犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。

腸内フローラと消化 - 子犬

0001/01/01

愛犬の消化器系はどのように機能しているのでしょうか?

何でも食べる犬もいれば、好き嫌いの多い犬もいますが、適切な食事は犬の健康に必ずメリットをもたらします。例えば食感を変えることで、より味覚に訴求する食事にすることができます。しかし、大事なのはその次の段階で、食事を健康的で栄養価の高いエネルギー源に変えること、つまり消化器系で行われる消化です。

Content Block With Text And Image 2

犬の場合、(素早く)飲み込んだ食べ物は食道を通り、胃の中で消化酵素が分泌されて消化が始まります。小腸はその名とは違って表面積が大きく、栄養素の体内吸収を助けます。最後に、大腸を通って老廃物が体外に排出されます。

この複雑な消化のプロセスには、通常9時間かかりますが、その目的は一つで、犬の身体の機能や健康な成長に必要な栄養素を得ることです。しかし、食べ物を栄養素に変えるには消化しやすい食事である必要があります。食べ物がうまく消化されず、腸で大腸菌などによる分解が進むと、腸内フローラ(善玉菌のバランス)を乱し、下痢や栄養不足、その他の健康問題につながるおそれがあります。そのため、消化器系の健康はとても重要です。

Content Block With Text And Image 5

では、腸内フローラの役割とは何でしょうか?腸内フローラは、さまざまな細菌がおり、うまくバランスを取りながら犬の健康を守り、消化をサポートしています。

どうして健康的な消化を維持することが子犬にとって重要なのでしょうか?

子犬はまだ成犬ではありません。つまり、子犬の消化器系はまだ脆弱で、消化酵素の効率も成犬と比べると低いです。そのため、子犬の胃は、生後は母乳かそれに近い成分の哺乳用ミルクしか消化できず、固形食の消化ができるようになるには、成長に伴う多くの変化が必要です。離乳期には、子犬の消化能力はまだ未熟で、消化効率が悪く、食べ物に含まれる有益な栄養素のすべてを吸収することはできません。その結果、過度の疲労を起こし、成長スピードが低下する場合もあります。

栄養素はどのような効果があるのでしょうか?

消化不良により子犬の疲労や成長異常を引き起こさないためには、質の高い食事を与えることが不可欠です。消化が良く、調和の取れた成長を助ける栄養素をしっかり選ぶ必要があります。食事に含まれるタンパク質は消化しやすいものが望ましく、それに適正な量の食物繊維を加えることにより、栄養素が吸収しやすくなります。そのため、当社では胃腸の未熟な 子犬のために厳選したプロテイン源を配合した、専用のフードを与えることを推奨しています。予防的な栄養も、今からでも遅くはありません。プレバイオティクス(MOSなど)などの必要な栄養素は、子犬の腸内フローラの消化機能をサポート し、消化器障害のない成犬へと成長する助けとなります。

トップに戻る

Content Block With Text And Image 6

子犬の成長ステージに合ったきめ細かな栄養ケアはこちら

詳しく見る
このページをシェアする