犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。

健康と運動・遊びの重要な関係

運動と遊びは、愛犬を活動的にし、体重を適正に保つために重要です。必要な運動量は、年齢、体重、品種などによって異なります。

赤いボールで遊ぶゴールデン レトリバーの成犬(白黒)、バックにストップウォッチのイラスト
野原を走るポメラニアン

犬はどのくらいの運動が必要ですか?

子犬であるか成犬であるかにかかわらず、毎日どれだけの運動が必要かを検討することが重要です。あなたの愛犬のことはあなたが一番良く知っているでしょう。しかし、愛犬が十分な運動をしているかどうかよくわからないという方のために、役に立つ検討項目をいくつか紹介します。

最初の検討項目は犬の品種です。品種が異なると、もちろん必要なエネルギー量や運動の要件も異なります。同様に、犬に必要なアクティビティの量は年齢とや健康状態によっても変わります。犬は年齢とともに動きが鈍くなるものです。健康状態によっては、以前と同じペースで運動することを不快に思ったり、場合によっては痛みを伴ったりする場合がありますので注意が必要です。

毎日どのくらいの運動量が必要かどうかを知るためには、散歩後に帰宅したときのペットの行動を見ることから始めると良いでしょう。いつもより落ち着いていますか?満足そうですか?そして、あなたがリードを片付けようとするときにも嬉しそうにしているなら、運動量は適正と言えるでしょう。

犬をどのくらいの頻度で運動させる必要がありますか?

犬の運動の頻度を検討する場合、考慮すべき要素がいくつかあります。犬は遊び好きな動物であり、機会があれば、散歩をしたり、探索したり、走ったり、犬種によっては泳いだりもして屋外の時間を楽しみます。定期的な運動をすることにより、犬は健康を維持し、活動的になり、幸せを感じることができます。

適切な運動頻度を知るには、犬の年齢と健康状態を考慮することが大切です。子犬期や成犬期、もしくは大型犬の場合は、1日2回以上運動して刺激を与えてあげると、より満足するかもしれません。その一方で、高齢犬や小型犬の場合は、朝と夕方に外に出て散歩するだけで満足する犬もいます。

愛犬を1日に何回散歩に連れていけるかどうかは、ペットオーナーの日々の習慣によって大きく左右されます。追加の運動として、庭などでボール投げをするのもいいでしょう。愛犬もペットオーナーも一緒に楽しめるはずです。一般的に、アクティビティは習慣として生活に取り入れて、ペットが楽しめるものにすることが、ペットを幸せで健康に保つ鍵となります。

水の中を走る黒のラブラドール レトリバーの成犬
ペットオーナーと散歩に出かけるゴールデン レトリバーの成犬

犬もヒトも楽しめるアクティビティの見つけ方

犬の運動については、犬もあなたも楽しめるアクティビティにすることが重要です。天候などの要因により、十分な距離の散歩に犬を連れて行けないこともあります。そんなときにも、代わりにできることがあります。

庭や屋内であっても一緒に遊ぶことで、犬に楽しく運動したり、様々な匂いや音を探求したりする機会を与えることができます。犬の運動が許可されている公園や浜辺でボール投げをすれば、犬にとってもあなたにとっても十分な運動になります。また、活力にあふれた犬と遊ぶ際には、ボールを発射する簡易的な機械(ボールランチャー)やテニスラケットを用意すれば、遠くまでボールを届かせることで、より愛犬を楽しませることができるでしょう。


愛犬が面識のない人や他の動物との交流を楽しめる場合は、お住まいの地域で犬の散歩グループや犬向けのスポーツ運動会のようなものがあるか、他のペットオーナーに尋ねたり、オンラインで調べてみてもよいでしょう。そうしたイベントはあなたと犬の両者に、社会化するうえで非常に良い機会を与えてくれ、他の犬や新しい人々と交流することができます。

散歩に行けないときに - 犬のための室内でできる遊び - 

様々な理由で犬を散歩に連れて行けないことはよくあります。天気が悪かったり、ペットオーナーの調子が良くなかったりなどです。理由が何であれ、ペットの健康と幸福のためには定期的な運動が重要です。では、どうしても外に散歩につれていけない場合にはどうしたら良いでしょうか?

犬に簡易的な運動をさせるシンプルで効果的なアイデアを2つご紹介します。これできっと、あなたも愛犬も笑顔になることでしょう。

「かくれんぼ」は昔からある子供の遊びですが、犬も大好きです。お気に入りのおもちゃを隠しても、ペットオーナー自身が隠れても良いでしょう。このゲームは、どんなに変化が少なく静かな日でも、愛犬の脳をアクティブに保ち、感覚を研ぎ澄ましてくれます。

また、おもちゃを隠す代わりにトリーツを隠す簡単なゲームもあります。この場合、トリーツを追加するのではなく、1日の食事の分量に含まれるキブル(粒)を使って隠すことで、通常の食事以外に余分なカロリーを追加しないようにすることがおすすめです。

屋内に立つダックスフントの成犬と赤いおもちゃ
Adult Golden Retriever running in a field behind a jogger.

愛犬の適正体重を守るためのダイエット方法

Adult Jack Russell running on a beach with a ball in its mouth.

適切な食事と運動を解説。犬のダイエット方法

Puppy dog lying down in grass chewing a toy.

子犬を飼うなら用意すべき物と環境

Puppy Beagle running outdoors in grass with a dog toy.

子犬を肥満にさせないための体重管理法

健康的な体重かどうかを知るには、体重計だけでは不十分

愛犬の体重を測ることが、太り気味であるかどうかを確認する唯一の方法ではありません。獣医師にボディ コンディション スコアの使用方法を教えてもらうことで、愛犬が適正な体重であるかどうかを確認できます。

健康的な体型とは
ゴールデン レトリバーの成犬(白黒)とボディ コンディショニング スコアのイラスト

健康的な食事の分量は、思っているよりも少ないもの

ペットオーナーの多くは、愛犬が実際に必要な分量よりもたくさんの食物を必要としていると考えています。そのため、多くの犬が食物を過剰摂取しています。これは体重増加につながり、健康問題を引き起こす可能性もあります。

健康的な分量とは
赤いボウルから食べるゴールデン レトリバーの成犬(白黒)