犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
子猫

子猫に与えるフードの量

Kitten Sacred Birman sitting indoors eating from a white bowl.
子猫の成長に伴い、猫の健康を支えるためには、成長に応じた異なるフードと異なる給与方法が必要になります。猫の生涯の各段階を通した子猫の給与に関する当社の記事で、詳細をご覧ください。

食事や猫と食べ物との関係の発達など、出生から大人になるまで、猫が健康で満たされた生活を送るためにサポートする方法はいくつかあります。

生後4週間までの子猫の給与

生まれてから生後1ヶ月まで、あなたの子猫は母親からの乳を飲む時に必要とするすべての栄養素を摂取しています。最初は、赤ちゃんの時の免疫システムを支えるのを助けるミルクのような液体の初乳が出て、その後ミルクになります。獣医師が勧める場合、必要な栄養素をすべて得られるよう、新生児の子猫にミルクを与えることができます。母乳が出ない場合や十分な量がない場合、あるいは同時に生まれた子猫が非常に多い場合には、これはとりわけ重要です。

最初のうち、子猫は吸い方を学ぶ間に少し体重が減る場合があります。しかし、その後は着実に体重が増えるはずです。毎日体重を量り、体重の増加が止まったり減少が見られたりしたら獣医師にご相談ください。この時期には、子猫とその母猫が安全で邪魔されず、安心して餌を与えられるようにすることが何よりも重要です。

4週間~4ヵ月の子猫にフードを与える方法

子猫は4週齢で固形フードに興味を示し始め、飼い主は離乳を始めることができます。子猫が容易に食べられるよう、ドライ キブル(粒)を子猫用のミルクまたは水に浸してやわらかい状態にするか、代わりにウェットフードをお使いください。成長をサポートするために、子猫のために特別に作られたフードをお選びください。たとえば、離乳中には母猫から得た免疫力が低下し始めるので、健康的な免疫力を維持するためにフードには抗酸化物質が豊富に含まれている必要があります。

食事を与える場所、遊ぶ場所、寝床、トイレのそれぞれの場所を決めることで、良い食習慣を築き始めることができます。子猫がいつでも水を飲めるよう、新鮮な水をたくさん用意してください。

Kitten cat sitting indoors by a silver bowl.

生後4ヵ月齢以上の子猫の食事

成長期には、適切な食習慣を維持し、静かな場所で落ち着いて食ベれるようにすることでストレスを防ぎましょう。猫は生まれつき少量ずつ食べる習性があり、1日に15~20回少しづつ食べます。猫の多くは食事を自分で調整できます。飼い主がその日の食事量をすべて出しておけば、猫は小分けして食事を行います。

あなたが自分の猫に避妊・去勢手術を実施した場合、手術後急激に体重が増えるリスクがありますが、その理由は、エネルギー消費量が30%減少するものの、食欲は最大26%まで増加するためです。避妊・去勢手術をされた猫用に特別に処方された、その品種や性別にふさわしい食事を選択し、体重を入念に観察してください。

12ヵ月齢ごろから、成猫としての食事を給与しますが、その際、その猫のライフスタイルに配慮する必要があります。座りがちな生活をしている室内の猫は、屋外の猫よりエネルギーが少なくて済むため、体重増加や健康上の問題に苦しんだりするのを防ぐための適切な量の食事を与えることが重要です。

あなたの子猫のニーズに合った適切な摂食行動を組み立て、適切な食事を給与すれば、彼らが健康で満足のいく成猫になるのに役立ちます。もし、あなたの猫に食事を与えるための正しい方法がわからない場合は、あなたの獣医に連絡してアドバイスを受けてください。

  • 子猫

このページをお気に入り&シェアする

子猫のためのテイラーメイドの栄養バランス

健康を維持することで子猫が生まれながらに持つ自然な抵抗力を保ち、健康的な成長および消化器系の発達をサポートする栄養バランスの製品です。

子猫用製品
Content Block With Text And Image 1
関連記事
Adult cat lying down on owners knee while being groomed with a red brush.

子猫の普段のお手入れ

Adult cat sitting outdoors in long grass.

子猫はいつ成猫になるのでしょうか

Young cat lying down on an examination table being checked over by a vet.

猫免疫不全ウイルス

Cookie Settings