犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
犬を飼う前に

自分にぴったりの犬を見つける

Adult Golden Retriever walking on a street with adult and child walking behind.
犬を飼うことで、あなたの生活は常に変化することになりますが、新しいペットを選ぶ前に自分自身に正しい質問をすることによって、あなたにぴったりなのは成犬か子犬かを上手に決めることができます。

犬を飼うことによって、あなたの生活は常に変化することになりますが、新しいペットを選ぶ前に自分自身に正しい質問をすることによって、あなたにぴったりなのは成犬か子犬かを上手に決めることができます。

多くの質問があり、それらは、飼うのが成犬なのか子犬なのかだけでなく、どんな種類の犬を飼うか、そしてシェルターやブリーダーのところに行くかどうかに影響する質問です。しかし、その中で最も重要なのは、あなたの現在の生活習慣で犬を飼うことができるかどうかを自分自身に問うことであり、何かしら変化があるとすれば、その準備ができるかどうかです。

犬を飼う前に考慮すべき問題点

  • 子どもはいますか?いるのであれば、彼らは何歳ですか?犬を相手にする際、どのようにふるまうかについて、あなたは幼い子供たちを教育することに時間をかける必要があるかもしれません。また、幼い子供たちを子供たちだけにして放っておくべきではないため、もしあなたがずっとそばにいないのであれば、犬がどこで過ごすのかをよく考える必要もあるかもしれません。
  • あなたは他のペットを飼っていますか?もしそうなら、彼らは新しい仲間にどのように反応するでしょうか。既存のペットに対する犬の紹介は、段階的に行われる必要があります。
  • 庭はありますか?もしそうなら、そこは安全ですか?フェンスの穴、あるいは有毒な植物、さらに他の障害物を確認する必要がありますか?庭が無い場合、犬が必要な時に外へのアクセスが可能になるでしょうか?
  • あなたはフルタイムで働いていますか?もしそうなら、一日中外出し、日中、他の誰かが子犬の時は訓練を手伝ってくれ、あるいは散歩に連れて行き、さらに確実に水を飲ませるなどの犬の世話をすることになるのでしょうか?
  • あなたはどのくらい旅行しますか。休日によく旅行に出る場合、あなたの犬はあなたと一緒に行くことになりますか?また、一緒に行けない場合は、どうするつもりですか?
  • ペット保険、食事、獣医師の費用、グルーミングなど、犬のニーズを経済的にサポートできますか。

あなたには子犬のためにとれる時間がありますか?

自分自身に問うための最も重要な質問の一つは、あなたに子犬を世話をし、訓練する時間があるかどうかです。子犬は自分自身を傷つけないようにするため、訓練するため、そしてそれらがよく順応する犬になるのを助けるために多くの世話と注意を必要とします。

質問の例:

  • 子犬は自分の新しい家庭に適応するため、多くの訓練および支援を必要とします。成長する過程で、たくさんの運動を定期的に継続する必要があるでしょう。あなたが一日中家の外にいる場合、子犬というのはあなたには合っていないかもしれません。
  • あなたの子犬が生まれつき優れた学習能力を持っている場合、あなたはトレーニングプログラムをできるだけ早く始めなければなりません。これはやりがいがありますが、常に補強していく必要があり、時間のかかるプロセスです。
  • 犬が初めてあなたの家庭に来た時には、定期的な食事の際、あなたは近くにいる必要があり、家庭で犬のトレーニング行動を見守る必要があります。
  • どんなことに対してもエネルギーに溢れているため、子犬は少しずつ頻繁に遊ぶ必要があり、それには世話や注意、さらに計画が必要です。例えば、遊び時間の一部を他の犬と共有させて、社交性を身につけられるようにしましょう。
Adult Rough Collie sitting down outdoors on a footpath.

あなたの家の環境は犬にとって安全ですか?

犬にとって、決まりきった1つの最適な環境というのはありません。子供や既存のペットがいる場合もあるでしょう。住んでいる所が、都会、田舎、マンション、一軒家でも違ってきます。どんな環境でも、大切なことはあなたのペットにとって安全な家であるということです。

子犬は特に環境に非常に敏感であり、嫌な経験をした場合はその後長期にわたって影響を及ぼすことになります。現代の居住環境は都市部であることが多く、視覚的および聴覚的な刺激が多く頻繁にあり、ほとんどの場合は強烈な刺激です。子犬が恐怖やその他の不快な感覚と自分の住環境を関連付けないことが、非常に重要です。

都会での生活は刺激が多くなる可能性が高く、子犬はこのような状況にすぐに圧倒されてしまいます。車や、エスカレーター、エレベーター、電車、路面電車またはバスなど、周囲の状況や直面しなければならない様々な状況に、時間をかけて少しづつ慣れさせるようにしてあげてください。

また子犬は、怖がったり、あるいは乱暴になったり騒ぎ立てたりすることなく、時間をだんだんと長くしながら、時折家に付き添いなしで過ごすことを学ぶ必要があります。

次の点を確認するようにしましょう。

  • 露出した電気コード
  • 窓、バルコニー、階段など、子犬が動けなくなったり落ちたりする可能性のある場所
  • 洗浄剤、電子タバコ詰め替え品、家庭用薬品、化学肥料、鋭利な道具、除草剤および殺虫剤など、手の届きやすい有毒な物質。
  • 庭で子犬が逃げ出せるような穴や隙間、また有毒な植物。
  • 有毒な植物には、フィカス、シクラメン、ホリー、ヤドリギ、フィロデンドロン、アロエ、水仙、ヒヤシンス、アイリス、ツツジ、シャクナゲ、オレアンダー、スイートピーなどがあります。

犬を飼うことは、得るものも多く長期的な関係になる可能性があります。そして、あなたの家とライフスタイルが新しい犬の健康と安全のニーズを満たすことができることを確認することは、犬と一緒に思い通りの幸せな人生を確実にするために大いに役立ちます。

  • 一般的なウェルビーイング
  • あなたにぴったりの犬ですか?

このページをお気に入り&シェアする

関連記事
Adult English Cocker Spaniel sitting indoors while a woman grooms its ears.

犬を飼うための費用

Puppy Beagle running on a sandy beach.

犬の世話をする方法

Adult Dachshund lying down in a living room with people behind.

家庭で飼いやすい犬の品種

犬の品種についてもっと知る

品種をサーチ

すべての品種を見る
Dachshund puppy jumping in black and white on a white background
Cookie Settings