犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。

脳の発達-子猫

2018/10/02

子猫から成猫になるまで - 脳の成長過程

子猫は見ていてとても楽しい です。その遊び心のある行動は、何時間見ていても飽きません。しかし、子猫の身体の中、特に頭の中でも、それと同じくらい たくさんのことが起こっていることを知っていますか?

Content Block With Text And Image 2

子猫は驚くほどの速さで成長し、小さなボールくらいの大きさから、あっという間にしっかりした子猫に育ちます。成猫になる頃には、体重が生まれた時の40~50倍まで増加します。信じられないくらいすごいですね 。しかし、それだけではありません。子猫は目が見えない状態で生まれますが、8週齢になると、広い視野と立体視力、暗視能力が備わります。また、生後たった10日で、苦み、酸味、塩味、旨味の違いを認識する味蕾も発達します。これは驚きですね。さらに、脳や神経系も驚くほどの速さで発達しており、生後3カ月間、特に最初の数週間 で子猫の脳は成猫の脳と同じ大きさになります。

子猫期においてとても重要なこの時期について詳しく見ていきましょう。

子猫の体内では、ほぼすべての部分 が同時に発達します。これは驚くべきことです。脳や味蕾だけでなく、骨格が変化し、動きをつかさどる運動器系も発達します。神経系はより効率的となり、脳と身体の間のシグナルが改善されると、たどたどしい歩き方ではなく、機敏な動きをするようになります。

運動能力が向上すると、縄張りが広がり、好奇心も旺盛になります。この時期になると、子猫は常に周囲の環境や人々について知ろうとしています。この学習期は8~9週齢にピークに達し、成猫期に向けたしつけトレーニング や、 家の中で危険にさらされないよう部屋の安全対策を行う最適のタイミングとなります。

これらをすべて成功させるには、子猫にも適切なエネルギー源が必要です。この重要な時期に栄養が不足すると、視覚低下や失明など、生涯にわたる健康問題につながる可能性があります。そのため、脳が発達するこの時期に合った適切な食事を与えることが非常に重要です。

Content Block With Text And Image 3

この時期における栄養の役割

適切な栄養 は、子猫の健全な発育に必要な食事を与える だけでなく、日々成長し学習するための活力にもなっています。健康な成長と最適な消化に不可欠な栄養素 が配合されたフードを常に選ぶようにしましょう。食事に炭水化物 を取り入れることにより、脳や腎臓、赤血球の発達を助けます 。また、オメガ3脂肪酸(特にDHA)が豊富な食事は、記憶力や聴覚、視力、脳の発達をサポート します。

トップに戻る

Content Block With Text And Image 5

子猫の成長ステージに合ったきめ細かな栄養ケアはこちら

詳しく見る
このページをシェアする