犬と猫が真の健康を維持するのをサポートします。
Black and golden Labrador Retriever puppies lying down together in black and white on a white background

誕生から成犬になるまでの子犬の発育と成長過程 

子犬が成犬になるまでに驚くべき変化を遂げることをペットオーナーが理解することで、子犬が発育の各成長段階で確実に必要な栄養を摂取できるようにしましょう。

誕生

子犬は出生後すぐに母乳を摂取する必要があります。母親はこの最初の数時間および数日間で、健康的な発育をサポートする重要な抗体と栄養素を子犬に与えます。

誕生

行動

誕生時、子犬の目は閉じており、ものを見ることはできません。それでも子犬は、嗅覚と触覚を使って、母犬や兄弟の温もりや、手助け、栄養を求めて移動します。子犬は、この初期段階においてほとんどの時間を睡眠に費やします。

Newborn Jack Russell Terrier puppies sleeping next to each other

誕生

発達

子犬の出生時の体重は、成犬予想体重の約1〜5%であることが多いです。母親から提供される栄養のおかげで、子犬の体重はどんどん増えていきます。最初の数日間で子犬の体重がどれだけ増えるかは、犬種サイズで決まります。子犬は通常、その犬種の成犬時の体重1キログラムごとに1日あたり2〜4g増加します。

Newborn puppy being held by breeder

誕生

環境

生まれたばかりの子犬は、体温調節機能が完全には発達していないため、最初の数時間は適切な環境に置くことが重要です。産室は29.5〜32°Cに保つ必要があります。この後、温度は7〜10日かけて約26.7°Cまで徐々に低くしても構いません。産室は、隙間風が入ったり逆に空気がこもったりする場所ではなく、適度に風通しが良い場所に設置してください。

誕生

健康

子犬の誕生時に大切なことは、呼吸、体温の確保、食事を自発的に行い、子犬の身体にとって大切な時期を健康に乗り越えることです  。これをサポートするために、産室を適切に準備することが重要です。水を張ったボウルや加湿器を使用して、湿度を65~70%に保つことで適切な呼吸を促します。そして、保温電球や赤外線電球で温めます。

出生後まもなく、ブリーダーが子犬の体重を量って子犬の状態を把握し、予想出生体重より小さかった子犬をチェックします。出生体重と最初の48時間の成長スピードは、ブリーダーが子犬の状態と哺乳期の死亡リスクを把握するための重要な指標になります。

 

Newborn puppy being held by breeder

誕生

栄養

子犬は生まれた後、できるだけ早く初乳を飲むことが重要です。単なる母乳というだけではなく、出産後すぐの母乳(初乳)を摂取させるようにしましょう。初乳には、子犬の免疫システムを増強する物質が含まれています。

哺乳期

哺乳期は誕生から約3週間です。この時期は、外から見れば1日の生活のほとんどが睡眠と何種類かの反射行動によって占められていることが見てわかるでしょう。

0~3週齢

行動

子犬の成長の第一段階であるこの時期の多くは、母乳摂取と睡眠に費やされます。これは健康的な発達に不可欠ですので、兄弟犬や母犬を不安にさせないよう配慮する必要があります。

Newborn puppy being held by breeder

0~3週齢

発達

子犬の目は生後10~14日で開き始め、3週目の終わり頃に耳が徐々に機能し始めます。視覚も聴覚も最初のうちは弱いですが、成長と共に向上してきます。

Newborn Jack Russell Terrier puppies sleeping together on a soft blanket

0~3週齢

環境

この時期の子犬は、子育て用のサークルや母犬のそばでずっと過ごします。人から定期的に優しく接してもらえると、その後の生活で直面するストレスや人との関わりに対して、より効果的に対処できるようになります。

0~3週齢

健康

責任感があるブリーダーは、生まれて初期のうちに必ず子犬を獣医に連れていきます。獣医師は、先天性障害の有無と一般的な健康状態をチェックします。この期間の終わり頃には、寄生虫の駆除の治療を始めることをおすすめします。

0~3週齢

栄養

出生後の子犬は、自ら合成する必要のある重要なタンパク質を母犬の母乳からもらいます。成長と共に母犬の食事に興味を示すようになります。固形物を食べ始めると離乳プロセスが始まります。

A litter of puppies feeding from their mother

離乳期

離乳は、親離れを始める時期を意味し、子犬にとって重要な時期であると言えます。この段階では、与えるフードを子犬の消化機能の発達に合わせる必要があります。

4~8週齢

行動

よちよち歩きの段階を過ぎると、子犬は兄弟とケンカして遊ぶようになります。社会的交流が始まるにつれて、うなり声やしっぽを振る練習をするようになります。

Young Jack Russell Terrier puppies sitting together on a blanket

4~8週齢

発達

この時期になると目と耳がある程度機能し始め、光や音に反応するようになります。

Young Beagle puppy lying down on a blanket

4~8週齢

環境

子犬の精神的および肉体的発達は、複雑なプロセスを経て培われます。ブリーダーは子犬の発達段階が進むにつれて、人とのふれあいを増やすと同時に、おもちゃや騒音、その他刺激となることを子犬に体験させるようにします。

Young Jack Russell Terrier puppy playing on a cream rug

4~8週齢

健康

子犬は母犬の助けを借りずに、排泄ができるようになっているはずです。この時期の終わりまでにできるようになっていない場合は、獣医師からアドバイスを受けましょう。

4~8週齢

栄養

離乳期になっても、母犬が子犬の栄養ニーズをすべて満たします。栄養の大部分を母乳から摂取しますが、このくらいの時期に子犬は母犬の食べ物に興味を持ち始めます。この時期の子犬のほとんどがボウルから水を飲めるようになります。

成長期

この時期の子犬は他の動物や人と生活することを学び始めます。この段階で学んだ行動は、子犬のその後の生活に大きな影響を与えます。

8週齢以上

行動

自分の周りの世界との関係を認識していく時期です。 この年齢の子犬は学ぶための生まれつきの能力を備えています。犬がこの期間に学んだことをしっかりと定着させることが重要です。またトレーニングと、より広範囲での社会化を続けていくことも大切です。これは子犬が落ち着いて適切な行動をできる 成犬に成長することに役立ちます。

Border Collie puppies walking together outdoors in a garden

8週齢以上

発達

犬種の大きさによりますが子犬の身長および筋肉の成長は、大部分が生後6〜9か月の間に起こります。乳歯は永久歯に生え変わり、子犬の被毛が成犬の被毛に代わります。生後6〜12か月の間にオスの子犬は排泄の際に足を上げ始め、 メスの子犬は最初の発情期を迎えるでしょう。

Golden Retriever puppies running outdoors in a garden

8週齢以上

環境

食事と睡眠は子犬用に決められた場所でとるようにし、おもちゃも子犬用に用意したもので遊ばせてあげましょう。これにより、子犬は家の中での基本的なルールを学びます。屋外のさまざまな環境に出掛けて新たな体験をすることで向学心が刺激され、自信をもつようになり、子犬とペットオーナーとの間に強い絆が生まれます。

Miniature Poodle puppy lying down on a rug playing with a ball

8週齢以上

健康

この時期は、子犬の成長段階に合わせた活動や運動のスケジュールを組み始めるのに適しています。この時期に良い習慣を身につけることが、あなたの子犬の発達を助け、健康的な将来の足掛かりを築くことに役立つでしょう。ワクチン接種スケジュールや、子犬に避妊・去勢手術を受けさせるかどうかについて、獣医師に相談してください。

8週齢以上

栄養

この時期は子犬の肉体的発達における重要な段階です。この発達段階の栄養ニーズを満たすように作られた食事を与えることが重要です。詳細については、ロイヤルカナンの子犬の栄養ガイドを参照するか、子犬用の製品のページをご覧ください。

成熟期を迎える

犬は動物学的にすべて同じ種に属していますが、身体の大きさや重さ、必要な栄養素に関しては、犬種によって全く異なると言えるでしょう。これらの違いは、子犬の成長期中に顕在化します。5つの犬種サイズはすべて、異なる年齢で成犬になります。

12~24ヵ月齢

発達

子犬の成長過程は犬種の大きさによって異なります。超小型犬は8ヵ月齢で成犬となりますが、超大型犬は2歳になるまで成長期が続きます。

大型犬と超大型犬の子犬は生後8〜9か月までに急速に骨格が成長し、その後は成犬の体重(大型品種では出生体重の約70倍、超大型品種では出生体重の約100倍)に達するまで筋肉の発達が中心になります。

 

Golden Retriever puppy standing under a tree in snow

12~24ヵ月齢

栄養

成犬期に移行するにつれて子犬の栄養ニーズは変化します。この時期になったら、犬の大きさ、犬種、ライフスタイルに合った栄養バランスの成犬用フードに徐々に移行していきます。

Dalmatian puppy lying down on a soft blanket

子犬のためのテイラーメイドの栄養バランス

ロイヤルカナンの子犬用製品は、生後1年目の子犬の健康にとって重要な栄養素すべてを供給し、その成長と発達をサポートします。

PGSCB1

愛犬にぴったりのフードを見つける

ロイヤルカナンの成犬用フードは、犬のサイズ、犬種、年齢、ライフスタイルによって異なる栄養要求を満たす、テイラーメイドの栄養バランスを考慮して作られています。

PGSCB2