犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。

子犬を初めて動物病院に連れて行く

子犬にとって初めて動物病院に行く機会を、ストレスを感じ過ぎず充実したものにする方法を学びましょう。

Jack Russell Terrier puppy sitting in a veterinary clinic

最初の獣医師訪問の準備をする

子犬を最初に動物病院に連れていくのは、犬の健康とお手入れの方法について学ぶ良い機会です。来訪前にあなたが最善の準備をしておくことで、子犬が動物病院に対して肯定的なイメージを持てる雰囲気を作れるようにしましょう。それは将来、動物病院を訪れる際に子犬が嫌がったりするのを軽減することにつながるでしょう。

Bichon Frise puppy sitting on a table being examined by a vet

動物病院の予約前にすべきこと

車で移動する場合は、犬のサイズに適したドッグキャリーまたはクレートを用意し、その中に入れて少し予行練習をさせると良いでしょう。また、身体全体を触られることに子犬を慣らしておくと、獣医師が検査をするときに驚くことが少なくなります。子犬を初めて動物病院に連れて行く際に必要なものは次のとおりです。

  • 飲食に関する情報(食事の種類、量、回数など)
  • 食欲、消化、行動の変化。
  • 健康上の問題、薬、サプリメント、治療の詳細
  • 獣医師に聞きたい質問
Jack Russell Terrier puppy standing in black and white on a white background

乗り物酔いをしやすい犬もいるため、出かける直前には子犬にフードを与えないようにしてください。そして犬はあなたの気分を敏感に察知するので、穏やかに接することを忘れないでください。

Puppy standing on a table being examined by a vet

当日

繰り返しになりますが乗り物酔いをしやすい犬もいるため、出かける直前には子犬にフードを与えないようにしてください。そして穏やかに接することも忘れずに。到着したら、子犬をリードにつないでおくか、嫌がらないようならキャリーバッグに入れたままにするとよいでしょう。初診時に獣医師は通常、次のようなことを行います。

  • 栄養、食事、子犬のケアに関するアドバイスを提供する
  • 寄生虫予防と治療について話し合う
  • 総合的な健康診断をする
  • 身元を証明できるように、子犬にマイクロチップを装着する
  • ワクチン接種を行い、ワクチン接種プログラムを作成する
  • 犬種固有の行動と健康問題について説明する

子犬の健康

子犬の健康とウェルビーイング(健康で幸せな生活)のために、お世話の仕方を詳しく学びましょう。

詳しい記事はこちら
Jack Russell Terrier puppy sitting in black and white on a white background