獣医師監修のニュースレターをお届け。

登録する

マルチーズのご紹介

目を見張るような美しさの被毛、小さな体格、非常にかわいらしい性格を備えたマルチーズは、友好的でのんびりとした品種です。優れたコンパニオンドッグとして有名なマルチーズは、ペットオーナーと強い絆を築き、一緒にいて楽しい友となります。マルチーズはトイ ブリードの中でも小さい品種の1つで、体高は9インチ(23 cm)しかありません。膝の上に乗せるのにちょうどよいサイズです。王族からハリウッドのトップスターまで、多くの人々に愛されてきたのも不思議ではありません。 

正式名称:マルチーズ 

別名:メリテ ドッグ、ローマン レイディーズ ドッグ、ビション マルチーズ、マルチーズ ライオン ドッグ、 マルチーズ テリア 

原産:イタリア 

カメラ目線のホワイト マルチーズ(側面写真)
  • よだれの量 

  • トリミングの必要性 

  • 抜け毛の量 

  • 吠える 

  • エネルギー レベル 

  • 他のペットとの相性 

  • 暖かい気候への適性 

  • 寒い気候への適性 

  • アパートでの生活への適正 

  • 1匹で過ごせる* 

  • 家族向きのペット*

*ペットをあまりに長時間留守番させることは避けましょう。一緒に過ごすことで、精神的なストレスや破壊的な行動をおさえることができます。    品種ごとの特性はあっても、ペットにはそれぞれ個性があります。品種の特性に関する概要については、目安として参考にしてください。    幸せで健康的な、社会のルールに順応できるペットに育てるために、ペットをトレーニングして社会化させるだけでなく、基本的な福祉面でのニーズ(および社会的かつ行動上のニーズ)を満たすことをおすすめします。    目の届かない状況で、ペットを子供と一緒に放置してはなりません。    さらにアドバイスが必要な場合は、ブリーダーまたは獣医師にご相談ください。    すべてのペットは社交的であり、ペットオーナーと一緒に過ごすことを好みます。ただし、幼い頃からペットオーナーがいない状況に対処するようにトレーニングすることができます。この場合、獣医師またはトレーナーにアドバイスを求めてください。 
横から見たホワイト マルチーズのイラスト
オスメス
高さ高さ
21 - 23 cm18 - 23 cm
体重体重
3 - 4 kg3 - 4 kg
ライフステージ
成犬期
10か月~8歳
中高齢期高齢期
8~12歳12~22歳
成長前期成長後期
誕生~2か月2〜10か月
草の上を歩いている長毛のマルチーズ
1/7

マルチーズについて

この犬種について知っておくべきこと 

頭から足の先まで絹のような白い被毛で覆われたマルチーズは、まっすぐに立った姿勢が堂々としていて立派です。そんな小さなトイ ブリードが、犬の世界の貴族とみなされているのも納得できます。実際、古代エジプト、ギリシャ、ローマで尊重されていたのは疑いの余地がありません。 

ローマ時代には社会的地位やファッションの象徴のように扱われ、上流階級の女性はまるでアクセサリーであるかのようにマルチーズを連れ歩いていました。その後、1800年代に再び人気が上昇し、イギリスの複数の女王を含む王族のお気に入りとなりました。そのため、初期のドッグショーでも人気の品種でした。  。

今日では、マルチーズはスターの中でも特に人気の品種になっています。マルチーズを飼ったことがあるといわれている有名人には、マリリン・モンロー、ジェーン・フォンダ、エリザベス・テイラー、エレン・デジェネレス、ジェシカ・シンプソンなどがいます。 

体は小さくても元気がよく、非常に堂々としていて、ちょっとのことでは動じません。実際、マルチーズは少し頑固になることもありますので、早期にトレーニングクラスに参加することはメリットになるでしょう。マルチーズは非常に賢く、学習能力の高い犬種です。また、身体的特徴は別にして、吠えるという点で優れた番犬になります。大きさで欠けているものを、行動で補っているのです。 

マルチーズはかなり体格の良い健康的な品種で、寿命も長くなっています。10代半ば近くまで生きる場合が多く、もっと長く生きるマルチーズもいます。 

体が小さく、時にキャンキャン吠えることがあるため、マルチーズは幼児や小さな子供がいる家庭にはなじみづらい場合があります。また、長時間にわたって1匹で放っておかれるのが苦手なので、日中を家で過ごす人や仕事に連れていける人に最適です。 

しかしそれ以外は、あらゆる面で優れた家庭犬の選択肢であるといえます。実際、マルチーズは世界で最も人気のある犬種のリストに頻繁に登場します。 

石の壁の前でじっとしている2匹のマルチーズの子犬
2/7

マルチーズにまつわる2つの事実 

1.古代エジプトのマルチーズ 

今日のマルチーズの祖先は特に古代エジプトで愛でられており、病気の人を治す能力があると信じられていました。そのため、マルチーズのような犬の彫像がこの時代の出土品から見つかっています。 

2.涙やけのケア

マルチーズに関してよくある質問の1つは、目の周りの被毛のケアです。たとえば涙管が詰まっていると、目の周りの被毛が汚れることがあります。この場合は獣医師の診察を受ける必要があります。その後は、温水に浸した布で、布が目に入らないように注意しながら、被毛をきれいに拭いてあげましょう。 

カメラ目線で座っているマルチーズ(白黒)
3/7

この品種の歴史 

世界で最も古い犬種の部類に入るマルチーズは、何世紀にもわたって人間と一緒に暮らしてきました。この小型犬の祖先は、その名前とは裏腹に、イタリアから来たと考えられています。この名前は、この犬が港の周りのネズミを捕まえるために利用されていたこともあり、「停泊港」または「港」を意味するセム語の単語に由来すると考えられています。 

ローマ時代、 マルチーズは女性貴族に人気を博しました。これらの貴婦人たちは、マルチーズを胸元で抱いたりポケットに入れたりして連れ歩きました。その後、この品種は中国人によって中国原産の犬と交配されて洗練され、輸出されました。

マルチーズは16世紀までにヨーロッパで人気を博し、王族に愛されました。エリザベス1世もビクトリア女王も、そしてスコットランド女王メアリーもマルチーズを飼っていました。 

1800年代になっても、この品種の人気はさらに上がっていきました。1888年にアメリカン ケネル クラブによって公認されると、マルチーズはすぐに英国と米国両方のドッグショーに定期的に登場するようになりました。今日でも、ドッグショーでマルチーズが「優勝犬」の賞を目指して活躍する場面を見かけます。

4/7

頭から尻尾まで 

マルチーズの身体的特徴 

1
2
3
4
5

1.被毛 

絹のような真っ白い被毛で覆われている頭と体。

2.頭部 

三角形の耳、黒い目、ボタン状の鼻が特徴の顔。

3.体 

活発に動く小さな細長い体のトップラインはまっすぐ。

4.尻尾

大きなカーブを描いてお尻の上に垂れている尻尾。

5.換毛 

多くの犬種に見られるアンダーコートがないため、マルチーズはあまり毛が抜けません。
草の上にいる2匹のマルチーズの成犬と2匹の子犬
5/7

注意すべきこと 

この品種ら健康に関する一般的な概要まで、マルチーズに関するいくつかの注意が必要なポイントをご紹介します。 

歯ブラシを忘れずに 

多くのトイブリードと同じで、マルチーズも歯肉炎や歯周病など、歯や歯茎に問題が起こりやすい傾向があります。歯周病になるとマルチーズは痛みを感じるようになり、食事が困難になったり、歯が抜けたり、腎臓や肝臓、心臓などにもっと深刻な合併症が生じる可能性もあります。歯に歯垢や歯石が蓄積することによって引き起こされるため、毎日のブラッシングで防ぐのが最善です。また、獣医師で定期的にクリーニングと歯科検診を行うことをおすすめします。 

定期的な目の検査も重要 

マルチーズは、人間にも起こることのある「緑内障」にかかりやすい傾向があります。これは、目の中の水分が排出されず、圧力が上昇したときに発生し、強い痛みを伴う場合があります。また、網膜に損傷を与える可能性もあります。そのため、目を定期的にチェックして、目を細めたりしていないか、目がうるんだり炎症がおきていないか、腫れたり膨らんだりしていないかなどの症状について確認することをお勧めします。いつもと違うなと感じたら、まずできるだけすぐに獣医師に相談しましょう。また、マルチーズは目の精密検査を受けることをおすすめします。

心臓の問題が起こる可能性の低減 

マルチーズは一般的には健康的な犬種ですが、心臓の問題が起きやすい傾向があります。特に心臓の左側にある弁の損傷(正式には「僧帽弁疾患」といいます)は、多くの小型犬がかかる可能性のある問題です。この症状は心臓検査で発見されることが多いので、毎年心臓の検査を受けることをおすすめします。この症状は完全に治ることはありませんが、薬によって進行を遅くしたり症状を和らげたりすることができます。一般的には、歯の適切なケア、体重のコントロール、および定期的な運動はいずれも、心臓病のリスクを減らすのに役立ちます。 

健康的な食事で、より健康的に

マルチーズのフードを選ぶ際に考慮すべき多くの要因があります。 それには、犬の年齢、ライフスタイル、活動レベル、生理的な状態、健康状態などが含まれます。フードは犬の生命維持に必要なエネルギーを提供します。総合栄養食は、栄養素の不足や過剰を避けるために、栄養素のバランスが調整されています。 マルチーズの健康的な排尿をサポートするために、清潔で新鮮な水をいつでも飲めるようにしておく必要があります。暑い時期、特に運動をする場合は、犬が頻繁に水を飲むことができるよう水を持参してください。 以下の推奨事項は、健康的な動物に対するものです。犬に健康上の問題がある場合は、獣医師に相談し、必要に応じて専用の食事療法食を処方してもらいましょう。 

マルチーズの子犬が必要とするエネルギー、タンパク質、ミネラル、ビタミンの量は、成犬よりもはるかに多くなります。子犬は成長し、体を大きくするためにもエネルギーと栄養素が必要なためです。 生後8か月頃まで、マルチーズの子犬の免疫システムは徐々に発達していきます。この大きな変化、発見、新しい出会いのある時期に、ビタミンEなどの抗酸化物質の組み合わせが、健康を維持することで本来の自然免疫力の発達のサポートに役立ちます。消化機能もマルチーズの子犬と成犬では異なります。子犬の胃腸系はまだ十分に成長していないため、 効率的に消化・吸収される消化性の高いタンパク質を与えることが重要です。 オオバコなど特定の食物繊維をバランスよく摂取することは、健康的な消化管運動の維持に貢献し、健康な便の排泄に役立ちます。 

同様に、子犬の歯(乳歯、次に永久歯)は、キブル(ドライフードの粒)のサイズ、形状、食感を選ぶ際に考慮しなければならない重要な要素です。 この成長期は、エネルギーの要求量が高いことも意味します。そのため、フードは高カロリーなものでなければなりません。また、その他のすべての栄養素の量も、成長期用のフードでは通常よりも高くなります。生後6ヵ月までは1日の給与量を3回に分けて与え、その後は1日2回に変更することをお勧めします。

生涯を通して、 マルチーズには人間の食べ物や脂肪分の多いスナックを与えないようにすることが重要です。代わりに、キブル(ドライフードの粒)をご褒美として与えることができます。過度の体重増加を防ぐために、パッケージに記載された給与表を目安に、理想体重を維持できる量のフードを与えましょう。 

マルチーズの成犬の主な栄養目標は、次のとおりです。

消化性の高い成分を使用し、 脂肪分を適切な量に保つことによって理想的な体重を維持します。

必須脂肪酸(オメガ3、 EPA/DHA、オメガ6)、ルリシチャ油、ビオチンが含まれており、皮膚や被毛の健康や美しさを保つのに役立ちます 

咀嚼に適した形状に作られたキブル(ドライフードの粒)は 歯石の形成を抑え、口腔を清潔に保つのに役立ちます。 

マルチーズは好き嫌いが激しい傾向があります。マルチーズのとても小さい顎に合わせてキブル(ドライフードの粒)のサイズは超小型にして、フードをうまく口に運べるようにする必要があります。素晴らしい匂いと味は、好き嫌いの激しい彼らの食欲を刺激するのに役立つでしょう。

胃腸系の健康を維持します。食物繊維をバランスよく摂取できるように配合したフードは、効率的に消化・吸収される消化性の高いタンパク質は、 健康な便の排泄に貢献します。 

消化性の高い成分を使用し、脂肪分を適切な量に保つことによって理想的な体重を維持します。 主に室内で生活するマルチーズは活動量が少ないため、過度の体重増加を防ぐために、パッケージに記載された給与表を目安に、適正体重を維持する量を与えましょう。去勢手術は犬が太り気味になる要因の一つなので、避妊・去勢手術をされたマルチーズの場合は特に大切です。 

超小型犬は尿路結石ができやすいので、泌尿器系の健康をサポートするフードをおすすめします。 

8歳を過ぎると、マルチーズは老化の最初の徴候に直面し始めます。抗酸化物質が豊富なフードは健康な活力を維持するのに役立ちます。また、タウリンなどの重要な栄養素は健康な心臓機能の維持をサポートします。 

高齢化に伴い消化能力や最適な栄養バランスにも変化が現れるため、高齢のマルチーズのフードには次のような配慮がなされている必要があります。 

高めのビタミンC・ビタミンE含有量。これらの栄養素には抗酸化作用があるため、高齢期の健康維持に役立ちます。 

高品質のタンパク質。広く言い伝えられていることとは裏腹に、フードのタンパク質含有量を下げることは腎不全を抑えるうえでほとんど役に立ちません。また、高齢の犬はフードに含まれるタンパク質を若い犬のように効率的に消化・吸収することができません。

リン含有量を減らすことは、高齢期の腎臓の健康維持に役立ちます。 

皮膚と被毛の良好な状態を維持するために、微量元素である鉄、亜鉛、マンガンの割合を高めます。 

健康な被毛の質を維持するために、多価不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸)を多めに配合しています。通常、犬はこれらの脂肪酸の多くを合成できますが、老化によってこの生理学的なプロセスが影響を受ける可能性があります。 

高齢になるにつれて、犬は歯の問題を抱えることが増えます。愛犬が十分な量を確実に食べ続けられるよう、愛犬の顎に合った形や大きさ、食感のキブル(ドライフードの粒)を選ぶ必要があります。 

前足を丸太に乗せて喘いでいるマルチーズの子犬
6/7

マルチーズのケア 

運動、グルーミング、トレーニングのヒント 

マルチーズは確かにエネルギーにあふれていますが、体が小さいため、実際には他の犬種よりも運動量が少ないとされています。健康で幸せに暮らすためには、1日2回ほどの短い散歩で十分です。散歩のほかにも定期的に一緒に遊んだりゲームをすると、利口なマルチーズに必要な精神的刺激を与えることができます。これには、吠えすぎる傾向のあるマルチーズの欲求を抑える効果もあります。

マルチーズの優美な被毛を手入れすることはこの上ない栄誉ですが、けっこう手間がかかります。もつれて毛玉ができないように毎日優しくブラッシングすることをおすすめします。頭の上の毛は、目を刺激しないようにリボンで結ぶか短くカットしましょう。月に1回のシャンプーも良い考えです。マルチーズはあまり毛が抜けません。爪は速いペースで伸びるので定期的にカットし、耳もチェックする必要があります。マルチーズは歯の病気になりやすいので、毎日歯を磨いてあげましょう。 

頑固な一面があることも知られている愛らしい気質のマルチーズは、非常に利口な小型犬で、学習能力も高いです。一貫性、根気、同じことの繰り返しが鍵で、マルチーズはすぐにトレーニングを習得し始めます。この超小型犬を早期に社会化すると新しい状況に慣れやすくなり、他の犬や人間の周りで快適に過ごせるようになります。基本的なコマンドがわかるようになったら、マルチーズは服従やアジリティなどの能力を競うスポーツでもうまくいく可能性があります。誰もが欲しがる「優勝犬」の賞をマルチーズがさらってしまうのはよくあることです。 

出典
  1. Veterinary Centers of America https://vcahospitals.com/
  2. ロイヤルカナン犬の百科事典。2010年版、2020年版
  3. Banfield Pet Hospital https://www.banfield.com/
  4. ロイヤルカナンBHN製品ブック
  5. American Kennel Club https://www.akc.org/

このページを「いいね」および「シェア」する