犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
子猫

子猫にどのようなフードを与えるべきか

Kitten cat sitting indoors by an orange food bowl.
最初の数週間が過ぎたら、適切な成長を促すため、子猫に固形食を与え始めることができます。しかし、選ぶべき最善の食事は何でしょうか?

生後数週間、子猫は母親の母乳だけを飲みます。しかしその後は、重要な一年目の成長を担う、栄養的に適切な食品を子猫に与え始めることが重要です。

子猫の最初の食事には何が必要ですか?

子猫は最初の12か月で急速に成長します。その後、成長は遅くなりますが、まだ健康的な臓器、筋肉、骨格の発達を支えるために正しくバランスのとれた栄養を必要とします。

食事を正確に調合することによって、健康な発達を支えるのに不可欠な、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を正確な必要量、子猫に与えることができます。

また、子猫に特有な栄養要件を満たすのと同様に、最初の食事には未熟な消化器系と歯に適したものを選ぶべきです。猫にとっては味よりも食物の匂いや食感の方が重要なのですが、子猫は生後4か月まで乳歯を維持するため、噛みやすいように適切な大きさのキブル(粒)を選ぶことが重要です。

生後4か月まで、子猫は強い骨格と筋肉を作り上げるために急激に成長します。そのため、タンパク質などの重要な栄養素を必要とします。猫は、体内で栄養素を合成する能力が人と異なるため、必要な栄養素の多くを食事から摂る必要があります。

生後4か月から12か月の間は成長が鈍化しますが、体は成長し続けるとともに筋肉量が増加し、周囲の環境の探検を始めるため、依然として高いエネルギーを必要とします。しかし、子猫の消化器系はまだ発達中なので、カサが必要以上に多くなり消化に負担のかかる食事ではなく、エネルギー密度が高く必要な栄養素すべてを摂ることができる食品を選んでください。

Kitten cat sitting indoors next to a silver bowl.

子猫の最初の食べ物はローフードを与えるべきですか?

子猫に「ローフード」の食事、つまり家庭で他の材料と未調理の肉を混ぜたものを給与することに利点があるとも認識されていますが、あなたの子猫の健康にもたらすリスクを理解することが重要です。

まず第一に、専門家による個別の栄養計算を行わない手作りの食事は、成長に不可欠な栄養素の適切なバランスが保証されません。自家製の食事の大多数は、いくつかの重要な栄養素のうち少なくとも1つが不足している傾向にあります。さらに、生の食品は、食中毒を起こす可能性があるバクテリアやその他の有毒な要素で汚染されている可能性があります。

いつ子猫のフードを変えるべきですか?

生後4週間が過ぎると、子猫は、母猫が食べている固形フードに興味を示し始めます。この時点から、ドライ キブル(粒)を水や子猫用ミルクに浸して柔らかくしたものの匂いを子猫に嗅がせ、近寄らせ、食べさせることができます。

家に迎えた際に子猫がもう少し月齢を経ているようなら、消化不良や不要なストレスを防ぐため、元のブリーダーやオーナーが子猫にあげていたフードを与え続けるのが最善です。子猫が落ち着いたら、元のフードに新しいフードの割合を少しずつ増やしながら混ぜることで、7日間かけて他のフードに移行することができます。

子猫の最初のフードを自信をもって選べるよう、このガイドラインに従ってください。不明点があれば、獣医師に相談して詳しいアドバイスを受けましょう。

  • 急激な成長

このページをお気に入り&シェアする

子猫のためのテイラーメイドの栄養バランス

健康を維持することで子猫が生まれながらに持つ自然な抵抗力を保ち、健康的な成長および消化器系の発達をサポートする栄養バランスの製品です。

子猫用製品
Content Block With Text And Image 1
関連記事
Young cat lying down on an examination table being checked over by a vet.

猫の内部寄生虫

Young cat lying down on an examination table in a vets office.

猫伝染性腹膜炎

Adult cat lying down on owners knee while being groomed with a red brush.

子猫の普段のお手入れ

Cookie Settings