合計1万名様に子猫フードサンプルをプレゼント中!

応募はこちら

ジャーマンシェパードのご紹介 

正統派の人気者です。広く愛されるジャーマンシェパードは需要の高い品種の1つであり、高い知性と揺るぎない忠誠心で賞賛を受けています。家族向きのペットとして最適なジャーマンシェパードは、大変従順であるため、しつけやすく、シェパード自身も楽しみながら学習できます。その他の魅力として、明るく輝く目をあげることができます。  

正式名称:ジャーマンシェパード ドッグ  

別名:ジャーマンシェパード、アルザス、GSD

原産:ドイツ

空を見上げているジャーマン シェパード(側面の白黒写真)
  • よだれの量 

  • トリミングの必要性 

  • 抜け毛の量 

  • 吠える 

  • エネルギー レベル 

  • 他のペットとの相性 

  • 暖かい気候への適性 

  • 寒い気候への適性 

  • アパートでの生活への適正 

  • 1匹で過ごせる* 

  • 家族向きのペット*

*ペットをあまりに長時間留守番させることは避けましょう。一緒に過ごすことで、精神的なストレスや破壊的な行動をおさえることができます。    品種ごとの特性はあっても、ペットにはそれぞれ個性があります。品種の特性に関する概要については、目安として参考にしてください。    幸せで健康的な、社会のルールに順応できるペットに育てるために、ペットをトレーニングして社会化させるだけでなく、基本的な福祉面でのニーズ(および社会的かつ行動上のニーズ)を満たすことをおすすめします。    目の届かない状況で、ペットを子供と一緒に放置してはなりません。    さらにアドバイスが必要な場合は、ブリーダーまたは獣医師にご相談ください。    すべてのペットは社交的であり、ペットオーナーと一緒に過ごすことを好みます。ただし、幼い頃からペットオーナーがいない状況に対処するようにトレーニングすることができます。この場合、獣医師またはトレーナーにアドバイスを求めてください。
横から見たブラックとブラウンのジャーマン シェパードのイラスト
オスメス
高さ高さ
60 - 65 cm55 - 60 cm
体重体重
30 - 40 kg22 - 32 kg
ライフステージ
成犬期
15か月~5歳
中高齢期高齢期
5~8歳8~18歳
成長前期成長後期
誕生~2か月2〜15か月
あえいでいるジャーマン シェパードの側面からのクローズアップ
1/7

ジャーマンシェパードについて 

この犬種について知っておくべきこと  

利口で元気な、安定した気質のジャーマンシェパードは、犬に求められる多くのものをあわせ持っています。ペットオーナーとその家族に献身的で、部屋から部屋へ、車の中へ、どこにいようと付いてきてくれます。  

ジャーマンシェパードのエネルギー レベルはどれくらいでしょうか?体力はかなりあります。この犬種はどんなアクティビティにも喜んで取り組むため、エネルギー レベルが高いということは楽しみもたくさんあるということです。散歩や走り回ることなど、すべての運動がジャーマンシェパードには効果的です。得意とする追跡や、すばしっこさを競い合う競争も同様です。  

ジャーマンシェパードを定義する特徴が1つあるとすれば、賢さです。驚くほど高い知性と、物事を理解する能力を持つことで知られています。  

非常に高い知性のため、ジャーマンシェパードは、障害者や視覚障害者向けの介助犬としても広く登用されています。揺るぎない忠誠心、賢さ、そして鋭い嗅覚を考慮すると、その役割に理想的に適しています。  

効果的にトレーニングすれば、あなたの要望に確実に応えます。自信あふれる性格だけでなく、優れた家庭犬としても知られています。ペットオーナーとの絆が非常に深いため、ジャーマンシェパードに教えるのは難しいことではありません。ただ、一貫して教える必要があります。  

その他の犬種特有の特徴と言えば、被毛です。ダブルコートで、独特で色彩豊かな、まだら模様のゴージャスな厚い被毛は、ジャーマンシェパードの堂々とした風貌を形成しています。  

ジャーマン シェパードの側面写真。背景は警察官の足
2/7

ジャーマンシェパードにまつわる2つの事実 

1. 驚くほど優れた嗅覚 

ジャーマンシェパードは、匂いを検知する能力、つまり嗅覚が極めて優れている犬種です。捜索および救助活動や、そして俊敏な特性を活かして、警察や軍事活動での爆弾や麻薬をかぎ分けるために登用されています。 

2. 鼻といえば… 

牧畜犬として繁殖されたジャーマンシェパードは、動物だけでなく人間にも鼻を使ってコミュニケーションすることで知られています。外に出たいとき、散歩に出かけたいとき、または食事の時間に、鼻先であなたをつつきます。可愛らしくて無邪気な性格のジャーマンシェパードは、守りたいという気持ちも非常に強いため、小さな子供が心配な家庭でも活躍するでしょう。  

2匹の子犬と座っているジャーマン シェパード(白黒)
3/7

この品種の歴史 

落ち着きがあり、きわめて忠誠心が高いジャーマンシェパードの気質は、1899年にドイツでマックス フレデリック エミール フォン ステファニッツ大尉が行った慎重な繁殖に反映されています。フォン ステファニッツ大尉は、特に羊向けの優れた牧畜犬を作出したいと考え、ドイツ南部と中央部で牧羊犬をかけ合わせました。高い知性と運動能力を兼ね備えた犬を繁殖させることが目標でした。こうして「シェパード」、つまり羊飼いが誕生したのです。  

そして、フォン シュテファニッツは、1899年にフランクフルトでこの犬種のクラブを設立しました。この犬種はその後数年間で鋭い従順性を伸ばし、特に今日でもジャーマンシェパードを広く採用している軍隊と警察によって、セキュリティの目的でますます登用されるようになりました。また、大衆に歓迎されるようになりました。ジャーマンシェパードは、リンチンティンとストロングハートが映画スターとして活躍したことで、20世紀初頭に米国で絶大な人気を博しました。世界中でも、非常に人気が高い犬種です。アメリカン ケネル クラブによると、過去10年間の米国の犬種のトップ10で、通常はラブラドール レトリバーに次ぐ2位にランクインしています。  

4/7

頭から尻尾まで 

ジャーマンシェパードの身体的特徴 

1
2
3
4
5

1.

形の良い耳の先端は尖り、顔の輪郭に向かって前方に傾斜している。  

2.頭部

バランスの取れたくさび形の頭、力強い鼻口部。  

3.被毛

厚いアンダーコート、粗いトップコート、ディープ ブラックとタン、シルバーとホワイトの独特の被毛。  

4.

筋肉質で強靭なボディ、バランス感覚と均整の取れたしなやかな肉体、しっかりとした肋骨と胸部、すらっとした体つき。  

5.尻尾

下側は少し長く、厚い長毛の尻尾。  
草や黄色い花の上を走っているジャーマン シェパード
5/7

注意すべきこと 

この品種の特性から健康に関する一般的な概要まで、ジャーマンシェパードに関するいくつかの注意が必要なポイントをご紹介します。 

力強い犬種は胃腸が敏感  

健康に関しては、ジャーマンシェパードは消化管の問題や下痢を発症することがあります。生命を脅かすことはありませんが、それでも犬にとって楽しいことではありません。他の問題もありますが、特に消化能力に関連して起こり得る、下痢または軟便、胃腸炎、膵臓機能不全、鼓脹症、炎症性腸疾患などに気を付けてあげましょう。アレルギー性皮膚炎、または皮膚炎にかかることもあります。消化能力が低い場合でも、非常に栄養価の高いフードを与えることで、本来必要な栄養を吸収できる可能性があります。適切な診断を受けるための精密検査は必要不可欠ですが、これには時間と費用がかかることがあります。獣医師が治療法を探す助けとなります。  

腰に気を付けて!  

股関節形成不全はジャーマンシェパードに三番目に多くみられる病気で、この病気にかかりやすい傾向があります。この病気は、大腿骨と座骨が完全にはまっていない状態になる、球関節の発達の問題です。この病気になると関節炎になります。特に大型犬の場合、成長率を一定に保ち、骨と筋肉が一緒に発達するようにすることが重要です。筋肉が速く成長すると、異形成が発生する確率が高くなります。そのため、骨や関節に負荷がかかり、関節炎を発症させ、続いて異形成につながる可能性があります。この病気の兆しがあるかについては、獣医師が簡単な検査を行うことでわかります。  

エネルギーにあふれています  

ジャーマンシェパードは非常にエネルギーにあふれた犬種です。この優雅な犬を家族に迎えることを考えるとわくわくしますが、すべての人にふさわしい犬種とはいえません。ジャーマンシェパードは、毎日たくさん運動することで、健やかに過ごせるようになります。長距離のランニングでも付き添い、何時間でも一緒に駆け回るほどです。
ただし、すべての犬種と同様に、ジャーマンシェパードは、身体的特徴の一部が極端に表れている場合、場合によっては後ろに傾斜していると、健康上の問題に悩まされることがあります。この特性は、ドッグ ショー向けの犬種の開発に由来しています。ブリーダーはエレガントなボディ ラインを目指して、犬がリングを移動するときに弾むように歩けるよう、脚を短くしました。ブリーダーから犬を購入する際に必要であれば、獣医師に相談することをお勧めします。 

健康的な食事で、より健康的に  

ジャーマンシェパードのフードを選ぶ際に考慮すべき多くの要因があります。それには、犬の年齢、ライフスタイル、活動レベル、生理的な状態、健康状態などが含まれます。フードは犬の生命維持に必要なエネルギーを提供します。総合栄養食は、栄養素の不足や過剰を避けるために、栄養素のバランスが調整されています。 また、ジャーマンシェパードの健康的な排尿をサポートするために、清潔で新鮮な水をいつでも飲めるようにしておく必要があります。暑い時期、特に運動をする場合は、犬が頻繁に水を飲むことができるよう水を持参してください。エネルギー摂取量も、気候条件に合わせる必要が生じる場合もあります。屋外飼育の犬は、冬に必要なエネルギー量が増加します。以下の推奨事項は、健康的な動物に対するものです。犬に健康上の問題がある場合は、獣医師に相談し、必要に応じて専用の食事療法食を処方してもらいましょう。 

ジャーマンシェパードの子犬が必要とするエネルギー、タンパク質、ミネラル、ビタミンの量は、成犬よりもはるかに多くなります。子犬は成長し、体を大きくするためにもエネルギーと栄養素が必要なためです。生後15か月頃まで、ジャーマンシェパードの子犬の免疫システムは徐々に発達していきます。この大きな変化、発見、新しい出会いのある時期に、ビタミンEなどの抗酸化物質の組み合わせが、健康を維持することで本来の自然免疫力の発達のサポートに役立ちます。消化機能もジャーマンシェパードの子犬と成犬では異なります。子犬の胃腸系はまだ十分に成長していないため、 効率的に消化・吸収される消化性の高いタンパク質を与えることが重要です。フラクトオリゴ糖などのプレバイオティクスは、腸内環境を整えることによって胃腸の健康をサポートし、健康な便の排泄に役立ちます。   

適切なサイズ、形状、食感のキブル(ドライフードの粒)を選ぶことが重要です。この成長段階では、適度なエネルギー量も必要です。成長期間が長く激しい大型品種の子犬(ジャーマンシェパードの子犬など)は、特に四肢欠損、骨の変形、関節病変などの骨格や関節の問題の影響を受けやすくなっています。成長の初期段階は、主に骨の発達に関係していますが、筋肉も成長し始めます。つまり、子犬の頃に食べ過ぎると、過剰なエネルギーを吸収することで体重が増え過ぎて、急激な成長につながります。骨格に余分な重みが加わると、骨の変形や関節の問題、形成不全のリスクが高まります。ジャーマンシェパードの子犬用フードのエネルギー密度を制限して、正しい1日の摂取量を給与することで、成長の速度を制御してリスクを最小限に抑えるのに役立ちます。 

特別に成分を配合した成長期用フードでは、その他の栄養素の濃度が通常よりも高い必要があります。フードのカルシウム含有量を増やす必要がありますが、大型犬の子犬は、カルシウムの過剰摂取に対して敏感に反応します。獣医師が処方する場合を除き、成長段階向けに配合された総合栄養食に成分を追加することは、不必要であり、最悪の場合は動物にとって危険を招くことを理解することが重要です。生後6ヵ月までは1日の給与量を3回に分けて与え、その後は1日2回に変更することをお勧めします。  

ジャーマンシェパードの成犬の主な栄養目標は、次のとおりです。 

高品質のタンパク質と腸内細菌の発酵を制限する特定の食物繊維の選択により、最適な消化率を向上させます。これは腸内環境を整えることをサポートし、ジャーマンシェパードの胃腸が敏感であることを考慮に入れています。 

必須脂肪酸(特にEPA/DHA)、 必須アミノ酸、ビタミンB群を豊富に配合しているため、皮膚や被毛の健康や美しさを保ち、健康を維持することで皮膚のバリア機能をサポートするのに役立ちます。 

グルコサミン、コンドロイチン、抗酸化物質で、骨や関節の健康をサポートします。 

5歳を過ぎると、ジャーマンシェパードは老化の最初の徴候を表し始めます。抗酸化物質を豊富に含んだフードは犬の健康な活力を維持するのに役立ち、コンドロイチン、グルコサミン、コラーゲン、EPA/DHAなどの特定の栄養素は骨や関節の健康を維持するのに役立ちます。高齢化に伴い消化能力や特定の栄養ニーズにも変化が現れるため、高齢のジャーマンシェパードのフードには次のような配慮がなされている必要があります。 

高めのビタミンC・ビタミンE含有量。これらの栄養素には抗酸化作用があるため、高齢期の健康維持に役立ちます。 

高品質のタンパク質。広く言い伝えられていることとは裏腹に、フードのタンパク質含有量を下げることは腎不全を抑えるうえでほとんど役に立ちません。また、高齢の犬はフードに含まれるタンパク質を若い犬のように効率的に消化・吸収することができません。リン含有量を減らすことは、高齢期の腎臓の健康維持に役立ちます。 

皮膚と被毛の良好な状態を維持するために、微量元素である鉄、亜鉛、マンガンの割合を増やしたフードも良いでしょう。 

ルリチシャ油や魚油のような多価不飽和脂肪酸を多く含むものが、健康な被毛の質を維持するのに役立ちます。通常、犬はこれらの脂肪酸を合成できますが、老化によってこの生理学的なプロセスが影響を受ける可能性があります。 

高齢になるにつれて、 犬は歯の問題を抱えることが増えます。十分な量を確実に食べ続けられるよう、 顎に合った形や大きさ、食感のキブル(ドライフードの粒)を選ぶ 必要があります。 

生涯を通して、ジャーマンシェパードには人間の食べ物や脂肪分の多いスナックを与えないようにすることが重要です。代わりに、給与量の範囲内でキブル(ドライフードの粒)をご褒美として与え、過度の体重増加を防ぐために、パッケージに記載された給与表を目安に、適正体重を維持できる量のフードを与えるようにしましょう。  

土と葉の上を走っているジャーマン シェパード
6/7

ジャーマンシェパードのケア  

運動、トリミング、トレーニングのヒント  

ジャーマンシェパードは運動と密接に関わっています。とても元気で活発な性格で、人間のために働く犬種であるため、毎日かなりの運動量を必要とします。単独でも人間と一緒でも走ることに長けており、長距離はお手のものです。ハーディング(群れを追う)、追跡、アジリティ(敏捷性)の演習は、これらのコンテストで良い成績を収めることが多いジャーマンシェパードが得意とするところです。もちろん、使役犬のコンテストやあらゆる分野のドッグ ショーでも優秀なのは言うまでもありません。  

ジャーマンシェパードの被毛は、少し厚くて硬めのアウターコートと柔らかいアンダーコートからなるダブルコートです。週に2回のブラッシングが最適です。運動能力が高いジャーマンシェパードですが、入浴をあまり必要としません。長毛の犬種はよく毛が抜けますが、定期的にブラッシングすると抜け毛の量が少なくなります。年に2回毛が生え変わって新しい被毛になります。爪のカットは月1回行う必要があります。舗装された道を歩くと爪が短くなり、頻繁にカットする必要がなくなります。  

ジャーマンシェパードは非常にトレーニングがしやすく、命令やコマンドをよく聞く性格です。人間を喜ばせるのがとても好きで、信じられないほど利口な犬種であると言っても過言ではありません。この特性を持ち合わせているため、トレーニングを行うと素晴らしい仲間になります。ジャーマンシェパードは常に何かすることを探していますので、かなり早期にトレーニングを始めることがすすめられます。この犬種は、人間の家族ととても強い絆で結ばれます。  

7/7

ジャーマンシェパードのすべて  

出典
  1. Veterinary Centers of America https://vcahospitals.com/
  2. ロイヤルカナン犬の百科事典。2010年版、2020年版
  3. Banfield Pet Hospital https://www.banfield.com/
  4. ロイヤルカナンBHN製品ブック
  5. American Kennel Club https://www.akc.org/

このページを「いいね」および「シェア」する