獣医師監修のニュースレターをお届け。

登録する

多頭飼い、先住犬がいる場合の子犬の紹介方法

先住犬や他のペットがいる多頭飼い環境で子犬や成犬を新たに迎える場合、これから仲良く同居していくためには両方の動物のニーズを尊重することが重要です。本記事では、先住ペットが新たな家族を受け入れ、仲良くなるための紹介方法について解説します。
Adult Dachshund lying down on a rug with a black and white cat.

先住犬や他のペットに子犬を紹介する前の準備

子犬の社会化状況についての確認

子犬を家に迎え入れる前に、その子犬の社会化を行うためにどのような方法がとられているのかブリーダーやシェルターのスタッフに尋ねてください。他の犬の周りで子犬がどのように振る舞っているかや、あなたの家庭に猫がいる場合にはその子犬が猫と接したことがあるかも確認しましょう。


子犬に先住ペットの匂いに慣れさせる

子犬を自宅に連れて帰り先住ペットと顔合わせをする前から、自宅にある毛布やおもちゃを子犬に与えることで先住ペットの匂いに慣れさせたり、あるいは逆に子犬の匂いに先住ペットを慣れさせるようにするのもよいでしょう。


子犬が先住犬や他のペットに受け入れられる紹介のポイント

徐々に引き合わせる

子犬を家に連れて帰った初日は、他のペットのいないこじんまりとした穏やかで安全な家の中の場所に連れて行き、徐々に新しい環境に慣れさせるようにしましょう。


最初のうちの交流を監視する

先住ペットに新しい犬や子犬を引き合わせるときは、責任ある大人が対応できるよう常にそばにいるようにしてください。


中立的な場所で引き合わせる

家の外の中立的な場所で犬を引き合わせることから始めましょう。どちらの犬もリードにつながれて、皆さん自身がどちらもコントロールできることを確実にしてください。臭いを嗅がせて、お互いを確認させます。


我慢強く対応する

あなたの期待通りに反応しないからといって、先住犬を怒鳴るようなことはしないでください。新しい犬に慣れるまで十分な時間を与えましょう。


リードを付け共に行動させる

先住犬と子犬がうまく馴染んできたら、リードはつけたままの状態で横に並んで家まで歩いて戻り、一緒に家に入るようにしてください。素早く引き寄せる必要がある状況に備えて、犬のリードをつけたままにしてください。特にケンカになった場合には、犬をつかむよりも、ひもをつかんで犬をコントロールする方がはるかに簡単です。


受け入れたと思えるまで様子を見る

犬同士で問題がない、お互いが受け入れたと確認できたら、家の中でリードを外しても構いません。

Adult Welsh Corgi Cardigan standing outdoors being introduced to a white dog.

安全で穏やかな多頭飼いのためのヒント

メスの犬に特に注意する

人々の予想とは裏腹に、メスの犬はオスよりも攻撃的であることが多く、メス同士の喧嘩は解決がより困難だということが明らかになっています。


犬同士で上下関係を構築させる

犬たちが自分で序列を確立するようにして、順位の高い犬を優先させるようにしましょう。犬は群れで行動する習性があるため、群れの中における明確な序列が形成される必要があります。


食事時には細心の注意を払う

犬同士には競争的になる要素があるため、多くの喧嘩は食事時に発生します。そのようなときは、序列が上または攻撃的な犬を優先してください。食事を別々にエリアにすることを検討してもよいでしょう。


子犬が先住猫に受け入れられる紹介のポイント

先住猫がすでに犬に慣れており、かつ犬に対して好感を持っている場合には、このプロセスは非常に簡単に進むでしょう。しかし、以下の点に気を付けることで、このプロセスをさらにスムーズに運ぶ一助とすることができるでしょう。


穏やかで落ち着いた状況を維持する

初めて子犬を紹介する時は、犬をリードにつないだままにして落ち着いた態度で臨ませてください。興奮しなかった場合は、犬にご褒美を与えることを忘れないようにしましょう。


十分なスペースを与える

先住猫が隅に追い込まれないようにするために、猫が快適に感じる部屋か、または隠れる場所がある(犬よりも高い場所に行けることが理想的です)部屋を選んでください。


受け入れるまでゆっくり待つ

先住猫を無理に新しい子犬と接触させようとせず、時間をかけて猫と犬自身が自ら近づくようにしてください。
先住ペットに新たに子犬を紹介する際には時間が必要であり、必ずしもすぐに仲良くできるわけではありません。しかし、家に連れて帰る前に新しい犬の気性やこれまでの生活歴を尋ね、そしてその犬と先住ペットの両方のニーズを尊重することで、彼らがどのように関わり合うかを少しずつ理解することができ、平和な共生生活の実現に向かって働きかけることができるでしょう。

犬の品種についてもっと知る

品種をサーチ
Dachshund puppy jumping in black and white on a white background

このページを「いいね」および「シェア」する