合計1万名様に子猫フードサンプルをプレゼント中!

応募はこちら

ボクサーのご紹介 

遊び好きでフレンドリーな性質で知られるボクサーは、跳ね回るのが好きで活気に満ちています。すこし騒々しく感じることもありますが、ボクサーにはあり余るほどのエネルギーがあり、生きることに大きな喜びを感じています。早期にトレーニングをすることで、ボクサーは忠実で献身的な仲間となり、人間の家族に強い愛着を抱くようにもなります。そしてこれは本当に強い愛着です。実際のところ、ボクサーはあなたのそばにいることをこの上ない幸せだと思っています。あなたの膝の中で寝てしまうことさえあります。

正式名称:ボクサー 

別名:ジャーマン ボクサー、ドイチェ ボクサー、アメリカン ボクサー 

原産:ドイツ 

よそ見をするボクサーの子犬(白黒)
  • よだれの量 

  • トリミングの必要性 

  • 抜け毛の量 

  • 吠える 

  • エネルギー レベル 

  • 他のペットとの相性 

  • 暖かい気候への適性 

  • 寒い気候への適性 

  • アパートでの生活への適正 

  • 1匹で過ごせる* 

  • 家族向きのペット*

*ペットをあまりに長時間留守番させることは避けましょう。一緒に過ごすことで、精神的なストレスや破壊的な行動をおさえることができます。  品種ごとの特性はあっても、ペットにはそれぞれ個性があります。品種の特性に関する概要については、目安として参考にしてください。  幸せで健康的な、社会のルールに順応できるペットに育てるために、ペットをトレーニングして社会化させるだけでなく、基本的な福祉面でのニーズ(および社会的かつ行動上のニーズ)を満たすことをおすすめします。  目の届かない状況で、ペットを子供と一緒に放置してはなりません。  さらにアドバイスが必要な場合は、ブリーダーまたは獣医師にご相談ください。  すべてのペットは社交的であり、ペットオーナーと一緒に過ごすことを好みます。ただし、幼い頃からペットオーナーがいない状況に対処するようにトレーニングすることができます。この場合、獣医師またはトレーナーにアドバイスを求めてください。
茶色と白のボクサーのイラスト
オスメス
高さ高さ
58.5 - 63.5 cm54.5 - 59.5 cm
体重体重
30 - 31 kg25 - 26 kg
ライフステージ
成犬期
15か月~5歳
中高齢期高齢期
5歳~8歳8歳~18歳
成長前期成長後期
誕生~2か月2か月〜15か月
草の中に横たわる2匹のボクサー
1/7

ボクサーについて

この犬種について知っておくべきこと 


尽きることのないエネルギーで有名なボクサーは、フレンドリーで楽しいことが好きな気質で周囲のどんなことに対しても熱意を持っています。毎日ワクワクすることがたくさんあるからです。

しかし、ボクサーはとても温和で愛情深くもあり、ペットオーナーと強い絆で結ばれます。トレーニングを少しでも受けた後は子供たちとも仲良くできるようになり、通常は非常に注意深く、周囲の人々に敬意を払っています。ボクサーは意図していなくても多少騒々しくなることがあるので、万が一の場合に備えて、幼児を近づけないようにしましょう。それ以外は、非常に信頼できる犬として有名です。

ボクサーはあなたを守ってくれる忠実な犬種ですが、ペットオーナーにとって脅威であると感じたら、対象が何であれ恐れることなく吠えます。そんなボクサーは良い番犬になります。 

もともとはドイツの猟犬の子孫で、獲物を突き止める手助けをしていました。ボクサーはその後、小型のマスティフのようなイギリス産の品種と交配されました。この名前は、はしゃいでいるときに前足で(ボクサーのように)スパーリングしているように見えることに由来しています。少しとび跳ねる傾向ありますが、トレーニングが役立ちます。 

ボクサーの外観は、短くてなめらかな被毛で覆われており、独特の丸みを帯びた鼻口部と利口そうな暗褐色の目を持っています。色はまだらのブリンドル、深いレッドからホワイトまでさまざまですが、どの犬にも独特の外観があります。筋肉質でアスリートのような体型のボクサーは、動きが優雅で力強い一面もあります。

これに関連して、ボクサーには少なくとも1日2時間の運動が必要であることを知っておくことが大切です。また、早期にトレーニング クラスに参加すると、とび跳ねるのが好きなボクサーの軽やかさを抑えるのにも役立ちます。しかし、ペットオーナーからのたくさんの愛情に加えて日々の運動とトレーニングがあれば、ボクサーはそれに応えたいと心から思うことでしょう。ボクサーが最も完璧な家族向けのペットの部類に入るのは間違いありません。


目と鼻だけが見えるボクサーのクローズアップ
2/7

ボクサーにまつわる2つの事実

1. ピーターパンの犬版  

数多くあるボクサーにまつわる興味深い事実の1つに、どの犬種よりも成長期が長いことがあります。約15ヵ月から成犬に分類されますが、完全に成熟するまでには約3年かかります。生涯にわたって若々しい気持ちを持ち続けているのも不思議ではありません。

2. 似たもの同士   

あまり知られていないことですが、ボクサーには2種類あります。スタンダード ボクサー種のほかに、身体的特性がわずかに異なるアメリカン ボクサーという亜種があります。アメリカン ボクサーの体はそれほど分厚くなく、体のラインはさらに締まっていていて、アーチ状の首はカーブしています。また、アメリカン ボクサーの鼻口部と耳のほうがわずかに長いという違いもあります。

ボクサーの子犬の横顔(白黒)
3/7

この品種の歴史  

私たちが現在慣れ親しんでいるボクサーの起源が凶暴な狩猟犬であることはとても信じがたい事実です。しかし、歴史をたどっていくと、まさにそうなのです。 

ボクサーのかなり遠い親戚の起源まで遡ると、もともとはチベットにいた昔の闘犬の子孫でしたが、現在のボクサーは西ヨーロッパ原産です。1800年代のドイツに、ブレンバイザー(「牛に嚙みつく犬」)という犬がいました。この頑丈な犬は、ドイツの貴族が狩猟の獲物を追いかけて捕獲する手伝いをしており、鹿やイノシシからクマまであらゆる獲物を対象としていました。 

その後、時代が変わって階級制度が崩壊すると、伝統的な狩猟は好まれなくなりました。しばらくの間、ブレンバイザーにとって情勢が少し危うくなりました。しかし、ブレンバイザーが英国の小型のマスチフのような品種と交配されてからすべてが変わりました。現在私たちが親しんでいる ボクサーは、1800年代後半に初めて誕生しました。 

この犬種は、1904年にアメリカン ケネル クラブに登録されました。アメリカで最も人気のある犬の部類に入るようになり、現在まで「トップ10犬種」のリストに頻繁に登場しています。 

一方ドイツでは、ボクサーは警察犬として初めて働いた犬種の1つとなり、第一次および第二次世界大戦の両方で軍用犬となりました。このようにたくましい背景がありますが、現在ボクサーは最もフレンドリーな犬種の1つと考えられています。

4/7

頭から尻尾まで 

ボクサーの身体的特徴 

1
2
3
4
5

1.体 

体はアスリートのように頑強で、例外的な高い筋肉量を

2.頭部

頭部はドーム状の頭蓋骨、短頭種特有の短く丸みを帯びた鼻口部、表情豊かな茶色の目が特徴。

3.被毛 

滑らかで光沢のある被毛は皮膚に密着している。ブリンドルからレッドおよびホワイトまでバリエーションあり。

4.振舞い 

優れた振舞いで知られる犬種。姿勢は

5.尻尾

高い位置の尻尾は
草の中に横たわるボクサー
5/7

注意すべきこと

この品種の特性から健康に関する一般的な概要まで、ボクサーに関するいくつかの注意が必要なポイントをご紹介します。

呼吸の問題が出ることがあります

ボクサーは短頭種に属しており、頭蓋骨が平坦で、平らな顔と短い鼻が特徴です。これに関連して、健康の問題が発生する可能性があります。特に、興奮しすぎると呼吸の問題が生じることがあり(ボクサーが興奮しすぎるのはよくあることですが)、暑い気候では熱中症になることがあります。ひどくなると失神する可能性があります。ぶことです。また、これらの問題がよりひどくならないように体重にも注意してください。必要に応じて獣医師のアドバイスを受けると、より詳しい情報が得られるでしょう。 

しこりや膨らみがないか定期的にチェックしましょう 

ボクサーがなりやすいその他の健康の問題は腫瘍。がんはボクサーが直面する可能性が最も高い重大な健康の問題です。幸いなことに、早期に発見することで悪化するのを防ぐことができます。このため、あなたのボクサーの呼吸がおかしくないか(肺癌の症状)、足を引きずるようにして歩いていないか骨肉腫の症状)など、変化がないかよく観察するようにしましょう。定期的な検査についても獣医師と話してみてください。また、白のボクサーは、皮膚癌になりやすい傾向があります(被毛に白い模様のあるボクサーにも同じことが言えます)。予防、あまり日光に当たらないようにしてあげましょう。 

また、犬の心臓病にかかりやすい傾向もあります 

この症状には「ボクサー心筋症」という別名があり、他の犬種よりも ボクサーによくみられる遺伝的な心室の異常です。

健康的な食事で、より健康的に 

ボクサーのフードを選ぶ際に考慮すべき多くの要因があります。例えば、年齢、 ライフスタイル、活動レベル、生理的な状態、 潜在的な病気や敏感度などの健康状態などです。フードは犬の生命維持に必要なエネルギーを提供します。総合栄養食は、栄養素の不足や過剰を避けるために、栄養素のバランスが調整されています。 また、ボクサーの健康的な排尿をサポートするために、清潔で新鮮な水をいつでも飲めるようにしておく必要があります。暑い時期、特に運動をする場合は、犬が頻繁に水を飲むことができるよう水を持参してください。エネルギー摂取量も気候条件に合わせる必要が生じること以下の推奨事項は、健康的な動物に対するものです。犬に健康上の問題がある場合は、獣医師に相談し、必要に応じて専用の食事療法食を処方してもらいましょう。 

ボクサーの子犬が必要とするエネルギー、タンパク質、ミネラル、ビタミンの量は、成犬よりもはるかに多くなります。子犬は成長し、体を大きくするためにもエネルギーと栄養素が必要なためです。 生後15ヵ月頃まで、ボクサーの子犬の免疫システムは徐々に発達していきます。この大きな変化、発見、新しい出会いのある時期に、ビタミンEなどの抗酸化物質の組み合わせが、健康を維持することで本来の自然免疫力の発達のサポートに役立ちます。消化機能もボクサーの子犬と成犬では異なります。子犬の胃腸系はまだ十分に成長していないため、 効率的に消化・吸収される消化性の高いタンパク質を与えることが重要です。フラクトオリゴ糖などのプレバイオティクスは、腸内環境を整えることによって胃腸の健康をサポートし、健康な便の排泄に役立ちます。 ボクサーが短頭種であることは、 拾いやすく、咀嚼を促すようなサイズ、形状、質感のキブル(ドライフードの粒)を選択する際に考慮すべき重要な要素です。

この成長段階では、適度なエネルギー量も必要です。成長期間が長い大型犬の子犬(ボクサーの子犬など)は、特に四肢欠損、骨の変形、関節病変などの骨格や関節の問題による影響を受けやすくなっています。成長の初期段階は、主に骨の発達に関係していますが、筋肉も成長し始めます。つまり、 子犬の頃に食べ過ぎると、過剰なエネルギーを吸収することで体重が増え過ぎて、急激な成長につながります。骨格に余分な重みが加わると、骨の変形や関節の問題、形成不全のリスクが高まります。ボクサーの子犬用フードのエネルギー濃度を制限して、正しい1日の給与量でフードを与えることで、成長の速度を制御しリスクを 最小限に抑えるのに役立ちます。 

調整されたタンパク質含有量と L-カルニチンは筋肉の発達を支えます。特別に成分を配合した成長期用フードでは、その他の栄養素の濃度が通常よりも高い必要があります。大型犬の子犬にはフードのカルシウム含有量を増やす必要がありますが、カルシウムの過剰摂取に対して敏感に反応してしまいます。獣医師が処方する場合を除き、成長段階向けに配合された完全なフードに他の成分を追加することは、不必要であり、最悪の場合は動物にとって危険を招くことを理解することが重要です。生後6ヵ月までは 1日の給与量を3回に分けて与え、その後は1日2回に変更することを お勧めします。

ボクサーの成犬の主な栄養目標は、次のとおりです。

最適な含有量のタンパク質と 健康な脂肪代謝を維持するためのL-カルニチンで、健康的な体重と筋肉量を維持します。 

調整されたミネラル成分、 EPA/DHA、タウリン、L-カルニチン、抗酸化物質の配合によりな心臓機能維持をサポートします。 

グルコサミン、コンドロイチン、 抗酸化物質で、骨や関節の健康をサポートします。。

高い品質のタンパク質とバランスの取れた食物繊維の供給で、健康的な消化の維持をサポートします。 

必須脂肪酸(特にEPA/DHA)、 必須アミノ酸、ビタミンB群が含まれており、皮膚や被毛の健康や美しさを保つのに役立ちます。 

5歳を過ぎると、ボクサーは老化の最初の徴候を表し始めます。抗酸化物質を豊富に含んだフードは犬の健康な活力を 維持するのに役立ち、コンドロイチンやグルコサミンなどの特定の栄養素は 骨や関節の健康を維持するのに役立ちます。高齢化に伴い 消化能力や特定の栄養ニーズにも変化が現れるため、 高齢のボクサーのフードには次のような配慮がされている必要があります。

高めのビタミンC・ビタミンE 含有量。これらの栄養素には抗酸化作用があるため、高齢期の健康維持に役立ちます。 

高品質のタンパク質。広く言い伝えられていることとは裏腹に、フードのタンパク質含有量を下げることは腎不全を抑えるうえで ほとんど役に立ちません。さらに、高齢犬は フードに含まれるタンパク質を若い犬のように効率的に消化・吸収することができません。リン含有量を減らすことは、高齢期の腎臓の健康維持に役立ちます。 

皮膚と被毛の良好な状態を維持するために、微量元素である鉄、銅、亜鉛、マンガンの割合を高めます。

ルリシチャ油や魚油のような多価不飽和脂肪酸を多く含むものが、健康な被毛の質を維持するのに役立ちます。 通常、犬はこれらの脂肪酸を合成できますが、 老化によってこの生理学的なプロセスが影響を受ける可能性があります。

愛犬が十分な量を確実に食べ続けられるよう、 顎に合った形や大きさ、食感のキブル(ドライフードの粒)を選ぶ必要があります。

生涯を通して、 ボクサーには人間の食べ物や脂肪分の多いスナックを 与えないようにすることが重要です。代わりに、キブル(ドライフードの粒)をご褒美として与えることができます。過度の体重増加を防ぐために、パッケージに記載された給与表を目安に、理想体重を維持できる量のフードを与えましょう。

草の上を走るボクサー
6/7

ボクサーのケア 

運動、グルーミング、トレーニングのヒント

無限のエネルギーがあるように見えるボクサーは、1日に少なくとも2時間の運動を必要とします。きっちり、2時間です。通常の散歩、庭での遊び時間、公園で走り回ることなどをあわせて2時間にするとよいでしょうただし、ボクサーは暑い気候にうまく対処できないことを心に留めておきましょう。短頭種のため、呼吸しにくくなることがあります。そして、食後は少なくとも1時間待ってから運動することを忘れないでください。

光沢のある短毛のボクサーを飼うことの利点として、最小限のトリミングで済むということが挙げられます。ただし、ボクサーの毛は年間を通して抜ける傾向があり、短い針のような毛はカーペットや家具の布地にくっつきます。毎日トリミングやグルーミング グローブによる手入れをすることで、掃除機を使う頻度が減ります。多少よだれの量が多いえる必要がありますが、風呂は時々入れるだけで構いません。ボクサーは多くの品種と同様に、歯を定期的に(可能であれば毎日)ブラッシングする必要があり、時々専門家による歯のクリーニングも必要になります。爪のカットは必要に応じて行い、耳は週1回チェックしましょう。

ボクサーの性質は騒々しく、跳ねたがる傾向もあるため、早期にトレーニングを始めるのがよいでしょう。子犬のクラスは、社会化の助けとなります。特にオスのボクサーは誰がボスなのか他の犬に見せつけたい願望があるので、子犬のクラスを受講すると、他の犬をより受け入れやすくなります。利口で(だいたいは)人間を喜ばせたいと思っているボクサーは学習能力が高く、寛大な励ましによく反応します。また、継続的に精神的刺激を与えることにもメリットがあります。退屈は噛むなどの破壊的行動につながることがあります。このことからもわかるように、一匹で放置されることが苦手です。ボクサーはまた、セラピー ドッグとしても優れています。

7/7

ボクサーのすべて 

出典
  1. Veterinary Centers of America https://vcahospitals.com/
  2. ロイヤルカナン犬の百科事典。2010年版、2020年版
  3. Banfield Pet Hospital https://www.banfield.com/
  4. ロイヤルカナンBHN製品ブック
  5. American Kennel Club https://www.akc.org/

このページを「いいね」および「シェア」する