犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
子犬

新しい子犬を迎えるための準備をする

Puppy Labrador Retriever lying down on a wooden floor and chewing a ball.
新しい子犬が家に着く前に、犬にとって新しい環境が安全で安心できる場所であることを確実にするために、チェックしておくべき点がたくさんあります。

子犬が家に着いたら、新しい環境、新しい人、そして場合によっては他の犬にも慣れなければならないでしょう。しかし、子犬が新しい空間で安全にいられるように、犬の到着前に実施できるチェックや変更点はたくさんあります。

子犬が安全に過ごせる家にする

家の中には、最初は考えもしなかったような危険要素が数多くあります。しかし、事前に「子犬にとって安全な工夫」をいくつかすることで、新しい子犬の到着準備をしっかりと整えることができます。

  • 電気ソケットをカバー - 子犬が電気ソケットに触ることができないように、家の中全体でプラグ ソケット カバーを使用する必要があります。
  • コードの露出をなくす - 子犬が噛み付く可能性があるコードが露出していないかどうかを確認し、結束バンドやカバーを使ってコードを収納してください。
  • 安全な窓、バルコニー、階段 - 子犬は探求心の強い動物で、探求に夢中になり何かにはまったり、高い所から落ちたりすることがあります。外への窓やドアの鍵は施錠して、バルコニーは可能な限り固定し、また、子犬が階段にアクセスできない状態であることを確認してください。
  • 医薬品や危険な液体を保管する - キッチンやバスルーム内の、害を及ぼす可能性のあるものはすべて片付けてください。電子タバコの詰め替えやスクリーンウォッシュ(洗浄液)は、摂取すると犬には特に有害であることが知られています。
  • 小さいものや鋭利なものを片付ける - 家の中を見て、ゴムバンドや画鋲、鋭利なもの、ビニール袋など、噛んだり飲み込んだりする可能性のある小さなものをすべて片付けてください。
Puppy Beagles standing indoors on a wooden floor.

新しい子犬のために庭の準備をする

室内の準備が整ったら、子犬が出入りできる外のスペースのチェックを行う必要があります。

  • フェンスの隙間を修繕する - 庭の周りにフェンスがある場合、または子犬を道路から守る門がある場合は、子犬が通って逃げそうな穴や隙間がないかどうかをよく確認し、ある場合はしっかり塞ぐ必要があります。
  • 有毒植物を除去する - 子犬が摂取しても問題がないように、庭に有毒な植物がないことを確認してください。犬にとって危険な植物には、イチジク、シクラメン、ホリー、ヤドリギ、ディーフェンバッキア、フィロデンドロン、アロエ、水仙、ヒヤシンス、アイリス、ツツジ、シャクナゲ、オレアンダー、ポインセチア、スイートピーなどがあります。
  • 肥料を点検する - 子犬が摂取してしまわないように、化学肥料や除草剤、殺虫剤が手の届かないところにあることを確認することは重要です。
  • 園芸用具を片付ける - 園芸用具、特に鋭利なものを使用する場合は、子犬が届かないような場所に保管することが重要です。

新しい子犬を迎えるための家の準備で他に重要なことは、緊急時に獣医師の電話番号にすぐにアクセスできるようにすることです。電話番号は家のどこかに貼っておくか、携帯電話に登録しておくと良いでしょう。そうすることで、子犬が病気になったり家の中で怪我をした場合にすぐに電話できます。

事前にいくつかのチェックを実施し、適切な方法で家の準備をすることで、子犬が新しい環境で安全かつ快適に過ごせるよう手助けすることができます。

  • 子犬期

このページをお気に入り&シェアする

子犬のためのテイラーメイドの栄養バランス

健康を保つことで、子犬本来の抵抗力の維持、健やかな成長、健康的な消化の維持をサポートする製品ラインアップ

子犬用製品
Content Block With Text And Image 1
関連記事
Puppy Labrador Retriever sitting outside and receiving a treat for the action .

子犬のトレーニング

Young Samoyed dog walking towards outstretched hands in a garden.

子犬をお家に慣れさせる

Dog Beagle sitting with a white head cone on his head.

オス犬を去勢させた方が良いですか?

Cookie Settings