合計1万名様に子猫フードサンプルをプレゼント中!

応募はこちら

ミニチュア シュナウザーの紹介 

スタンダード シュナウザーのおもしろさ、エネルギー、そして豊かな顔の被毛を引き継ぎつつ、小さな体にエネルギーを詰め込んだような犬です。毛むくじゃらのあごひげ、派手な眉毛、そして垂れ下がった耳は、社会性、適応性、知性と並ぶミニチュア シュナウザーの主要な特徴です。ミニチュア シュナウザーは小型のため、都会でも定期的な運動をしやすく、満足して暮らすことができます。この家族向きの犬種は、オーナーがいるかぎり、ほぼどんなところでも住むことができます。  

正式名称:ミニチュア シュナウザー

別名:もともとはミニチュア ワイヤーヘアード ピンシャーとして知られていました

原産:ドイツ

横になっている2匹のミニチュア シュナウザーの子犬の白黒ポートレート
  • よだれの量 

  • 抜け毛の量 

  • エネルギー レベル 

  • 他のペットとの相性 

  • 暖かい気候への適性 

  • アパートでの生活への適正 

  • 家族向きのペット*

  • 1匹で過ごせる* 

*ペットをあまりに長時間留守番させることは避けましょう。一緒に過ごすことで、精神的なストレスや破壊的な行動をおさえることができます。   品種ごとの特性はあっても、ペットにはそれぞれ個性があります。品種の特性に関する概要については、目安として参考にしてください。   幸せで健康的な、社会のルールに順応できるペットに育てるために、ペットをトレーニングして社会化させるだけでなく、基本的な福祉面でのニーズ(および社会的かつ行動上のニーズ)を満たすことをおすすめします。   目の届かない状況で、ペットを子供と一緒に放置してはなりません。   さらにアドバイスが必要な場合は、ブリーダーまたは獣医師にご相談ください。   すべてのペットは社交的であり、ペットオーナーと一緒に過ごすことを好みます。ただし、幼い頃からペットオーナーがいない状況に対処するようにトレーニングすることができます。この場合、獣医師またはトレーナーにアドバイスを求めてください。 
ミニチュア シュナウザーのイラスト
オスメス
高さ高さ
30 - 35 cm30 - 35 cm
体重体重
4 - 8 kg4 - 8 kg
ライフステージ
成犬期
10か月~8歳
中高齢期高齢期
8歳~12歳12歳以降
成長前期成長後期
誕生~2か月2〜10か月
霜の降りた草の上に立ち、カメラをじっと見るミニチュア シュナウザー
1/7

ミニチュア シュナウザーのことを知りましょう 

この犬種について知っておくべきこと

ユニークな眉毛とふさふさしたあごひげは、若い時でも立派な老紳士の表情をミニチュア シュナウザーに与えます。あとはシルクのチョッキと懐中時計があれば完璧です。このシュナウザー ファミリー最小のメンバーは、スタンダード シュナウザーやジャイアント シュナウザーと同じく、独特の特徴と濃くて針金のような被毛を持っています。しかし、ミニチュア シュナウザーは扱いやすいサイズで、警戒心の強い性格であり、訓練すれば他の動物や子供たちと仲良くなれる高い適応性や能力を持つため、より人気が高く、家族の人気者になるでしょう。  

このずんぐりした小さな犬は、19世紀後半にスタンダードシュナウザーと他のより小さな品種とを交配して生まれました。ミニチュア シュナウザーは利口で元気があり、社交的なため、優れた番犬になります。吠えることは番犬として適しています。  

ミニチュア シュナウザーは定期的に運動させるために連れ出す必要があります。もともと遊び好きで粘り強さを持っているため、ゲームをしたり、トリックを学んだりすることを楽しみます。  

この犬は豊かな被毛を持ち シュナウザーの被毛を良好な状態に保つためには、基本的なブラッシングだけでなく、プロのトリマーに定期的に連れていくことも必要です。  

野原にいるミニチュア シュナウザーの側面図
2/7

ミニチュア シュナウザーにまつわる2つの事実  

1. 狩猟本能  

ミニチュア シュナウザーはもともと、ネズミや他の害虫を捕まえるための犬として飼育されていました。小動物がいる場合は、(特にその小動物のために)リードにつなぐことをお勧めします。  

2. 人気コンテスト  

実は、ミニチュア シュナウザーはシュナウザー ファミリーの中で最も人気の品種です。おそらく、その理由はカラフルな被毛や扱いやすいサイズではないでしょうか。ミニチュア シュナウザーは、アメリカン ケネル クラブの最新のランキングによると、シュナウザーの中の3つの品種のうちでも圧倒的な人気を誇っているようです。  

ミニチュア シュナウザーのポートレート(白黒)
3/7

この品種の歴史 

ミニチュア シュナウザーは、祖先であるスタンダード シュナウザーと同じように、長毛の上ひげとあごひげの生えた四角い顎を持ちます。あごひげのある鼻づらはシュナウザー ファミリー全体の代名詞です。というのも、シュナウザーという名前は、「鼻づら」を意味するドイツ語の「Schnauze」から来ているのです。スタンダード シュナウザーは、少なくとも14世紀までさかのぼったドイツで生まれました。農場犬として、ネズミやその他の害虫を捕まえるために開発され、当初はワイヤーヘアード ピンシャーとして知られていました。  

ミニチュア シュナウザーは、プードルや、アッフェンピンシャー、ミニチュア ピンシャー、さらにはフォックステリアやスコティッシュ テリアなどを交配することによって生まれました。ただ、どれとどれを交配させてどのように開発したか、またその理由についてはもう誰にも分かりません。このように、この犬の正確な起源は明らかではありませんが、ミニチュア シュナウザー品種について私たちが知っていることは、1888年にドイツで最初に正式に記録され、1899年にドッグショーでミニチュア シュナウザー品種として初めて紹介されました。そしてその後、現代のような家族の人気者に進化してきたのです。  

4/7

頭から尻尾まで 

ミニチュア シュナウザーの身体的特徴 

1
2
3
4
5

1.

高い位置にありV字型で前方に垂れる耳。  

2.

ふさふさしたあごひげと濃い色の目の周りに眉毛  

3.

白色、黒色、黒と銀の混合、または白と黒の混合の被毛。  

4.被毛

二層の被毛:針金のようなトップコートと柔らかいアンダーコート。  

5.尻尾

元気よく振られていることが多いサーベル形の尾  
草原を歩いている黒のミニチュア シュナウザー
5/7

注意すべきこと  

この品種の特性から健康に関する一般的な概要まで、ミニチュア シュナウザーに関するいくつかの注意が必要なポイントをご紹介します。    

健康を保つ 

一般的に頑強な犬であることが知られているとしても、ミニチュア シュナウザーにも、特定の目の病気など(とてもまれではありますが、先天性白内障など)のかかりやすい病気があります。獣医師による定期健康診断を受けることにより、 ミニチュア シュナウザーの健康を維持でき、健康上の問題があればすぐに見つけて、治療することができます。  

体重計にのせる  

ミニチュア シュナウザーは、太り気味になりやすい傾向があり、特に避妊去勢手術を受けた場合はその傾向が強くなります。そのため、他の小型犬と同様に体重を定期的にチェックする必要があります。この品種に推奨される毎日の給与量に従うと、その元気でエネルギーにあふれた気質を維持するのに役立ちます。ミニチュア シュナウザーはアパートでの生活も苦にしませんが、運動を多くすることは必要です。ウォーキングやランニング、遊びなどをうまく組み合わせて運動させると、身体的エネルギーを燃焼させると同時に、精神的にもよい刺激を与えられます。  

健康的な食事で、より健康的に  

ミニチュア シュナウザーのフードを選ぶ際に考慮すべき多くの要因があります。 それには、犬の年齢、ライフスタイル、活動レベル、生理的な状態、健康状態などが含まれます。フードは犬の生命維持に必要なエネルギーを提供します。総合栄養食は、栄養素の不足や過剰を避けるために、栄養素のバランスが調整されています。 また、ミニチュア シュナウザーの健康的な排尿をサポートするために、清潔で新鮮な水をいつでも飲めるようにしておく必要があります。暑い時期、特に運動をする場合は、犬が頻繁に水を飲むことができるよう水を持参してください。 以下の推奨事項は、健康的な動物に対するものです。犬に健康上の問題がある場合は、獣医師に相談し、必要に応じて専用の食事療法食を処方してもらいましょう。 

ミニチュア シュナウザーの子犬が必要とするエネルギー、タンパク質、ミネラル、ビタミンの量は、成犬よりもはるかに多くなります。子犬は成長し、体を大きくするためにもエネルギーと栄養素が必要なためです。生後10ヵ月頃まで、ミニチュア シュナウザーの子犬の免疫システムは徐々に発達していきます。この大きな変化、発見、新しい出会いのある時期に、ビタミンEなどの抗酸化物質の組み合わせが、健康を維持することで本来の自然免疫力の発達のサポートに役立ちます。消化機能もミニチュア シュナウザーの子犬と成犬では異なります。子犬の胃腸系はまだ十分に成長していないため、 効率的に消化・吸収される消化性の高いタンパク質を与えることが重要です。フラクトオリゴ糖などのプレバイオティクスは、腸内環境のバランスを整えることによって胃腸の健康をサポートし、健康な便の排泄に役立ちます。 

同様に、子犬の歯(乳歯次に永久歯)は、キブル(ドライフードの粒)のサイズ、形状、食感を選ぶ際に考慮しなければならない重要な要素です。皮膚の健康を維持するためには、オメガ3脂肪酸(EPA/DHA)ビタミンA、ルリチシャ油などの重要な栄養素が必要です。この短い成長期は、エネルギーの要求量が高いことも意味します。そのため、フードは高カロリーなものでなければなりません。また、その他のすべての栄養素の量も、成長期用のフードでは通常よりも高くなります。生後6ヵ月までは1日の給与量を3回に分けて与え、その後は1日2回に変更することをお勧めします。 

ミニチュア シュナウザーの成犬の主な栄養目標は、次のとおりです。 

消化性の高い成分を使用し、 脂肪分を適切な量に保つことによって理想的な体重を維持します。 

必須脂肪酸(特にEPA/DHA)、必須アミノ酸、 ビタミンB群を豊富に配合することで、皮膚や被毛の健康や美しさを保ちます。 

小型犬は成犬期になると、口腔および歯の障害が起きやすくなります(より正確には歯垢や歯石が蓄積しやすくなります)。ミニチュア シュナウザーの歯と顎にはさまざまな保護が必要です。キブル(ドライフードの粒)形状で歯石の形成を抑え、日々口腔を清潔に保つのに役立ちます。 

小型犬の食欲を、独自の製法とフレーバー、そして特別な食感のキブル(ドライフードの粒)サイズで刺激します。 

小型犬は尿路結石ができやすいので、泌尿器系の健康をサポートするフードをおすすめします。 

主に室内飼育のミニチュア シュナウザーには、消化の良いタンパク質、適切な繊維質、非常に質の高い炭水化物源を与えることで、糞便の匂いと量を減らすことができます。 

インドアのライフスタイルでは運動量が減る傾向にあるので、減ったエネルギー需要に見合ったカロリー人間の食べ物や脂肪分の多いスナックを与えないようにすることが重要です。代わりに、給与量の範囲内でキブル(ドライフードの粒)をご褒美として与え、過度の体重増加を防ぐために、パッケージに記載された給与表を目安に、適正体重を維持できる量のフードを与えるようにしましょう。   

8歳を過ぎると、ミニチュア シュナウザーは老化の最初の徴候に直面し始めます。抗酸化物質を豊富に含んだフードは犬の健康な活力を維持するのに役立ち、リン含有量が調整されたフードは腎臓の健康維持をサポートします。高齢化に伴い消化能力や特定の栄養ニーズにも変化が現れるため、高齢のミニチュア シュナウザーのフードには次のような配慮がなされている必要があります。 

高めのビタミンC・ビタミンE含有量。これらの栄養素には抗酸化作用があるため、 高齢化に関連した酸化ストレスの悪影響から体内の細胞を守るのに役立ちます。 

高品質のタンパク質。広く言い伝えられていることとは裏腹に、フードのタンパク質含有量を下げることは腎不全を抑えるうえでほとんど役に立ちません。また、高齢の犬はフードに含まれるタンパク質を若い犬のように効率的に消化・吸収することができません。リン含有量を減らすことは、高齢期の腎臓の健康維持に役立ちます。 

皮膚と被毛の良好な状態を維持するために、微量元素である鉄、亜鉛、マンガンの割合を高めます。 

多価不飽和脂肪酸の量を多めにすると、健康な被毛の質を維持するのに役立ちます。通常、犬はこれらの脂肪酸を合成できますが、 老化によってこの生理学的なプロセスが影響を受ける可能性があります。 

高齢になるにつれて、犬は歯の問題を抱えることが増えます。十分な量を確実に食べ続けられるよう、 顎に合った形や大きさ、硬さのキブル(ドライフードの粒)を選ぶ必要が あります。 

葉の中をくぐり抜け走るミニチュア シュナウザー(宙に浮いている)
6/7

ミニチュア シュナウザーのケア 

運動、グルーミング、トレーニングのヒント   

数日おきにブラッシングし、プロのトリマーに1~2ヵ月に1回連れて行くと、ミニチュア シュナウザーの厚いダブルコート(針金のようなトップコートと柔らかいアンダーコート)を良好な状態に保つことができます。犬自身が好むかどうかは分かりませんが、月に1回入浴させたり、定期的に爪のトリミングを行うことは良いことです。ミニチュア シュナウザーは人のそばにいることが大好きで、かなりの量の運動が必要です。また、リードを付けた定期的な散歩、室内で走り回ること、精神的刺激のための活気のあるゲームなど、さまざまなことに興味を持ちます。 ミニチュア シュナウザーは簡単にトレーニングすることができます。退屈しないように、トレーニングを楽しくて面白いものにする必要があります。子犬時代にトレーニング クラスに参加することで、社会化のメリットも得られます。  

7/7

ミニチュア シュナウザーのすべて  

出典
  1. Veterinary Centers of America https://vcahospitals.com/
  2. ロイヤルカナン犬の百科事典。2010年版、2020年版
  3. Banfield Pet Hospital https://www.banfield.com/
  4. ロイヤルカナンBHN製品ブック
  5. American Kennel Club https://www.akc.org/

このページを「いいね」および「シェア」する