獣医師監修のニュースレターをお届け。

登録する

パグのご紹介 

トイ グループの人気ブリードであるパグは、樽のような体系の楽しい犬です。そのユニークな外見から、ショーではいつでもスターになる存在で、性格は甘えん坊で遊び好きです。また、被毛の手入れが簡単で、運動量も少なく、あまり吠えないブリードでもあります。パグは、「Multum in Parvo」というラテン語の代名詞を持っており、その意味するところは「小さくても中身は豊か」です。

正式名称:パグ

別名:パグ犬、チャイニーズ パグ

原産:中国

カメラのほうを向いて立っているパグ(白黒)
  • よだれの量 

  • トリミングの必要性 

  • 抜け毛の量 

  • 吠える 

  • エネルギー レベル 

  • 他のペットとの相性 

  • 暖かい気候への適性 

  • 寒い気候への適性 

  • アパートでの生活への適正 

  • 1匹で過ごせる* 

  • 家族向きのペット*

* ペットをあまりに長時間留守番させることは避けましょう。一緒に過ごすことで、精神的なストレスや破壊的な行動をおさえることができます。   品種ごとの特性はあっても、ペットにはそれぞれ個性があります。品種の特性に関する概要については、目安として参考にしてください。   幸せで健康的な、社会のルールに順応できるペットに育てるために、ペットをトレーニングして社会化させるだけでなく、基本的な福祉面でのニーズ(および社会的かつ行動上のニーズ)を満たすことをおすすめします。   目の届かない状況で、ペットを子供と一緒に放置してはなりません。   さらにアドバイスが必要な場合は、ブリーダーまたは獣医師にご相談ください。   すべてのペットは社交的であり、ペットオーナーと一緒に過ごすことを好みます。ただし、幼い頃からペットオーナーがいない状況に対処するようにトレーニングすることができます。この場合、獣医師またはトレーナーにアドバイスを求めてください。
ベージュとブラックのパグのイラスト
オスメス
高さ高さ
25.5 - 33 cm25.5 - 33 cm
体重体重
6.3 - 8.1 kg6.3 - 8.1 kg
ライフステージ
成犬期
10か月~8歳
中高齢期高齢期
8歳~12歳12歳~20歳
成長前期成長後期
誕生~2か月2〜10か月
カメラのほうを向いて岩の上に立っている2匹のパグ
1/7

パグについて

この犬種について知っておくべきこと

キュートで風変わりで個性的なパグは、まるで本物の「ベビーヨーダ」のように見えます。特に子供がいる家庭での需要が高く、その落ち着いたおとなしい性格で知られています。しつけさえすれば、子供や他のペットともうまく付き合うことができます。パグは遊び好きな一面を持っている、とても賢い小型犬です。

また、手入れがかなり楽なブリードであることも利点です。短くて滑らかな被毛は手入れがしやすく、必要な運動量はそれほど多くありません 

パグは、2,000年前から愛犬家に愛されている犬種で、もともと鼻ぺちゃの犬が流行っていた中国で飼育されていました。16世紀にヨーロッパに持ち込まれ、それ以来、世界中で人気のあるペット犬となっています。 

トイ グループに属するパグは、このグループの品種としては唯一マスティフが祖先であると考えられているユニークな犬です。特筆すべきは、両犬種は共通の同じシワシワの特徴を持っています。 

短くてもしっかりしたパグの被毛は柔らかく滑らかで、シルバーやアプリコット、フォーンやブラックなどさまざまな色があります。また、表情豊かな顔立ちをしているのも特徴です。樽型のボディと、カールした尻尾が特徴的なシルエットを完成させます。 

覚えておくべきことの1つは、地面を這うような高さでカウチポテトのような体型をしているため、パグは太りやすいということです。しかし、心配する必要はありません。適切な食事と十分な運動をしていれば、パグの良い健康状態を維持するのは難しいことではありません。また、平均寿命は12~15歳と言われており、パグはかなり長寿命です。 

映画やテレビで人気のあるパグは、スクリーンによく登場します。特に有名なのは、「メン・イン・ブラック」シリーズで、架空のおしゃべりパグ、フランクが登場します。また、テレビシリーズの「スピン シティ」では、カーターのペットであるラグズが頻繁に登場しショーを盛り上げます。また、ベスと呼ばれるパグも「ウェスト ウィング」に登場します。スターが勢ぞろいです。 

草の上に立っているブラックのパグ
2/7

パグにまつわる2つの事実 

1. くしゃみにご注意 

パグが興奮しすぎると「逆くしゃみ」が起こり、あえいだり鼻息が荒くなったりする傾向があります。ただし、通常はパグに悪影響を及ぼすことはありません。喉をマッサージしたり、言葉でなだめて落ち着かせると、逆くしゃみの症状をより短時間に治めることができます。 

2. フランスとのつながり 

ナポレオンの妻ジョゼフィーヌ ボナパルトはパグが大好きで、「フォーチュン」という名の愛犬を飼っていました。パリに幽閉されていたときは、手紙を愛犬の首輪の裏に隠してこっそりと持ち出していました。パグの歴史に関するその他の事実については以下をご覧ください。 

カメラのほうを向いて座っているパグ(白黒)
3/7

この品種の歴史 

パグは最も古い犬種の1つで、その歴史は少なくとも2,000年以上、もしかしたらもっと古いかもしれません。北京にあった皇帝の宮殿が1860年に襲撃されたことにより、パグの個体数はイギリスでさらに増えました。イギリス人が母国に帰るときに、北京にいた犬を何匹か連れて行ったのです。その後、この犬種はアメリカでも有名になり、パグは1885年にアメリカン ケネル クラブに公認されました。最近では、この犬種の人気が高まり続けており、パグは現在、トイ種の中で最も人気のある犬種のひとつとなっています。

4/7

頭から尻尾まで 

パグの身体的特徴

1
2
3
4
5

1.頭部

短く丸みを帯びている鼻口部。団子鼻と繊細な口。

2.

短く丸みを帯びている鼻口部。団子鼻と繊細な口。

3.体 

広い胸とまっすぐなトップラインが特徴の体高が低い樽のような体。

4.被毛

柔らかく滑らかな被毛。色はシルバー、アプリコット、フォーン(小鹿色)、ブラック。

5.尻尾

高い位置にあり、臀部の上で小さくカールしている尻尾。
草の上に座っているカメラ目線のパグの子犬
5/7

注意すべきこと 

この品種の特性から健康に関する一般的な概要まで、パグに関するいくつかの注意が必要なポイントをご紹介します。

呼吸器系の問題が起こりやすい傾向があります 

パグはいわゆる「短頭種」と呼ばれる犬種で、頭、鼻口部、喉の形が特殊なため呼吸困難になりやすい傾向があります。この他にも、フレンチ ブルドッグやイングリッシュ ブルドッグ、ペキニーズ、ボストン テリアなどにこの傾向が見られます。パグの気道は特に短いで 

目のトラブルにご注意 

大きな丸い目は、パグの最も愛されている特徴のひとつです。ただし、潜在的な問題がいくつかあります。これらの中には、白内障、角膜潰瘍、まぶたやまつげの病気、および短頭種の犬によく見られる色素性角膜症と呼ばれる症状があります。早期に発見することでより深刻な問題を回避できることが多いので、定期的に目に異常がないかチェックすることをおすすめします。動物病院で、または獣医師による定期的な目の検査を 

繁殖は専門家に任せるのが安心です 

パグに起こり得るあまり知られていない問題の1つが、「ディストシア(難産)」と呼ばれる問題で(メスのみです)。出産が本質的に困難なため、子犬を安全に出産するためには、帝王切開が必要になることがしばしばあります。危険な状態になりかねませんので、パグには避妊手術を強くお勧めします。繁殖については、母犬と子犬の両方の安全を守れる方法を知っている専門家に任せるのが最善です。信頼できるブリーダーは、さまざまな遺伝的な症状をスクリーニングし、その特徴が誇張されすぎないように選択的に繁殖することができます。 

健康的な食事で、より健康的に

パグのフードを選ぶ際に、考慮すべき要素はたくさんあります。それには、犬の年齢、ライフスタイル、活動レベル、生理的な状態、健康状態などが含まれます。 フードは犬の生命維持に必要なエネルギーを提供します。総合栄養食は、栄養素の不足や過剰を避けるために、栄養素のバランスが調整されています。 健康的な排尿をサポートするために、清潔で新鮮な水をいつでも飲めるようにしておく必要があります。暑い時期、特に運動をする場合は、犬が頻繁に水を飲むことができるよう水を持参してください。 以下の推奨事項は、健康的な動物に対するものです。犬に健康上の問題がある場合は、獣医師に相談し、専用の食事療法食を処方してもらってください。

パグの子犬が必要とするエネルギー、タンパク質、ミネラル、ビタミンの量は、成犬よりもはるかに多くなります。子犬は自分の体を維持するだけでなく、成長し、体を構築するためにもエネルギーと栄養素が必要なためです。生後15ヵ月頃まで、パグの子犬の免疫システムは徐々に発達していきます。この大きな変化、発見、新しい出会いのある時期に、ビタミンEなどの抗酸化物質の複合体が、健康を維持することで本来の自然免疫力の発達化性の高いタンパク質を与えることが重要です。フラクトオリゴ糖(FOS)などのプレバイオティクスは、腸内環境を整えることによって胃腸の健康をサポートし、健康な便の排泄に役立ちます。

パグが短頭種であることは、くわえやすく、咀嚼を促すようなサイズ、形状、質感のを選択する際に考慮に入れるべき重要な要素です。この短い成長期は、多くのエネルギーを必要とする時期でもあります。フードは高カロリーなものでなければなりません。 また、その他のすべての栄養素の通常よりも高くなります。生後6ヵ月までは1日の給与量を3回に分けて与え、その後は1日2回に変更することをお勧めします。

生涯を通じて、パグには人間の食べ物や脂肪分の多いスナックを与えないようにすることが重要です。代わりに、1日の給与量の範囲内でキブル(ドライフードの粒)をご褒美として与え、過度の体重増加を防ぐために、パッケージに記載された給与表を目安に、適正体重を維持できる量のフードを与えるようにしましょう。

パグの成犬の主な栄養目標は、次のとおりです。

必須脂肪酸(特にEPA/DHA)、必須アミノ酸、ビタミンB群が豊富に含まれており健康維持により皮膚のバリア機能維持をサポートします。

調整されたタンパク質含有量と抗酸化物質で 健康な筋力を維持します。

消化性の高い成分を使用し、脂肪分を適切な量に保つことによって理想的な体重を維持します。

小型犬は成犬期になると、口腔および歯の障害が起きやすくなります(より正確には歯垢や歯石が蓄積しやすくなります)。パグの歯と顎には多くの保護が必要です。噛みやすく、適切な形状のキブルであれば、歯石の形成を抑え、日々口腔を清潔に保つのに役立ちます。キブル(ドライフードの粒)の形状とサイズは、短頭種の犬が口に運びやすいものにする必要があります。また、その質感は、飲み込む前に噛むことを促すものがよいでしょう。

小型犬は好き嫌いが激しいことで知られています。独自の製法とフレーバー、そして特別な食感のキブル(ドライフードの粒)で食欲を刺激します。

また、小型犬は尿路結石ができやすいので、泌尿器系の健康をサポートするフードをおすすめします。

主に室内飼育のパグには、消化の良いタンパク質、適切な繊維質、非常に質の高い炭水化物源を与えることで、糞便の匂いと量を減らすことができます。

インドアのライフスタイルでは運動量が減る傾向にあるので、減ったエネルギー需要に見合ったカロリーは、理想的な体重を維持するのに役立ちます。室内のライフスタイルのほかに、避妊・去勢手術も犬が太りやすくなる原因の一つです。

8歳を過ぎると、パグは老化の最初の徴候に直面し始めます。抗酸化物質を豊富に含んだフードは犬の健康な活力を維持するのに役立ち、リン含有量が調整されたフードは腎臓の健康維持をサポートします。高齢化に伴い消化能力や特定の栄養ニーズにも変化が現れるため、高齢のパグのフードには次のような配慮がなされている必要があります。

高めのビタミンC・ビタミンE含有量。これらの栄養素には抗酸化作用があるため、高齢期の健康維持に役立ちます。

高品質のタンパク質。広く言い伝えられていることとは裏腹に、フードのタンパク質含有量を下げることは腎不全を抑えるうえでほとんど役に立ちません。また、高齢の犬はフードに含まれるタンパク質を若い犬のように効率的に消化・吸収することができません。リン含有量を減らすことは、高齢期の腎臓の健康維持に役立ちます。

皮膚と被毛の良好な状態を維持するために、微量元素である鉄、亜鉛、マンガンの割合を増やしたフードも良いでしょう。

被毛の質を維持するために、 多価不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸)を多めに配合しています。通常、犬はこれらの脂肪酸を合成できますが、老化によって この生理学的なプロセスが影響を受ける可能性があります。

高齢になるにつれて、 犬は歯の問題を抱えることが増えます。愛犬が十分な量を確実に食べ続けられるよう、 顎に合った形や大きさ、食感のキブル(ドライフードの粒)を選ぶ 必要があります。

カメラのほうを向いて岩の上に立っているパグ
6/7

パグのケア

運動、グルーミング、トレーニングのヒント

この品種はペットオーナーとソファでくつろぐのが何よりも好きで、食べることも大好きです。このため、パグは毎日運動することが大切です。散歩やドッグ パークで1時間も過ごせばよいでしょう。パグは庭でゲームをして遊ぶことも好きです。 

1つ覚えておかなければならないのは、パグは走ると過呼吸になることがあるため、走ることは苦手です。また、暑い気候も苦手なため、気温が高い季節は真昼の太陽を避けて早朝または夕方にでかけるのが最善です。パグは一般的に泳げませんので、水も避けるべきです。 

パグを飼うことの利点の一つは、最小限のトリミングしか必要ないことです。短い滑らかな被毛のケアは、まったくと言っていいほど手がかかりません。中型の毛ブラシまたはトリミング ミトンで週1回優しくブラッシングするだけです。パグは泥の中を転がり回った後でもない限り、入浴すら必要ありません。ここで注意を一言:パグは毛の生え変わる時期になるとかなり毛が抜けます。この時期には通常よりも頻繁にブラッシングして、抜けた毛を取り除きましょう。爪は定期的にトリミングして短くしておき、耳と目は異常ないかチェックする必要があります。最後に、定期的歯科検診と同様に、頻繁に歯磨きすることが重要です。 

パグが完璧なコンパニオン ドッグであるというのは本当ですが、この愛玩犬は時に少し頑固になることがあります(特にトイレ トレーニングのとき)。したがって、パグは子犬のトレーニング クラスで早期に学習するとよいでしょう。パグは利口な犬種ですので、コツをつかんだらすぐに学びます。トレーニング クラスに参加することは、早期に社会化にも効果があります。パグはかなり神経質なところがあり、励まされたり褒められると元気になりますので、ご褒美をもらえるトレーニングと同じことの繰り返しが最適です。パグはそのあとで服従訓練などに参加すればうまくいきます。 

7/7

パグのすべて 

いいえ。いろいろある犬種の選択肢の中で、パグはおそらく最も手入れが簡単な犬種に入ります。のんびりした性格と同じように、パグの短毛は手入れがとても簡単です。また、パグは小型でエネルギーにあふれているタイプではないため、運動は適度な量で大丈夫です。 

はい。パグは遊び好きで愛情深いので、家庭で飼うには最適です。他の犬種と同様にトレーニングは必須です。できれば子供もトレーニングに参加するとよいでしょう。 

出典
  1. Veterinary Centers of America https://vcahospitals.com/
  2. ロイヤルカナン犬の百科事典。2010年版、2020年版
  3. Banfield Pet Hospital https://www.banfield.com/
  4. ロイヤルカナンBHN製品ブック
  5. American Kennel Club https://www.akc.org/

このページを「いいね」および「シェア」する