犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。

健やかな一生のための、健康的な成長

体重を落とすことは体重が増えないようにすることよりも難しいものです。そのため、健康的な習慣と行動を初日から始めることが重要です。

屋外の庭を走るダックスフントの子犬

子犬は毎日どのくらいの運動が必要ですか?

子犬がどれだけの運動を必要とするかについて、正確な答えを出すことは非常に困難です。というのも、子犬に必要な運動量は、個々の子犬によって異なるからです。

しかし、検討を始めるにあたってまずは、犬のサイズと品種を考慮することはできるでしょう。小型犬は一般的に生後9〜12ヵ月で成犬期に達するため、より早い年齢で強度の強い運動にも耐えることができます。 一方、大型犬の子犬の運動については、長期間注意深く見守る必要があります。なぜなら大型犬はすぐに大きく成長するように見えるかもしれませんが、成熟するのはゆっくりです。大型犬は18~24ヵ月かけて成犬になります。

子犬に疲労の兆候がないか、消耗していないか常に気を配ってください。運動で頑張り過ぎてしまうと、不快感や痛みを感じ始めてしまうこともあります。そのような場合、遊んでいても楽しくはなくなってしまいます。子犬が疲れ始めていることに気づいたら、その日はゆっくり休ませてあげて、翌日は少し運動量を減らして行ってみましょう。たとえ運動量が一度減っても、すぐ元に戻ることでしょう。

子犬の各成長段階で異なるニーズ

どの品種の子犬も、成長すると同時に、急速に変化します。子犬を日々育てていくにあたっては、愛犬に必要なサポート・ケアがどのように変化するかを知っておくと役に立ちます。ペットオーナーとしてそれぞれの成長段階を理解することによって、生涯のスタートを最善の形で子犬に歩み始めてもらえるよう、自信を持って準備することができます。

子犬が生まれてから経験する発育段階における変化は、適正な栄養と運動のニーズに大きな影響を与えます。子犬時代には多くのことが起こります。成犬の歯が現れ、成犬の被毛が生え始め、骨格や体内の器官も成長します。

このような変化が起きるため、子犬は必要な栄養をもれなく摂取することが重要です。ただし、過剰な食事は与えないようにする必要があります。与えすぎると不必要に体重を増やすことになってしまいます。

屋外で走っているオーストラリアン シェパードの子犬
赤いボウルから食べるチョコレート色のラブラドール レトリバーの子犬

適正な体重は健康的な習慣から始まります

子犬が幸せかつ健康的な生涯を過ごせるようにする最良の方法の1つは、最初から適切な給与量を守ることを徹底し、運動の習慣を身に付けさせることです。子犬の品種や年齢、活動レベルにかかわらず、いくつかの簡単な方法で健康的な体型を維持することができます。

子犬へ与えるフードについて考える際は、それぞれの成長段階への移行に応じて、それに合わせた適切な分量の子犬用フードを与えるようにしてください。食べ物の過剰な摂取を防ぐため、子犬がおねだりをしても、理由なく与えないようにしましょう。最後に、子犬の毎日の食事の分量を計算して、その分量内にトリーツを取り入れると、成長に応じた適正な体重と体型を維持するのに役立つでしょう。ただし、トリーツは1日の食事分量の10%を上限にする必要があります。

動物病院に定期的に連れて行くと、成長の各節目における子犬のニーズを知る機会にもなるので、そのニーズを満たしてあげる手助けができるようになるでしょう。

成長段階に応じて、獣医師に相談しましょう

子犬が成長して成犬になるにつれて、各成長段階で変化するニーズについて確認し、理解しておくことが重要です。獣医師に相談し、わからないことは質問しておくと、安心して成長段階によって異なるペットのニーズを満たすことができます。

ペットの食事を変えようとする場合や、何らかの原因によって子犬の健康に変化が起きていると思われる場合は、獣医師のアドバイスとサポートが特に重要です。

獣医師に相談することは、飼いはじめの頃から、適切で健康的なペットの食生活と運動習慣を確立するのに役立ちます。
専門家の意見を聴くことで、ペットオーナーは最初から安心して子犬と接することができるでしょう。それは、子犬が幸せで健康的に成長することに非常に役立ちます。

検査台の上に立ち獣医師に検査してもらっているチョコレート色のラブラドール レトリバーの子犬
Puppy dog lying down in grass chewing a toy.

子犬を飼うなら用意すべき物と環境

Puppy Beagle standing indoors eating from a red bowl

小型~大型まで!月齢別子犬に与えるべき餌の量

Puppy Beagle running outdoors in grass with a dog toy.

子犬を肥満にさせないための体重管理法

Puppy Saint Bernards sitting together in a field.

子犬が産まれて~1歳になるまでの成長段階

健康的な食事の分量は、思っているよりも少ないもの

ペットオーナーの多くは、愛犬が実際に必要な分量よりもたくさんの食物を必要としていると考えています。そのため、多くの犬が食物を過剰摂取しています。これは体重増加につながるだけでなく、他の健康問題を引き起こす原因にもなります。

健康的な分量とは
赤いボウルから食べるゴールデン レトリバーの成犬(白黒)

健康的な体重かどうかを知るには、体重計だけでは不十分

愛犬の体重を測ることが、太り気味であるかどうかを確認する唯一の方法ではありません。獣医師にボディ コンディション スコアの使用方法を教えてもらうことで、愛犬が適正な体重であるかどうかを確認できます。

健康的な体型とは
ゴールデン レトリバーの成犬(白黒)とボディ コンディショニング スコアのイラスト