犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
犬を飼う前に

犬を飼うための費用

Adult English Cocker Spaniel sitting indoors while a woman grooms its ears.
犬を飼う費用は、品種や年齢、健康状態、そして飼い主とペット自身のライフスタイルによって異なる可能性がありますが、長期的な健康と幸福のために考慮すべき事柄があります。

グルーミングや診療費、保険、そしてもちろん食事など、必要なものすべてを考えると、犬を飼うための費用に影響を及ぼす事柄がいくつもあります。ただし、犬を飼う費用は、品種や年齢、健康状態、そして飼い主とペット自身のライフスタイルによる可能性があるものの、犬の長期的な利益のために考慮すべき事柄があります。

犬を飼うことには法的責任が伴います。各国の法律によってペットオーナーが従うべき規則と義務は異なりますが、基本的なものもあります。

購入費用:犬の購入は商取引とみなされ、売り手と買い手は共に法的義務を負います。買い手は、正常な状態(病気や障害がない)であり、期待されるすべての特性(たとえば品種の基準)を満たす「商品」に対して、合意した価格を支払う必要があります。通常、購入の時点で契約と手数料が交わされます。

身元確認の義務:詐欺や訴訟の可能性を防ぐため、多くの国ではタトゥーまたはマイクロチップによる身元確認の義務化など、特定の規則を実施しています。もちろん、このデータは重要な組織(通常は国家組織)によって登録、保管、管理される必要があります。ほとんどの場合、ブリーダーが身元確認の手続きを担当します。これは通常、初回のワクチン接種の診療時に動物病院にて行われます。犬を家に迎える際、飼い主は忘れずに自らの名前の下で犬を登録し、住所や電話番号が変更になる場合は必ず情報を更新しなくてはいけません。これは、犬が迷子になった場合に飼い主を特定できる唯一の方法です。また、犬の所有権を証明するのにも役立ちます。

登録:多くの国では所有権証明書または犬の飼育の公式宣言が義務づけられており、都市ごとに特定の法律が施行されていることもあります。すべての法的義務を必ず遵守してください。

ワクチン接種の義務:ワクチンには接種が義務付けられているものと任意のものがあります。

ワクチン接種が必須の伝染病

狂犬病:感染した犬に噛まれたり、舐められたりすることで人にも感染し、発病すると死亡率はほぼ100%という恐ろしい病気です。神経が侵され、全身に痙攣が現れた後死に至ります。年1回のワクチン接種が法律で義務付けられていますので、必ず受けるようにしてください。

ワクチン接種が推奨される伝染病

ジステンパー:死亡率が高くとても危険な病気です。ウイルスにより、消化器・呼吸器・目・歯・神経が侵されます。下痢・鼻水・目やに・発熱・けいれん・肉球が硬くなる、などの症状が現れます。

犬伝染性肝炎:子犬では、突然死することもある怖い病気です。元気や食欲が無くなり、嘔吐、下痢、発熱、肝炎による黄疸が見られ、目が白、もしくは青く濁ることもあります。

犬パルボウイルス感染症:強い感染力を持ち、子犬の死亡率が一番高い伝染病です。激しい嘔吐・下痢・血便などの症状があらわれ、極度の脱水症状を起こし、2-3日で亡くなってしまうこともあります。

犬コロナウイルス:免疫力の弱い子犬が感染すると、下痢、嘔吐、食欲不振などが起こります。パルボウイルスと混合感染すると生命に関わることがあります。

犬パラインフルエンザ:犬が集団生活しているところで発生しやすく、人の風邪のような呼吸器の症状を起こします。悪化すると肺炎を起こし、命に関わる恐れもあります。

犬レプトスピラ症:人にも感染する病気で、腎臓や肝臓が侵されます。ネズミや感染した犬のおしっこなどが感染源になるため、屋外で活動する犬ほど予防が必要です。

保険料

ペット保険の加入には2つの要素があります。1つ目は、事故や予期せぬ健康問題が発生した場合に、ペットの健康と幸せをサポートすることです。2つ目はペットが損害を引き起こした場合です。

  • 第三者保険予期せぬ健康問題や診療費の発生時に飼い主をサポートするためだけでなく、犬が引き起こすあらゆる損害や事故をカバーするためにも、保険に加入するのが賢明です。
  • 予期せぬ費用:いたずら好きな子犬は友人や訪問者の貴重品(めがねや家具など)を喜んで噛むものです。ただし、保険では通常、飼い主の所持品への損害はカバーされません。また、万一の事態として犬が交通事故を起こした場合(例:犬を轢かないように運転手が進路からそれた)、飼い主が法的責任を負うことになります。
  • 健康保険一部の国では、犬の健康をカバーする保険商品の購入もできます。こういった保険は、北米や西欧、日本では充実しています。ペットを購入する前に、ご自身の国でペット保険が利用可能かどうかを調べましょう。
  • 既存の症状:ほとんどの保険契約では既存の症状はカバーされないため、子犬のときに契約を結ぶことをお勧めします。慢性的な症状や消耗性の症状(皮膚アレルギーや成長障害など)の多くは、若い頃に診断されます。
  • 自分で方針をつくる:お住まいの国にペット保険が存在しない場合、またはペット保険にお金を投資したくない場合、健康上の問題に備える方法の1つはご自身の方針をつくることです。子犬時代から、ペット用に貯金する毎月の金額を決めます。これは、愛犬のための一種の「預金口座」になります。徐々にお金が貯まれば、ペットに何かが起こった場合の非常に便利な資金になるかもしれません。必要となる事態が起こらないのが理想的ですが、この貯金は、高齢になった犬の介護、もしくは新しいリードや犬用ベッドの購入に非常に役に立つでしょう。
Adult dog lying down being examined in a vets office.

グルーミングと健康管理の費用

犬を飼うことによる継続的な費用は、犬の品種、年齢、あなたのライフスタイルによって大きく変わります。 

  • 栄養:フードは明らかに継続的な費用ですが、あなたのペットに普通とは違う食事ニーズやアレルギーがなければ、おそらく前もって予測することができるでしょう。これに関しては、あなたのペットに必要なすべての栄養を含む食事を選ぶことが重要です。
  • グルーミング:ブラッシングや洗浄、爪のチェック、歯磨きは、犬の品種によって大きく異なります。ただし、グルーミングのコストについては、金銭的よりも時間的なものが大きな影響を及ぼす可能性があります。
  • ノミ、ダニ、蠕虫:寄生虫はすべて管理することができます。また、ある程度まで、継続的な予防法によって回避することもできます。利用可能な選択肢はいくつもありますが、どれを選べば良いかについては、獣医師に相談すると良いでしょう。しかし、これはペットを飼う際の定期的コストになる可能性があります。

ライフスタイルと旅行

あなた自身のライフスタイルは、犬を飼うための費用に大きな影響を与える可能性があります。

  • 犬の散歩代行:長時間家を空けるなど、自分でペットに運動させることができない状況にある場合、定期的に犬を散歩に連れて行ったり、面倒をみてくれる業者に代金を払って依頼する必要があります。
  • 犬預かり所:ペットを置いて旅行することを選択した場合は、犬預かり所やドッグ シッターの費用も考慮する必要があります。
  • ペットと一緒に旅行することを選択した場合は、目的国における強制的な獣医師受診などの旅行中に発生する可能性がある影響を考慮する必要があります。

犬を飼うことは非常にワクワクする出来事であることから、感情的に決断してしまう可能性があります。しかし、犬の飼育にかかる費用など、実用的な面を考慮して、ペットが一生最高レベルのケアを受けられるようにする必要があります。

  • 一般的なウェルビーイング
  • あなたにぴったりの犬ですか?

このページをお気に入り&シェアする

関連記事
Adult Golden Retriever walking on a street with adult and child walking behind.

自分にぴったりの犬を見つける

Puppy Beagle running on a sandy beach.

犬の世話をする方法

Adult Dachshund lying down in a living room with people behind.

家庭で飼いやすい犬の品種

犬の品種についてもっと知る

品種をサーチ

すべての品種を見る
Dachshund puppy jumping in black and white on a white background
Cookie Settings