬は、カルシウムの過剰摂取に対して敏感に反応します。獣医師が処方する場合を除き、成長段階向けに配合された完全なフードに成分を追加することは適切ではありません。最悪の場合は動物にとって危険を招くことを理解することが重要です。生後6ヵ月まで1日の給与量を1日3回に分け、その後1日2回に切り替えることをおすすめします。生涯を通じて、ラブラドールレトリバーには人間の食べ物や脂肪分の多いスナックを与えないようにすることが重要です。代わりに、キブル(ドライフードの粒)をご褒美として与えることができます。過度の体重増加を防ぐために、パッケージに記載された給与表を目安に、理想体重を維持できる量の食事を与えましょう。

ラブラドールレトリバーの成犬の主な栄養目標は、次のとおりです。 

カロリー量の調整、タンパク質量の増加、健康的な脂肪代謝に関与するL-カルニチンにより、理想的な体重を維持します。ラブラドールレトリバーは欲張りなため、体重を増加させやすい傾向でよく知られています。特別に設計されたキブル(ドライフードの粒)の形状は、食べる速度を遅くするうえでも役立ちます。 

グルコサミン、コンドロイチン、抗酸化物質、EPA-DHAで、骨や関節の健康をサポート。  

必須脂肪酸(特にEPA-DHA)、必須アミノ酸、ビタミンB群を豊富に配合し、皮膚や被毛の健康や美しさを保ち、皮膚のバリア機能をサポートするのに役立ちます。

高い品質のタンパク質とバランスの取れた食物繊維の供給で最善の消化を促進します。

5歳を過ぎると、ラブラドールレトリバーは老化の最初の徴候に直面し始めます。抗酸化物質を豊富に含んだフードは犬の活力を維持するのに役立ち、コンドロイチンやグルコサミンなどの特定の栄養素は骨や関節の健康をサポートするのに役立ちます。高齢化に伴い消化能力や特定の栄養ニーズにも変化が現れるため、高齢のラブラドールレトリバーの食事には次のような配慮をする必要があります。

理想的な体重を維持するために脂肪分とカロリーを調整し、筋肉量を維持するためにタンパク質とL-カルニチンを調整 

高めのビタミンC・ビタミンE含有量。これらの栄養素には抗酸化作用があるため、高齢化に関連した酸化ストレスの悪影響から体内の細胞を守るのに役立ちます。

高品質のタンパク質。広く言い伝えられていることとは裏腹に、フードのタンパク質含有量を下げることは腎不全を抑えるうえでほとんど役に立ちません。また、高齢の犬はフードに含まれるタンパク質を若い犬のように効率的に消化・吸収することができません。リン含有量を減らすことは、高齢期の腎臓の健康維持に役立ちます。

皮膚と被毛の良好な状態を維持するために、微量元素である鉄、銅、亜鉛、マンガンの割合を高めています。

被毛の質を維持するために、多価不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸)を多く配合。通常、犬はこれらの脂肪酸を合成できますが、老化によってこの生理学的なプロセスが影響を受ける可能性があります。

高齢になるにつれて、犬は歯の問題を抱えることが増えます。十分な量を確実に食べ続けられるよう、顎に合った形や大きさ、食感のキブル(ドライフードの粒)を選ぶ必要があります。粒の形状を適切に選ぶことで、食事の摂取量を減らし、犬が健康的な体重を維持するのに役立つ場合があります。 

6/7

ラブラドールレトリバーのケア 

運動、グルーミング、トレーニングのヒント

ラブラドールレトリバーは活動的でエネルギーにあふれた犬種で、毎日たくさんの運動が必要です。運動が足りないラブラドールは、溜まったエネルギーを解放するために、異常に活発になったり、破壊的な行動に出たりする可能性があります。この犬のお気に入りの運動は、レトリバーの名前の由来ともなっている、物を回収(レトリーブ)することや泳ぐことです。ラブラドールは体重が増えやすい犬ですが、幸いなことに、狩猟や長く走ることでエネルギーをするのも大好きです。すでにお分かりかもしれませんが、この犬は座って過ごすことが多い方には適しません。

健康的で光沢のある被毛を維持するために、ラブラドールレトリバーは毎週(季節ごとの抜け毛の時期にはさらに頻繁に)ブラッシングする必要があります。屋外で運動した後は特に、清潔に保つために時々入浴させる必要があるかもしれません。湖や池の近くに行った場合には、特に必要です。他のすべての犬や人間と同様、ラブラドールも自宅での歯磨きや獣医師によるクリーニングなど、定期的に歯のお手入れをしなければなりません。歯の衛生状態を良好に保つことは、ラブラドールの長期的な健康全体に影響を及ぼす重要な点です。爪切りは必要に応じて行い、耳は可能なら毎週チェックしましょう。

ラブラドールレトリバーの体力と高いエネルギーレベルを考えると、早期の社会化と子犬期のトレーニングは不可欠です。ラブラドールの子犬は、生後7週間から4ヵ月の間に、さまざまな人、場所、状況に優しく触れさせて早い段階でトレーニングを開始することで、順応性が高く、礼儀正しい成犬に成長することができます。ラブラドールにとって子犬期のトレーニングは社会化プロセスの一部であり、ペットオーナーが悪い習慣を早期に認識し、修正することを学ぶのに役立ちます。ラブラドールは、献身的で、利口で、エネルギッシュな仲間であり、少しの忍耐をもって接すれば、トレーニングの努力は報われ、元気よく尻尾を振りながら素晴らしい行動で応えてくれるでしょう。

7/7

ラブラドールレトリバーのすべて 

出典
  1. Veterinary Centers of America https://vcahospitals.com/
  2. ロイヤルカナン犬の百科事典。2010年版、2020年版
  3. Banfield Pet Hospital https://www.banfield.com/
  4. ロイヤルカナンBHN製品ブック
  5. アメリカン ケネル クラブ https://www.akc.org/

このページを「いいね」および「シェア」する