犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
健康とウェルビーイング

犬の尿失禁

Ageing Golden Retriever lying down outdoors in grass.
高齢犬の尿失禁は一般的であり、さまざまな要因によって引き起こされます。この記事で、その原因と治療法について詳しく学びましょう。

犬の加齢にともない、その行動や性格、体格が変化していることに気づくようになります。尿失禁は高齢犬によく起きることで、飼い主が犬の世話ができると自信を持つことが重要です。

高齢犬が尿失禁すると、若い頃と同じようには排尿しなくなります。排尿していることを認識していなかったり、床の上で排尿したり、排尿に苦労していたりするのです。この振る舞いに対して責めないことが重要です。意図的に行っているのではなく、この機能を制御できなくなっているからです。

人間と同じように、犬も胃腸の問題を抱えることがあります。胃腸に問題を抱えると、不快感を感じたり、不快な症状に苦しんだり、時にはもっと広範な健康問題につながることもあります。敏感な胃腸を管理し、消化器系を健康に保つためには、食事が大変重要です。

犬の尿失禁の原因は何ですか?

人間と同じように、犬も年をとると体型が変化します。そして、筋肉が弱くなり、体のさまざまな部分をつかさどる神経も衰えます。尿失禁は、泌尿器系周囲の筋肉の単純な老化や、それらの筋肉に対するコントロール力の衰えによって引き起こされる可能性があります。

メス犬はオス犬よりも尿失禁を発症する可能性が高く、一部の大型犬はこの問題の素因を持っています。例えば、ボクサー、ドーベルマン、ジャイアントシュナウザー、グレートデーンズ、ジャーマンシェパードなどです。避妊手術を受けたメス犬のうち、体重20kgを超える犬では、30%が尿失禁に苦しんでいます。一方、小型の品種では10%以下です。

肥満は尿失禁のリスクを高める可能性があります。特に、避妊されたメス犬で可能性が高まります。それは、泌尿器系周囲の脂肪の重さが筋肉に機械的に影響を及ぼし、それが尿失禁につながるというメカニズムです。

根本にある泌尿器の問題が尿失禁を引き起こすこともあります。例えば、泌尿器系の炎症、膀胱炎、感染症、あるいは「結石」(尿路結石症と呼ばれる)の発症などが原因になり得ます。糖尿病や神経障害などの全体的な病気も、尿失禁を引き起こす可能性があります。よって、排尿に関連する行動の変化に気付いたら、すぐに犬を動物病院に連れていくことが重要です。

Ageing Great Dane standing outdoors in a field.

犬の尿失禁の治療にはどのようなものがありますか?

尿失禁の原因によって、さまざまな方法で治療されます。筋肉の問題である場合、獣医師は、泌尿器の筋肉の制御を促す刺激剤を処方する場合があります。これは75%の症例において有効です。

あなたの犬が根本的な泌尿器系の問題を抱えている場合、かかりつけの獣医師は石を取り除く外科手術を勧める可能性があります。また感染症を治療する抗生物質を処方し、尿の健康状態を良好に維持できる食事を推奨するかもしれません。また獣医師は、更なる尿の問題のリスクを減らすため、あなたの犬がより活発になれるライフスタイルの変更を提案するかもしれません。

より大きな医学的原因がある場合、獣医師は尿失禁だけではなく抜本的な治療を目指すでしょう。

あなたの犬の排尿をめぐる行動が年齢とともに変化してきたとしても、何もできないと結論を下すことはありません。最善のアドバイスをくれる、かかりつけの獣医師を受診しましょう。

  • 尿の健康

このページをお気に入り&シェアする

関連記事
Adult dog standing outside eating from a red bowl.

愛犬の尿の健康と食事について理解する

Adult Great Dane standing in a garden drinking from a silver bowl.

犬の泌尿器系の問題はどのように治療したらよいですか?

Young dog lying down on a sofa.

犬の膀胱の病気

獣医師を探す

愛犬の健康に不安がある場合は、獣医師に相談して専門的なアドバイスを受けてください。

販売店検索
Jack Russel Terrier adult standing in black and white on a white background
Cookie Settings